KuCoin(クーコイン)の使い方を解説!登録や入出金から仮想通貨購入方法や手数料まとめ


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

海外の取引所を利用している方も増えてきたのではないでしょうか。

でも海外の取引所の場合、日本語化されていないことがほとんどなので、英語が得意じゃないと使いづらいですよね。

 

でも、KuCoin(クーコイン)なら日本語化されていて使いやすいですよ!

 

KuCoinは第二のBinance(バイナンス)と呼ばれるほど期待されており、私も気になったので試しに使ってみることにしました。

この記事では、そんなKuCoin(クーコイン)の使い方について解説します。

 



KuCoin(クーコイン)とは?

 

KuCoin(クーコイン)は、2017年9月に開設された中国の仮想通貨取引所です。

2017年12月19日には20万ユーザーを突破し、世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)と同様に、これから大きく伸びていくと期待されています。

海外の取引所では珍しく日本語化にも対応しており、日本人にとっても使いやすい取引所です。

 

KuCoin(クーコイン)の特徴は?

KuCoinの特徴は以下の点です。

  •  ホワイトペーパーとロードマップが存在
  •  NEOのICOトークンの取り扱い
  •  手数料が安い
  •  独自のトークン『Kucoin Shares』を発行

 

ホワイトペーパーとロードマップが存在

取引所ですが、ホワイトペーパーとロードマップが存在し、2019年6月に向けて世界トップ10の仮想通貨取引所を目指しています。

 

NEOのICOトークンの取り扱い

中国版Ethereumと呼ばれているNEOのICOで発行されたトークンの取り扱いがあります。

NEO系ICOトークンは、2017年時点ではKuCoinのみ取り扱っているようです。

 

手数料が安い

取引手数料は0.1%で、Binance(バイナンス)には劣るものの他の海外の取引所に比べて手数料が安いのが特徴です。

 

独自のトークン『Kucoin Shares』を発行

独自トークンであるKucoin Shares(KCS)を発行しています。

KCSの特徴として、KuCoinで利用された取引や送金の手数料のうち50%をKCSの保有者へ毎日分配しています。

 

つまり、KCSの保有量に応じて毎日配当をもらうことができます!

 

ただし、それもあってか現在では既に価格が高騰してしまっています。豊富な資金がある方を除き、今から参入するのは遅そうです。

 

国内の主要通貨の送金手数料一覧

通貨種類最低出金額送金手数料
Bitcoin0.002 BTC0.001 BTC
Ethereum0.1 ETH0.01 ETH
Litecoin0.1 LTC0.001 LTC
Bitcoin Cash0.01 BTC0.0005 BCH

 

  • 関連リンク

>> KuCoinの各種手数料

 

KuCoinのまとめ

  •  KuCoin(クーコイン)はBinanceに次いで期待されており、日本語にも対応した取引所
  •  ホワイトペーパーとロードマップが存在し、2019年6月に向けて世界トップ10の仮想通貨取引所を目指している
  •  NEOのICOで発行されたトークンの取り扱いがある
  •  取引手数料が0.1%で海外の取引所としては安い
  •  独自トークンであるKucoin Shares(KCS)が保有量に応じて配当を得られる

 

KuCoinの特徴などについては以上です。下記では使い方について詳しく解説していきます。

KuCoinは海外の取引所でありながら日本語化されていて使いやすく、NEO系ICOトークンの購入におすすめの取引所なので、興味がある方はぜひ利用してみて下さい。

 

 

尚、国内の取引所としては用途別に以下がおすすめです。気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

お得に買うのにおすすめの取引所!
  •  手数料の安さと取引量の多さで必ず登録すべき → Zaif
  •  RippleとICO用Ethereumの購入なら送金手数料が安い → bitbank
  •  Bitcoin FXならBitcoin取引量No1 →  bitFlyer

KuCoin(クーコイン)のアカウント登録方法

 

KuCoinのアカウント登録方法を説明します。

まずはKuCoinにアクセスし、画面右上の「新規登録」をクリックします。

 

 

メールアドレスとパスワードを入力し、「次」をクリックします。

(海外の取引所のため、普段使っていないメールアドレスの利用を推薦します。)

※パスワードは大文字、小文字、数字が含まれている必要があります。

 

入力したメールアドレス宛に、認証メールが送信されます。

 

認証メールが届くので、メールに記載のリンクをクリックします。

 

これで登録が完了です。

 

二段階認証の設定

続けて、セキュリティのため二段階認証の設定も行います。

二段階認証には、スマホアプリの「Google Authenticator」を利用します。

 

画面左のメニュー「Google 2-ステップ」をクリックします。

 

画面に表示されるQRコードをアプリで読み込み、認証コードを取得します。

取得した認証コードを入力し、「提出」をクリックします。

 

これで二段階認証の設定が完了です。

 

通貨単位をJPYに変更

通貨単位がデフォルトではUSDになっていますが、JPYに変更できます。

変更するには、画面左上の通貨「$USD」をクリックします。

 

通貨一覧が表示されるので、「¥JPY」をクリックします。

 

