NEM(ネム)の安全な買い方は?Zaif(ザイフ)の登録や使い方・購入方法やウォレットへの送金方法


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

コインチェックからNEM(ネム)が不正送金されたニュースが話題になりましたよね。

そんなニュースを見て、「ビットコイン以外にも種類があるんだ。」と思った方も多いんじゃないかなと思います。

 

「でも、NEMって盗まれたし、セキュリティに弱いんでしょ?」

と、思っている方いるんじゃないですか?

 

いえいえ、コインチェックの管理方法が悪かっただけで、NEM自体はセキュリティに強いんです!

 

また、今回の事件で被害に遭われた方が多いですが、そもそも購入したNEMを取引所に預けておくことがとてもリスクが高いんです。

なので、購入した後の管理の方法も知っておく必要があります。

この記事では、そんなNEMの安全な買い方について解説します。

 



NEM(ネム)の安全な買い方

 

NEM(ネム)は本来プロジェクトのことを指し、そのNEMで利用される通貨(トークン)がXEM(ゼム)と言います。

 

NEMのセキュリティの強さは?

この図は、中国のサイバーセキュリティを専門に取り扱うCERTラボによるブロックチェーンソフトウェアセキュリティの脆弱性テストの結果です。(詳細はこちら

赤色のグラフは深刻な脆弱性を示していますが、NEMについてはほぼゼロでキュリティ面でかなりいい成績を残しています。

 

つまり、NEM自体には何も問題はありません!

 

NEMを購入する手順は?

そんなNEMを購入するには、以下の手順で行います。

  1.  仮想通貨取引所に登録
  2.  取引所に入金
  3.  NEMを購入

 

NEMを購入できる国内の取引所は「Zaif」と「コインチェック」ですが、板取引で手数料が安く、NEMの取引量が多い『Zaif』で購入するのが最もおすすめです。

ZaifはNEMの他にもビットコイン、イーサリアム、モナーコインの購入にもおすすめなので、まだ利用していない方はぜひ登録してみて下さいね。

 

 

NEMを購入した後は?

そんなNEMを購入した後は取引所に預けたままにせず、必ず専用のウォレットで管理しましょう。

NEMには公式が利用を推薦するPC版の『Nano Wallet』がありますが、もしPCがない方はスマホアプリ版の『NEM Wallet』もありますよ。

PC版の方が様々な機能を利用できますが、NEMを保管するだけならどちらでもできるので、お好みの方を利用して下さい。

 

NEMを安全に購入する手順まとめ

NEMを安全に購入する手順をまとめると以下の通りです。

  1.  Zaifに登録
  2.  Zaifに入金
  3.  NEMを購入
  4.  NEMをウォレットに送金

下記ではこれらの手順を詳しく説明していきます。

 

尚、Zaif以外の取引所として用途別に以下がおすすめです。気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

お得に買うのにおすすめの取引所!
  •  RippleとICO用Ethereumの購入なら送金手数料が安い → bitbank
  •  Bitcoin FXならBitcoin取引量No1 →  bitFlyer

Zaif(ザイフ)の登録方法

 

Zaifの登録方法を解説します。

まずはZaifにアクセスし、メールアドレスを入力後「無料登録へ」をクリックします。

 

 

確認メールのURLをクリック

入力したメールアドレス宛に確認メールが送信されます。

メールに記載のURLをクリックして下さい。

 

利用規約と重要事項説明の確認

次に画面の「利用規約」をクリックし、利用規約を確認します。

 

内容確認後、画面下の「前のページへ戻る」をクリックします。

 

次に「重要事項説明」をクリックし、重要事項の確認をします。

 

内容確認後、画面下の「前のページへ戻る」をクリックします。

 

内容を確認した「利用規約」と「重要事項説明」に同意しますにチェックを付け、パスワードを入力後、「同意して登録」をクリックします。

 

これでアカウントが登録されます。

 

基本情報の登録

続けて基本情報を登録します。

入力後、「変更」をクリックして下さい。

 

本人確認書類の提出

次は本人確認書類を提出します。

画面上のメニューにある「本人確認」をクリックします。

 

書類1をクリックし、リストから提出する書類を選択して下さい。

提出書類は以下から選択できます。

  •  運転免許証
  •  マイナンバーカード
  •  在留カード
  •  日本国パスポート
  •  ビザ
  •  健康保険証
  •  住民票

 

提出書類選択後、スマホのカメラなどで本人確認書類を撮影し、「ファイルをアップロード」をクリックしてアップロードして下さい。

運転免許証の場合は表面と裏面をアップロードします。

 

