【2018年】10万円の価格帯でおすすめのゲーミングPC(BTO)を比較!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

ゲーミングPCを購入するならBTO(受注生産)メーカーで購入するのがおすすめですが、どのメーカーで買えばいいか迷いますよね。

 

「10万円の価格帯のゲーミングPCなら、どのBTOメーカーがおすすめなの?」

 

という人もいると思うんです。

そこでこの記事では、10万円の価格帯でおすすめのゲーミングPCを比較します。

 



10万円の価格帯のゲーミングPCでおすすめのPCパーツは?

 低価格帯中価格帯高価格帯
CPUCore i5-8400 or Core i5-8500Core i7-8700Core i7-8700
メモリ8GB16GB16GB
GPUGTX1060 3GBGTX1060 3GBGTX1070Ti or GTX1080
ストレージSSD搭載SSD搭載SSD搭載

10万円台で低価格帯のゲーミングPCなら、CPU「Intel Core i5」、メモリ「8GB」、GPU「GTX1060 3GB」、ストレージ「SSD搭載」がおすすめです。

今回はマウスコンピューター、ドスパラ、ツクモにある上記構成のゲーミングPCで比較します。

 

10万円の価格帯のゲーミングPCを比較

 マウスコンピュータードスパラツクモ
PC名NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CGALLERIA DJG-GEAR GA5J-C180/T
カスタマイズ-ストレージにSSD 240GB追加ストレージにSSD 240GB追加
価格帯約11万円約11万円約11万円
CPUCore i5-8500Core i5-8500Core i5-8400
メモリ8GB8GB8GB
GPUGTX1060 3GBGTX1060 3GBGTX1060 3GB
ストレージSSD 240GB + HDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TB
光学ドライブ-DVDスーパーマルチドライブDVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー-SDカードリーダー[SD / Micro SD(SDXC対応)]-
電源500W450W500W
PCケースの良さ
付属品-マウス&キーボード-
特徴エアフロー効率や利便性が高いPCケースで、カスタマイズ不要の初期構成光学ドライブ、カードリーダー、マウス&キーボードが標準搭載ASUS製のマザーボードを搭載、カスタマイズでCPUに「i5-8500」や「i5-8600」も選択可

比較した場合、PCケースの質やカスタマイズ不要がよければマウスコンピューターの「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」がおすすめです。

また、光学ドライブやカードリーダ、マウス&キーボードが必要ならドスパラ「GALLERIA DJ」、マザーボードの品質を求めるならツクモ「G-GEAR GA5J-C180/T」がおすすめです。

 

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

GALLERIA DJ

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

G-GEAR GA5J-C180/T

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

最後に

 

今回は10万円の価格帯でおすすめのゲーミングPCについて比較しました。

いずれのゲーミングPCも同等の性能、同等の価格でありながら細かい違いがあるので、求める条件に合わせて選びましょう。

PCの購入タイミングは迷いますが、性能は日進月歩で上がっていくので、買いたいと思った時が買い替えどきです。

今買うなら今回ご紹介したPCがおすすめなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


好きなことで生きるために

自分の好きなことや、得意なことを仕事にして、
生きていく方法をこのブログで示します。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です