スマブラSPの吹っ飛ばされた時の対処や復帰方法【初心者向け上達テクニック】


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPは面白いですが、ガチ対戦で勝つのは難しいですよね。

特に始めたばかりの初心者の場合は、「吹っ飛ばされたらどうすればいいの?」という人も多いと思います。

知識がないと簡単に自滅してしまうので、まずは対処方法や復帰方法を知ることが重要です。

そこでこの記事では、スマブラSPの吹っ飛ばされた時の対処や復帰方法について解説します。

 

 



スマブラSPのベクトル変更

スマブラでは相手の攻撃を受けると、蓄積ダメージや技の威力に応じて吹っ飛ばされますが、ベクトル変更をすることで、吹っ飛ぶ方向を調整することが可能です。

例えば上図のように左方向に吹っ飛ばされる際には、方向キー(スティック)を右や右下に入力することで、吹っ飛びを抑えることができます。

※入力が早いほど吹っ飛びを緩和可能

 

ベクトル変更をしなかった場合は上図のように吹っ飛び、最悪撃墜してしまうことがあります。

 

ですが、ベクトル変更で吹っ飛びを抑えれば、撃墜を回避することが可能です。

このようにスマブラでは、攻撃を受けた際にどの方向にベクトルを変更するのかがとても重要になります。

例えば蓄積ダメージが低い時は外側にベクトル変更して相手のコンボから抜けやすくしたり、逆に蓄積ダメージが高い時は内側にベクトル変更して撃墜を回避しましょう。

 

移動回避で吹っ飛びを緩和

加えて、空中で移動回避を駆使すればさらに吹っ飛びを緩和し、クトル変更だけでは撃墜される時でも撃墜を回避できる場合があります。

※移動回避は、方向キーとシールドボタンを入力

 

ただし空中で移動回避を使うと、硬直時間が長くてすぐにジャンプや上必殺ワザが使えないので注意です。

※ニュートラル回避(方向キーを入力せず回避)なら硬直時間は短い

また、空中での回避は着地するまでに通常1回しか使えないため、使うタイミングには注意しましょう。

 

外ベクトル変更

また上方向に吹っ飛ばされた場合は、方向キー(スティック)の入力方向に応じて、移動方向を調整可能です。

 

初心者なら安全そうな台上に戻ろうとすることが多いですが、空中攻撃で上方向に撃墜が狙える相手に対してはかなり危険です。

例えばパルテナが相手なら、撃墜しない蓄積ダメージの時は外ベクトル変更し、崖側から戻るのが基本的には安全です。

※ただし、崖外から戻るのは不利な状況なので、必ず崖外から戻ればいいわけではなく、相手の位置や状況に応じて戻り方を変えるのが大切です。(復帰ルートを読ませないのが最重要)

 



スマブラSPの吹っ飛ばされた時に大事なこと

ここまででベクトル変更について説明しましたが、吹っ飛ばされた時にまず大事なのがすぐにボタンを押して、ジャンプや回避をしないことです。

すぐにジャンプや回避をしてしまうと、行動後の硬直に合わせて追撃され、簡単に撃墜されてしまうので注意しましょう。

特に空中でジャンプを使った後に追撃されると、着地するまでジャンプが使えず、崖外に吹っ飛ばされると復帰が困難になります。

特にジャンプがないと復帰ルートが数パターンに限定されてしまうため、簡単に復帰阻止されて撃墜されます。

そのため、吹っ飛ばされたらまず相手の様子や状況を見て、適切なタイミングを計ってジャンプや回避を使いましょう。

※初心者だとコンボされている最中にジャンプを使ってしまうことがあるため、安易にジャンプボタンを押さないように注意

 

スマブラSPの着地硬直

空中から地上に着地した際には、着地硬直による隙があるので注意しましょう。

この着地硬直の隙を狙って攻撃することを着地狩りと言い、特に相手の近くに着地すると簡単に狙われてしまいます。

逆に相手の遠くに着地した場合でも、ダッシュからの攻撃や投げを狙ってくる可能性があるので注意しましょう。

ダッシュからの攻撃を読んだ場合はシールド(ガード)、投げを読んだ場合は回避(その場回避、横回避)を使うのが有効です。

 



スマブラSPの受け身

着地するタイミングまで回避を使わなければ受け身を取ることも可能で、着地の隙を消すことができます。

受け身をする場合は、着地する直前にタイミングよくガードボタンを入力します。

 

回避発生中に着地するとエフェクトが発生し、受け身が成功します。

 

受け身が成功して立ち上がると、すぐに行動可能です。

 

また、受け身の際に方向キーの左右(← →)も合わせて入力すると、入力した方向に転がり受け身が可能です。

 

受け身が成功するとエフェクトが発生します。

 

エフェクト発生後、入力した方向に転がります。

 

転がった後立ち上がり、すぐに行動可能です。

 



スマブラSPの復帰方法と崖掴み

場外に吹っ飛ばされた場合は、ジャンプや回避、そして上必殺ワザを駆使し、崖を掴みに行って復帰します。

尚、使用キャラクターの復帰能力が高い場合は、上必殺ワザだけで簡単に復帰できます。

 

ジャンプで崖掴み

場外に吹っ飛ばされた場合は、ジャンプで崖に近づきます。

 

ジャンプで崖にとどけば、崖を掴んで復帰できます。

 