通貨単位がJPYに変更されれば完了です。

 

 

KuCoin(クーコイン)への入金方法

 

KuCoinで取引をするには、まず入金が必要です。

ただし、日本円での入金はできないため、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)で入金する必要があります。

今回はZaif取引所で購入したイーサリアム(ETH)をKuCoinへ送金する方法を例に解説します。

 

KuCoinへの入金アドレスを確認

まずはKuCoinへの入金アドレスを確認します。

画面上にあるメニューの「資産」をクリックして下さい。

 

資産画面が表示されます。

 

画面下にあるEthereumの「入金」をクリックします。

 

Ethereumの入金用アドレスが表示されます。

このアドレス宛に送金することで入金が可能です。

 

Zaif取引所からイーサリアム(ETH)を送金する方法

今回は例としてZaif取引所から送金する方法を解説します。

Zaif取引所は全ての通貨が板取引で手数料が安いのでおすすめです。まだ利用したことがない方は、ぜひ利用してみて下さいね。

 

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)の使い方を解説!登録や入出金から仮想通貨購入方法や手数料まとめ

2017.09.23

 

では、Zaif取引所にログイン後、画面の「Exchange >>」をクリックします。

(画面上のメニューにあるアカウントからでも可能です)

 

取引画面が表示されるので、画面右上の「アカウント」をクリックします。

 

アカウント画面が表示されるので、下にある入出金と履歴を確認して下さい。

 

今回はイーサリアム(ETH)で送金するので、「ETHのアイコン」をクリックします。

 

イーサリアムの入出金画面が表示されるので、「出金」をクリックします。

 

出金画面で、先ほどKuCoinで確認したアドレスと出金金額、そして二段階承認を設定している場合は6桁のコードを入力して下さい。

 

私は今回、0.02ETHを送金してみました。

入力完了後、「出金」をクリックします。

※Zaif取引所からイーサリアムの出金手数料は0.01ETH〜です。

 

出金をクリック後、出金履歴が表示され、出金手続きが完了です。

尚、Zaif取引所の場合、TXに記載のアドレスをクリックすると、トランザクション情報が確認できます。

 

KuCoinで入金の確認

KuCoinで入金を確認します。

画面上のメニュー「設定」をクリックして下さい。

入金反映後、設定画面の総資産と円貨換算額に表示されます。

※今回は入金完了まで50分程度かかりました。混雑状況で時間は変わります。

 

または、画面上のメニュー「資産」をクリック後、左のメニューの「入金」をクリックします。

 

画面下のデポジット記録に、入金履歴が表示されます。

尚、ブロックチェーンの記録をクリックすると、トランザクション情報を確認できます。

 

トランザクション情報は、図のように表示されます。

 



KuCoin(クーコイン)の取引画面の見方

KuCoinの取引画面の見方を説明します。

画面上のメニュー「マーケット」をクリックし、基軸通貨の「ETH」を選択後、対象の通貨(例えばKCS/ETHの部分)をクリックします。

 

取引画面が表示されます。

売買を行うには、認証コードの入力が必要です。

 

認証コード入力後、図のように表示されます。

 

売買板の見方は、図のように上の赤色の部分が売り注文で、下の緑色の部分が買い注文になります。

 

KuCoin(クーコイン)の取引方法(仮想通貨の買い方)

KuCoinでの仮想通貨の購入方法を説明します。

例として、今回は2KCSを購入してみます。

 

売買メニューで、1KCSの価格と数量を入力し、「買収」をクリックします。

今回は1KCS=0.008225ETHで、数量が「2.0000」の買い注文を出しました。

 

注文後、取引成立までは画面中央下の「アクティブ注文」に注文履歴が表示されます。

 

取引成立後、「基本注文」をクリックして取引履歴を確認できます。

 



KuCoin(クーコイン)の出金方法

KuCoinから仮想通貨を出金するには、画面上のメニュー「資産」をクリックし、保有資産の右にある「出金」をクリックします。(図ではイーサリアムを例とする)

 

出金画面が表示されるので、送金先のアドレス、数量、二段階認証コードを入力後、「確認する」をクリックして出金できます。

※出金画面では最低出金額や出金手数料を確認できます。

 

尚、購入した仮想通貨を取引所に預けておくのはリスクが高いです。

購入後は必ず専用のウォレットに送金し、厳重に自己管理することをおすすめします。

 

  •  関連記事

ハードウェアウォレットのおすすめは?特徴や買い方まとめ

2018.01.30

 

最後に

 

今回はKuCoin(クーコイン)について解説しました。

KuCoinは日本語化されているため、日本人でも使いやすい海外の仮想通貨取引所です。

特に独自通貨のKucoin Shares(KCS)や、NEO系ICOの購入におすすめです。

 

🔻KuCoinをぜひ利用してみて下さいね。🔻

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SEでリスクを取って勢いで会社を辞め、人生をコンテンツにしてみたプロブロガー1年目です。私にしか書けない記事で、様々な価値を提供します!









人生をコンテンツにしたブログ

ブロガー人生の結果を、このブログで示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です