本人確認書類をアップロード後、「本人確認の申請をする」をクリックして申請が完了です。

本人確認書類が確認された後、Zaifの運営元(テックビューロ株式会社)からハガキが簡易書留で郵送されます。

 

電話番号認証

次に電話番号認証を行います。

本人確認画面の「電話番号認証」をクリックし、携帯電話番号を確認して「送信」をクリックします。

SMSで6桁の確認コードが送信されるので、続けてコードを入力して下さい。

※ハガキ到着までにできる本人確認はここまでです。

 

二段階認証の設定

続けて、二段階認証の設定を行いましょう。

設定することでセキュリティを高めることができるため、必ず設定することをおすすめします。

 

画面右上のメニュー「アカウント」からセキュリティの「二段階認証」をクリックします。

 

二段階認証の設定画面が開きます。以下のアプリが利用可能なので、いずれかをインストールして使用して下さい。

  •  Google Authenticator
  •  IIJ SmartKey
  •  Authy

 

今回は一般的に利用されている「Google Authenticator」で設定する方法を説明します。

画面中央にQRコードが表示されているので「Google Authenticator」で読み込みます。

 

「Google Authenticator」を起動し、画面上の「+」をタップします。

 

「バーコードをスキャン」をタップします。

 

QRコードをスキャンします。

 

登録が完了すると、6桁のコードが表示されます。

 

アプリで取得した6桁のコードを入力し、「確認」をクリックして二段階認証の設定が完了です。

 

本人確認コードの入力(ハガキ到着後)

ハガキ到着後、本人確認コードを入力します。

画面右上のメニュー「アカウント」から「郵送による本人確認」をクリック後、ハガキに記載の本人確認コードを入力して全ての本人確認が完了です。

 

尚、ハガキの到着までは約2週間ほどかかります。

全ての本人確認が完了するまでは、入金や取引などは一切できないため、まだ登録してない方は早めに登録することをおすすめします。

 

 

Zaif(ザイフ)の入金方法

入金方法について説明します。

画面右上のメニュー「取引」から取引画面を開いた後、左のメニュー「入出金」をクリックします。

 

入金方法は以下の3種類あります。

  •  銀行振込による入金
  •  コンビニ決済入金
  •  ペイジー入金

 

各入金手数料は以下の通りです。

銀行振込振込手数料はお客様負担
コンビニ入金3万円未満の入金486円
3万円以上の入金594円(5万円以上は別途印紙税200円が必要)
ペイジー入金3万円未満の入金486円
3万円以上の入金594円

 

3種類ありますが、「コンビニ決済入金」か「ペイジー入金」であれば、24時間いつでも入金できるのでおすすめです。

以下の例では、ペイジー入金について説明します。

※但し、住信SBIネット銀行からの振込は、通常の銀行営業時間外でもほぼリアルタイムに処理されます。(振込手数料も無料なのでおすすめです。)

 

ペイジー入金のやり方

「ペイジー入金」をクリックし、入金金額を入力して「ペイジーによる入金手続きを開始する」をクリックします。

 

内容を確認し、「手続きを続行する」をクリックします。

 

ペイジー入金に必要な情報が表示されます。

入金手続きの際に収納機関番号、お客様番号、確認番号が必要です。メモを取るか、画面から指定のアドレス宛にメールを送信して確認できるようにして下さい。

支払情報の内容を確認後、「完了」をクリックします。

 

手続き完了後、処理中のペイジー決済に状態が「入金待ち」として履歴が表示されます。

この後は、先ほどの収納機関番号、お客様番号、確認番号を元に、ペイジー入金が可能な金融機関から支払いを行って下さい。

※ペイジー金融機関一覧はこちら

 

ペイジー決済が完了すると、図のように入金履歴に表示されます。

 



Zaif(ザイフ)の取引画面の見方

取引画面の見方は図の通りです。

デフォルトではビットコインの取引画面ですが、通貨ペアを変更したい場合は画面左上の「BTC/JPY」をクリックして変更できます。

 

売買板の見方

売買板の見方は図の通りです。

緑色が売り注文赤色が買い注文で、売り注文と買い注文が一致した場合に取引が成立し、売買ができます。

例えば図の売り注文の売気配数「0.1069」、気配値「405400」というのは、1通貨あたり『405,400円』の相場で、数量『0.1069』分を売りたいという意味を表しています。

 

NEM(ネム)の購入方法

NEM(ネム)の購入方法を説明します。

まずは画面左上の「BTC/JPY」をクリックし、通貨ペアのメニューが表示します。

主要通貨の「XEM/JPY」をクリックすると、NEMの取引画面が表示されます。

 

