Intel Core i7-8700K搭載で自分好みにカスタマイズ!ゲーミングPCはツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「ツクモ(TSUKUMO)でゲーミングPCを購入しようと思うけど、どれがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人には、ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」について解説します。

 

 



ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」とは?

 

ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」は、ヤマダ電機グループのPC専門店「TSUKUMO」のゲーミングPCです。

初期構成がCPU「Intel Core i7-8700K」、メモリ「16GB」、GPU「GeForce GTX1070Ti」、ストレージ「SSD 240GB + HDD 1TB(=1,024GB)」で、この場合は199,800円(税別)で購入可能です。

ただツクモのゲーミングPCの場合はアップグレードだけでなくダウングレードも可能なので、自分好みにカスタマイズできるのが特徴です。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」のおすすめポイントは?

  •  マザーボードの品質が高い
  •  PCケースも品質が高い
  •  CPUは「Intel Core i7-8700K」or「Intel Core i7-8086K」を選択可能
  •  メモリは「8GB」から「64GB」まで選択可能
  •  GPUは「GTX1050」から「GTX1080Ti」まで選択可能
  •  SSDは「240GB」から「1TB」まで選択可能
  •  HDDは「1TB」から「4TB」まで選択可能

 

マザーボードの品質が高い

マザーボードはパソコンの土台であり、各種パーツを橋渡しする重要なPCパーツです。

ツクモのゲーミングPCのマザーボードは、自作PCユーザーにとっては一般的で評価が高いASUS(エイスース)製のマザーボードを搭載しているのが最大の特徴です。

そのため、他のBTOメーカーに比べてマザーボードの品質が高いのは間違いありません。

私も自作PCではASUS製のマザーボードを愛用していて、大好きなメーカーですよ!

 

PCケースも品質が高い

また、PCケースも自作PC界で人気が高いCooler Master製の「CM 690 III」(ミドルタワーケース)で、私の自作PCでも愛用しています。

 

高いエアフローと優れたメンテナンス性を兼ね備えた設計なのが特徴です。

 

電源ボタンやUSBポートを本体上部に配置し、PCを床に置いた場合でもアクセスしやすくておすすめです。

 

CPUは「Intel Core i7-8700K」or「Intel Core i7-8086K」を選択可能

  •  Intel Core i7-8086K(6コア / HT対応 / 4.0GHz、TB時最大5.0GHz)【+1,000円】
  •  Intel Core i7-8700K(6コア / HT対応 / 3.7GHz、TB時最大4.0GHz)

尚、Intel Core i7-8700以下のCPUを選択したい場合は、ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-A180/ZT」のモデルで選択可能です。

 

メモリは「8GB」から「64GB」まで選択可能

  •  64GB(16GB×4枚)【+66,200円】
  •  32GB(16GB×2枚)【+19,200円】
  •  16GB(8GB×2枚)
  •  8GB(4GB×2枚)【-2,000円】

 

GPUは「GTX1050」から「GTX1080Ti」まで選択可能

  •  NVIDIA 【+40,000円】
  •  NVIDIA 
  •  NVIDIA 
  •  【【-1,000円】
  •  N【-5,000円】
  •  N【-28,000円】
  •  N
  •  N【-39,000円】
  •  N【-43,000円】

 

SSDは「240GB」から「1TB」まで選択可能

  •  [【+49,000円】
  •  [] 500G
  •  [] 250G
  •  [] 512G
  •  [【+6,000円】
  •  1【+24,000円】
  •  500G
  •  250G
  •  1【+11,800円】
  •  【おすすめ】【+22,000円】
  •  【おすすめ】500G
  •  【おすすめ】250G
  •  SSDなし【-4,500円】

 

HDDは「1TB」から「4TB」まで選択可能

  • 【+10,500円】
  •  3
  •  2TB 【+5,500円】
  •  2【+3,000円】
  •  2【+2,500円】
  •  1
  •  HDDなし【-4,000円】

 



ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」のカスタマイズ例と価格一覧

 パターン①パターン②パターン③
価格帯約17万円約24万円約26万円
CPUCore i7-8700KCore i7-8700KCore i7-8086K
メモリ16GB16GB32GB
GPUGTX1060 3GBGTX1080TiGTX1080Ti
ストレージSSD 240GB + HDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TB
カスタマイズGPUを1070Ti→1060 3GBGPUを1070Ti→1080TiCPUをi7-8700K→i7-8086K、メモリを16GB→32GB、GPUを1070Ti→1080Ti
こんな人向けコスパ重視ハイスペック構成ハイスペックでメモリ多め

 

ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」はこんな人におすすめ!

  •  Intel Core i7-8700K以上のCPUを搭載したい 
  •  自作PCのように、用途に合わせて自分好みにカスタマイズしたい
  •  マザーボードやPCケースの品質が高い方がよい
  •  価格よりも品質にこだわりたい

Intel Core i7-8700K以上のCPUを搭載し、自分の用途に合わせてカスタマイズするなら、ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」が最適です。

他のBTOメーカーと比べると価格は高めですが、その分マザーボードやPCケースの品質にこだわっているのが魅力です。

 

最後に

 

今回はツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」について解説しました。

Intel Core i7-8700K以上のCPU搭載で、自分好みにカスタマイズしたい人には、ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-B180/ZT」がおすすめですよ!

もし、Intel Core i7-8700以下のCPUを選択したい場合は、ツクモ(TSUKUMO)「G-GEAR neo GX7J-A180/ZT」のモデルで選択可能です。

価格よりも品質重視のゲーミングPCを求めている人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です