回避で崖掴み

崖に近い場合は、回避を使って崖を掴むことが可能です。

 

回避が発生し、崖に近づきます。

 

回避で崖にとどけば、崖を掴んで復帰できます。

※移動回避を使った場合、硬直が長くてすぐにジャンプや上必殺ワザが使えないので注意。失敗すると自滅するリスクもあります。

 

ジャンプと上必殺ワザで崖掴み

奥に吹っ飛ばされた場合でも、ジャンプと上必殺ワザを駆使すれば崖まで復帰できる可能性があります。

まずはジャンプして崖に近づきます。

 

崖に近づいたら上必殺ワザ(上B)を出しましょう。

 

上必殺ワザにより、上方向に移動できます。

 

上必殺ワザで崖にとどけば、崖を掴んで復帰できます。

※ただし、復帰力が弱いキャラだと復帰ルートが限定されてしまうため、簡単に復帰阻止されて撃墜される危険性があります。

 

崖掴みのタイミングをずらす工夫

移動回避での崖掴みはミスした時に落下して自滅するリスクがありますが、ジャンプと移動回避を駆使することで、崖掴みのタイミングをずらして復帰阻止されにくくすることが可能です。

例えば上図のように、崖横の位置にジャンプで移動し、そこから横回避で崖を掴めます。

 

また上図の場合は、ジャンプなどで崖下の位置に移動し、そこから上方向に回避して崖を掴めます。

 

また上図の場合は、右下方向に回避して崖を掴めます。

このように、ジャンプと回避を駆使することで復帰ルートを読まれにくくできるため、復帰阻止で早期撃墜されないためにとても重要です。

 



スマブラSPの崖上がりの5パターン

自分が崖を掴んでいて、相手が崖上にいる場合、相手の方ができることが多くて有利なので、崖を上がる際は行動パターンを読まれないように注意が必要です。

崖上がりの方法としては、次の5パターンあります。

  •  崖上がりジャンプ(上がってすぐに行動可能なため、リスク小
  •  崖離しジャンプ(空中攻撃を出しながら上がれるため、リスク中
  •  崖上がり攻撃(攻撃中無敵だが、空振ると隙が大きいため、リスク大
  •  崖上がり回避(相手が崖端にいて通れば有利だが、硬直が長いため、リスク大
  •  その場崖上がり(硬直は短いが、上がっても崖端で状況が悪いため、リスク大

 

崖上がりジャンプ

崖上がりジャンプは、上がり始めに無敵がありません(持続の長い技を置かれると当たりやすいので注意)が、上がってすぐ行動できるのがメリットです。

崖上がりジャンプをするには、方向キーの上(↑)か、ジャンプボタンを入力します。

 

上にジャンプして上がった後はすぐに行動できるため、ジャンプや回避で逃げたり、空中技で反撃が可能です。

上がった後の選択肢が通しやすく、一番リスクが小さいため、多く使うべき上がり方です。

ただし、相手からジャンプ後の着地硬直を狙われるので注意しましょう。

 

崖離しジャンプ

崖離しジャンプは、空中攻撃を出しながら上がれるのがメリットです。

リーチの長い空中攻撃や、隙の少ない空中攻撃を持っている場合、強力選択肢になります。

崖離しジャンプをするには、方向キーを崖の反対側に入力し、崖を離します。

 

崖を離したら、ジャンプを入力します。

 

ジャンプ後、方向キーを崖方向に入力します。

 

崖上に上がって着地可能です。

 

ジャンプ後に攻撃ボタンを押し、空中攻撃を出しながら着地も可能です。

 

崖上がり攻撃

崖上がり攻撃は、攻撃中は無敵なのがメリットで、相手の崖攻めを潰せます。

ただし、攻撃を空振った時の隙が大きく、攻撃をガードされると相手のスマッシュが確定するのでリスクが大きいです。

崖上がり攻撃をするには、攻撃ボタン(A、B、Cスティック)を入力します。

 

崖上がりに攻撃を出し、相手が攻撃を出していた場合は殴り勝てます。

 

崖上がり回避

崖上がり回避は、崖上がりの瞬間に無敵があり、崖端より内側に移動できるのがメリットで、上がった後に相手が崖端にいれば、位置が入れ替わるので有利に立てます。

ただし、硬直が長く、警戒されていると見てから攻撃されやすいため、リスクが大きいです。

崖上がり回避をするには、ガード(シールド)ボタンを入力します。

 

崖を上った後、転がって内側に移動します。

 

崖の内側で立ち上がります。

 

その場崖上がり

その場上がりは、上った後の硬直が短いのがメリットです。

ただし、警戒されていると見てから攻撃されやすく、上っても崖端にいて状況が悪いため、リスクは大きいです。

その場上がりをするには、方向キーを崖方向に入力します。

 

崖端に上がるため、状況は悪いです。

 

上った後の硬直は短いので、すぐにガードして様子を見るのが基本です。

 



最後に

今回はスマブラSPの吹っ飛ばされた時の対処や復帰方法について解説しました。

吹っ飛ばされて復帰する際には、復帰ルートや行動パターンを相手に読まれないことが大切なので、できるだけ同じ行動はしないように注意しましょう。

崖上がりは比較的リスクが小さい「崖上がりジャンプ」をメインで使いながら、他の方法を混ぜるのがおすすめです。

まず知識を身につけたら、練習や実戦を繰り返して慣れていきましょう。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です