注文方法(指値注文)

NEMの購入手順は以下の通りです。

  1.  チャートを確認
  2.  売買板の確認
  3.  板にある注文したい価格をクリック
  4.  注文メニューの1XEMの価格を修正(板の値をクリックして自動入力)
  5.  数量を入力
  6.  「買い注文」をクリック

 

売買板の値をクリックすると、注文メニューの1XEMの価格が自動で入力されるので、必要に応じて価格を修正して下さい。

価格が決まったら数量を入力し、「買い注文」をクリックして注文を出します。

 

注文後は、チャットの上にあるタブ「注文と履歴」をクリックし、注文履歴を確認できます。

注文が成立するまでは「アクティブな注文」に履歴が表示され、注文の取り消しも可能です。

注文が約定すると、図のように「取引履歴」に表示されます。

このように、1XEMの価格を指定して注文することを「指値注文」と言います。

 

成行注文について

指値注文の他にも、数量だけを指定して購入する「成行注文」も可能です。

板の価格は常に変動しており、全て同じ価格、希望の数量で売買できるわけではありませんが、直ぐに約定させることができるのがメリットです。

成行注文をする場合は、注文メニューの「成行」をクリックします。

 

成行注文では、数量を入力後「買い注文」をクリックして注文を出します。

 

取引手数料について

売買する際には取引手数料がかかり、各通貨の手数料は図の通りです。

ここで手数料の種類には「maker」と「taker」がありますが、まだ板にない価格の指値注文はmaker手数料がかかり、既に板にある価格の指値注文or成行注文はtaker手数料がかかります。

 

つまり、まだ売買板にない価格で指値注文をするのがおすすめです。

 



NEM(ネム)を自動積立する方法(コイン積立)

Zaifではコイン積立というサービスがあり、毎月一定額を銀行口座から引き落とし、希望の金額分の仮想通貨を自動積立することができます。

『ドル・コスト平均法』という投資法で買い付けを行うため、価格が上がった時は高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がった時は安く多くの量を買うことができます。

 

私も利用していますが、毎日相場を気にして購入タイミングをはかる必要がなく、手間が一切ないためおすすめですよ!

 

最低金額は1,000円からなので、ぜひ利用してみて下さいね。

 

コイン積立の対応通貨種類

コイン積立に対応した通貨の種類は以下の通りです。

  •  ビットコイン(Bitcoin、BTC)
  •  モナーコイン(Monacoin、MONA)
  •  ネム(NEM、XEM)
  •  イーサリアム(Ethereum、ETH)

 

コイン積立の手数料

積立金額が1,000円〜2,000円は一律100円のため、最低でも2,000円から積立すると良いでしょう。

また、積立金額を大きくすれば3.5%→1.5%と最大2%手数料が安くなるためお得です。

 

コイン積立の始め方

Zaifの画面右上にあるメニュー「アカウント」をクリック後、左の「Zaifコイン積立」をクリックします。

 

利用規約を確認後、「利用規約に同意します」をチェックし、「口座名義人フリガナ」と「お客様の生年月日」を入力後、「口座振替手続きを開始する」をクリックします。

 

次に「ネット口座振替受付サービスサイトへ」をクリックします。

 

ご利用になる金融機関を選択してクリックして下さい。

今回は「三菱東京UFJ銀行」を例として進めていきます。

 

次は口座情報(店番号、口座番号)を入力し、「次へ進む」をクリックします。

 

入力した口座情報を確認し、「金融機関へ」をクリックします。

これより先は指定の金融機関のサイトへ遷移するので、手続きを進めて下さい。

 

三菱東京UFJ銀行の場合、手続き完了後に「収納企業に戻る」をクリックします。

 

ポップアップが表示された場合は、「OK」をクリックします。

 

コイン積立の画面に戻るので、「コイン積立の設定へ」をクリックします。

 

毎月の購入金額を入力し、「私はロボットではありません」にチェックを付け、「設定変更を保存する」をクリックします。

 

内容が間違いなければ、これで全ての設定が完了です。

 

積立が実行された後は、タブの「積立履歴の確認」をクリックして履歴を確認できます。

詳細を確認するには、履歴の「詳細」をクリックします。

 

図のようにコイン積立の詳細を確認できます。

 



NEM(ネム)用のウォレットの使い方

NEM用のウォレットとして以下の2種類あるので、お好きな方を利用して下さい。

  •  PC版のNano Wallet(ナノウォレット)
  •  スマホアプリ版のNEM Wallet(ネムウォレット)

 

