【2019年】コスパで選ぶ!おすすめのゲーミングPC


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

2018年は「eスポーツ」という言葉や、「プロゲーマー」という新しい職業が注目されましたよね。

PUBGのようなPCゲームをプレイする人が増え、ゲーミングPCを購入する人も増えたと思います。

ただゲーミングPCは安くても約10万円前後、高いと30万円以上と価格幅が大きく、安くてコストパフォーマンスが高いゲーミングPCを探すのは大変ですよね。

そこでこの記事では、安くてコスパが高いおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

 



コストパフォーマンスが高いおすすめのゲーミングPCは?

①:ドスパラ「GALLERIA DT」

 

まず一つ目として、とにかく安さ重視なら、ドスパラ「GALLERIA DT」です。

ドスパラ「GALLERIA DT」は、パソコン専門店「ドスパラ」のゲーミングPCブランドであるガレリアシリーズのパソコンです。

初期構成がCPU「Intel Core i5-9400F」、メモリ「8GB」、GPU「GeForce GTX1060 6GB」、ストレージ「SSD 240GB + HDD 1TB(=1,024GB)」で、通常価格で109,980円(税別)から購入可能です。

CPUにコスパ最強だった第8世代CPU「Intel Core i5-8400」の後継モデルに加え、GPUもコスパが高い「GeForce GTX1060 6GB」を搭載し、安さ重視の人に最適です。

ただし、唯一のデメリットとしてメモリが8GBまで(カスタマイズ不可)なので、PUBGのようなメモリが16GB以上推薦のゲームをプレイするなら、後述のドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめです。

 

 

②:ドスパラ「GALLERIA XT」

そして二つ目は、ドスパラ「GALLERIA XT」です。

初期構成がCPU「Intel Core i7-8700」、メモリ「8GB」、GPU「GeForce GTX1060(6GB)」、ストレージ「SSD 500GB + HDD 1TB(=1,024GB)」で、通常価格で144,980円(税別)から購入可能です。

※メモリのみ16GBにカスタマイズした場合は、通常価格で約157,680円(税別)

約15万円という高すぎない価格帯でありながらSSDの容量も多く、2018年の価格.comプロダクトアワードの銀賞を受賞した、ドスパラで人気の売れ筋パソコンです。

メモリは16GBにカスタマイズ推薦ですが、最新PCゲームの推薦動作スペックを満たす性能なため、最新PCゲームもプレイしたい人に最適です。

 

 

ドスパラ「GALLERIA DT」がおすすめの理由は?

  •  第9世代でコスパ重視の「Intel Core i5-9400F」搭載
  •  コスパ重視の「GeForce GTX1060 6GB」搭載
  •  メモリやストレージ容量も十分

 

第9世代でコスパ重視の「Intel Core i5-9400F」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

第9世代のCPU「Intel Core i5-9400F」は、第8世代でコスパ最強だった「Core i5-8400」の後継モデルです。

通常の「Intel Core i5-9400」もありますが、F付きのモデルは内蔵GPUや一部機能を省いた代わりに価格が安いのがメリットです。

性能的には「Core i5-8400」よりもちょっとだけアップしている程度ですが、CPU内部の熱伝導素材が「はんだ」に戻ったため、CPUの冷却性能やオーバークロック耐性も向上しています。

※オーバークロックは自己責任で周波数を定格よりも上げてパフォーマンスを上げること

 

コスパ重視の「GeForce GTX1060 6GB」搭載

GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

GPU「GeForce GTX1060 6GB」は、現在の最新PCゲームの推薦動作スペックに選ばれることが多いGPUであり、GTXシリーズでは下位モデルで価格が安く、コスパが高いのが特徴です。

 

メモリやストレージ容量も十分

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「8GB」であり、例えばゲームをしながら動画編集をするというような、同時に重い作業をしない限りは十分な容量です。

 

また、ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があります。

初期構成でストレージ「SSD 240GB + HDD 1TB(=1,024GB)」であり、低価格帯のPCでありながら静音性やデータ読み込み速度が速くて快適なSSDも搭載し、容量も必要十分です。

 



ドスパラ「GALLERIA DT」はこんな人におすすめ!

  •  とにかく安さ・コスパ重視のゲーミングPCが欲しい
  •  価格は10万円前後がよい
  •  ストレージにはSSD搭載がよい

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

ドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめの理由は?

  •  第8世代で最もおすすめのCPU「Intel Core i7-8700」搭載
  •  GPUはコスパ重視の「GeForce GTX1060(6GB)」搭載
  •  SSD搭載で容量も多い

 

第8世代で最もおすすめのCPU「Intel Core i7-8700」搭載

CPU「Intel Core i7-8700」は、第8世代で最もおすすめのCPUで、現在最新の第9世代と比べるとコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

 

GPUはコスパ重視の「GeForce GTX1060(6GB)」搭載

こちらもGPU「GeForce GTX1060(6GB)」を搭載し、コスパ重視です。

 

SSD搭載で容量も多い

こちらは初期構成でストレージ「SSD 500GB + HDD 1TB(=1,024GB)」であり、SSDの容量が多くて魅力です。

 

ドスパラ「GALLERIA XT」はこんな人におすすめ!

  •  最新PCゲームもプレイ可能なゲーミングPCが欲しい
  •  予算は約15万円前後で、コストパフォーマンスを重視
  •  ストレージはSSD搭載で、容量も多い方がよい

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

CPUとGPUの性能一覧(参考)

CPU

※例えば第8世代の「i7-8700(6コア12スレッド)」と第9世代の「i5-9600K(6コア6スレッド)」はほぼ同等の性能ですが、スレッド数の違いにより、マルチスレッド性能(例えば動画のエンコードなどの処理に重要)としては「i7-8700」の方が有利なので注意

 

GPU

※GPUは性能が上がるほどコスパが大きく低下するため、GTX1060が性能と価格のバランスがいいのがメリットです。

 



最後に

 

今回は安くてコスパが高いおすすめのゲーミングPCをご紹介しました。

安さやコスパ重視なら、メモリが8GBで十分の場合はドスパラ「GALLERIA DT」、メモリが16GB以上必要の場合はドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめですよ!

PCの購入タイミングは迷いますが、性能は日進月歩で上がっていくので、買いたいと思った時が買い替えどきです。

今買うなら今回ご紹介したPCがおすすめなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です