Nano Walletの使い方

まず、NEM公式サイトのダウンロードページにアクセスします。

画面下にある「WINDOWS」、「MAC」、「LINUX」からお使いのPCに対応したファイルをダウンロードして下さい。

今回は『Windows 10 64bit』を例として説明します。

 

ダウンロード後、ZIPファイルを右クリックし、メニューの「すべて展開」をクリックします。

 

「展開」をクリックします。

 

展開したファイルを開き、フォルダの「NanoWallet.exe」(拡張子を表示する設定にしていない場合はNanoWallet)クリックして開きます。

 

Nano Walletが起動するので、画面右上の「Language」のリストから「Japanese」をクリックし、日本語に変更します。

 

アカウントを新規作成するので、画面右上の「アカウントの作成」をクリックします。

 

ウォレットタイプは「シンプルウォレット」をクリックします。

※既にアカウント作成済みでプライベートキー(秘密鍵)がある場合、「プライベートキーウォレット」を利用して作成できます。(NEM Walletを同期する場合など)

 

「準備できました」をクリックします。

 

ネットワークを選択できますが、Mainnetのままで良いので「次へ」をクリックします。

 

ウォレット名を入力し、「次へ」をクリックします。

 

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

※パスワードは20文字以上で、英数記号の混合をおすすめします。

 

「スタート」をクリックします。

 

カーソルを動かすと緑のゲージがたまり、秘密鍵が作成されます。

緑の部分が「Done!」となれば完了で、「次へ」をクリックします。

 

注意事項が表示されるので内容を確認し、「理解し同意しました」をクリックします。

 

「ウォレットをダウンロードする」をクリックし、ウォレットをダウンロードして下さい。

Nano Walletにログインする際には、このダウンロードしたウォレット(wltファイル)をインポートする必要があります。

※wltファイルはローカルストレージに一時的に保存されるものです。

 

ファイルの中身も重要なため、中を誰にも見られないようにし、失くさないように厳重に保管して下さい。

※専用のUSBメモリを購入し、USBメモリに保存するのがおすすめです。必要な時以外PCに接続しなければセキュリティを高めることができます。

 

ウォレットのダウンロード完了後、「ウォレットファイルをバックアップしました」をクリックします。

 

「プライベートキーの表示」をクリックすると下にキー情報が表示されます。

このプライベートキー(秘密鍵)が一番重要なため、バックアップを取り誰にも見られないよう厳重に保管して下さい。

※紙に印刷し、オフラインで管理することをおすすめします。

 

バックアップ完了後、「秘密鍵とパスワードバックアップしました」をクリックします。

 

注意事項が表示されるため、内容を確認後「私は全ての内容を理解し同意しました」をクリックします。

 

これで先ほどのウォレット(wltファイル)がインポートされた状態になるので、ウォレットを選択後、最初に設定したパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

 

これでウォレットの作成とログインが完了です。

ウォレットのアドレスを確認したい場合は、画面右上の「アカウント」をクリックします。

 

画面左にウォレットのアドレスが表示されるので確認して下さい。

このアドレス宛にNEMを送金すると、ウォレットに反映されます。

 

ウォレットのアドレスをコピーする際の注意点
アドレス横のボタンでウォレットのアドレスをコピーすると、アドレスのハイフンが除かれてコピーされます。

但し、取引所などにアドレスを貼り付ける際には、ハイフン有りのアドレスを貼り付けないとエラーになる場合があるようです。

(APIではハイフン無しである必要があるため、内部でハイフンを除く処理がされている?)

 

Nano Walletからログアウトする場合、画面右上のウォレット名をクリックします。

 

画面右上に「正常にログアウトされました。」と表示され、ログアウトが完了します。

ログアウト後にすぐ利用しない場合は、セキュリティアップのためにローカルストレージの削除(wltファイルが削除され、再度ログインするにはインポートが必要になります。)も行って下さい。

ローカルストレージの削除は、画面右下の赤字のゴミ箱マークをクリックします。

 

ポップアップが表示されるので、「アカウントデータの削除(パージ)」をクリックします。

 

これでローカルストレージの削除が完了です。

 

尚、再度ログインする場合は、画面右上の「ログイン」をクリックします。

 

次に「ウォレットをインポート」をクリックします。

 

wltファイルがあるディレクトリにアクセス後、対象のwltファイルを選択して「開く」をクリックします。

 

画面右上に「ウォレットが正常にロードされました。」が表示され、ウォレットのインポートが完了します。

後はウォレットの選択とパスワードを入力してログイン可能です。

 

  •  関連記事

NEM(XEM)用「Nano Wallet(ナノウォレット)」の使い方を解説!

2018.03.08

 

NEM Walletの使い方

NEM Wallet
NEM Wallet
無料
posted with アプリーチ

 

NEM Walletを利用する場合は、まずスマホアプリをインストールして下さい。

今回はiPhone版を例に説明していきます。

 

アプリ起動後、パスワードを設定画面が開くので、パスワード入力後「確認」をタップします。

※パスワードは20文字以上で、英数記号の混合をおすすめします。

 

タッチID対応機器の場合、タッチIDを有効にすることをおすすめします。(複雑なパスワードの入力が不要になり、指紋認証でログインできます。)

設定するには、画面左上の歯車マークをタップします。

 

「タッチID」タップし、有効にします。

 

タッチIDがオンになったら、画面右上の「完了」をタップして設定が完了です。

 

ではアカウントを新規追加するので、「アカウントを追加する」をタップします。

 

アカウントを新規作成する場合は、「新しく作る」をタップします。

※「QRコードをスキャン」と「キーをインポート」はNano Walletを同期して作成する場合に使用します。

 

アカウント名を入力し、「新しくアカウントを作る」をタップします。

 

英語ですが注意事項を確認し、「OK」をタップします。

※注意事項の内容としては、「プライベートキー(秘密鍵)はバックアップをとって忘れないようにしてね!」と書いてますね。

 

これでアカウントの作成が完了です。追加されたアカウントをタップして下さい。

 

まずはプライベートキー(秘密鍵)のバックアップを取りましょう。

画面右下の「メニュー」をタップして下さい。

 

「アカウントをエクスポート」をタップします。

 

「確認」をタップします。

 

赤文字の「プライベート・・・に関する見解」をタップします。

 

警告内容を確認し、「プライベートキー(秘密鍵)を表示」をタップします。

 

画面下にプライベートキーが表示されるので、メモなどバックアップを取ってオフラインで管理し、忘れないようにして下さい。

※このプライベートキーは他の誰にも見られないように注意して下さい。

 

次にウォレットのアドレスを確認しましょう。

ダッシュボード画面に戻り、画面下の「QR」をタップします。

 

画面上にウォレットのアドレスが表示されるので確認して下さい。

このアドレス宛にNEMを送金すると、ウォレットに反映されます。

 

  •  関連記事

NEM(XEM)用スマホアプリ版「NEM Wallet(ネムウォレット)」の使い方を解説!

2018.03.09

 



Zaif(ザイフ)からウォレットへの送金方法

Zaifの画面右上にあるメニュー「アカウント」をクリック後、画面下の入出金と履歴を確認して下さい。

 

NEMのアイコンがあるのでクリックします。

 

画面中央の「出金」をクリックします。

 

出金画面が表示されます。

 

Nano Wallet(NEM Wallet)の出金アドレス、出金金額、二段階認証を設定している場合は6桁のコードを入力し、「出金」をクリックします。

尚、Nano Wallet(NEM Wallet)への出金アドレスは、ハイフン有りのアドレスを入力して下さい。

※Nano Walletの画面のボタンからアドレスをコピーするとハイフンが除かれてコピーされますが、ハイフンなしだと正しく送金されないことがあるようです。

 

出金履歴に表示され、出金準備が開始します。

 

しばらくするとhash値が表示され、出金が開始されます。

 

出金が完了すると、Nano Walletの場合はダッシュボード画面に履歴が表示されます。

出金開始から早ければ3〜5分ぐらいでウォレットに送金されますよ。

 

まとめ

 

この記事のまとめは以下の通りです。

  •  NEM(ネム)はプロジェクトのことを指し、そのNEMで利用される通貨(トークン)がXEM(ゼム)と言う
  •  中国のCERTラボによるブロックチェーンソフトウェアセキュリティの脆弱性テストの結果から、深刻な脆弱性はほぼゼロでNEMのセキュリティは高い
  •  NEMを購入するなら板取引で手数料が安く、NEMの取引量が多い『Zaif』で購入するのがおすすめ
  •  NEMの購入後は取引所に預けたままにせず、必ず専用のウォレット(『Nano Wallet』 or 『NEM Wallet』)に送金して管理すること
  •  注文の際、まだ板にない価格の指し値注文はmaker手数料となるためおすすめ
  •  Zaifコイン積立は、毎日相場を気にして購入タイミングをはかる必要がなく、手間が一切ないためおすすめ
  •  NEMをウォレットへ送金する際のアドレスは、ハイフン有りのアドレスを入力すること

 

🔻Zaifはおすすめの取引所なので、ぜひ利用してみて下さいね。🔻

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です