パブジー(PUBG)におすすめのスペックとゲーミングPC


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はバトルロイヤルゲームが流行っていますよね。

そのきっかけとなったのは、パブジー(PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDSを略してPUBG)でしょう。

eスポーツとしても盛り上がってきているので、これからプレイする人もさらに増えて行くのではないでしょうか。

そんなパブジーはPC版でプレイするのが一般的なので、「パブジーのためにゲーミングPCが欲しい!」という人もいると思うんです。

そこでこの記事では、パブジーにおすすめのスペックとゲーミングPCについて解説します。

 



パブジー(PUBG)におすすめのスペック

パーツ/価格帯低価格帯中価格帯高価格帯最高スペック
CPUCore i5-8400以上Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700K
メモリ16GB16GB32GB32GB
GPUGeForce GTX 1060 3GBGeForce GTX 1060 6GBGeForce GTX 1080TiGeForce GTX 1080Ti SLI
こんな人向けとにかく安さ重視コストパフォーマンス重視高画質で快適な動作を求めるプロゲーマー向け

 

価格帯別におすすめのスペックは上記の通りです。

パブジーはPCの要求スペックが少し高いので、できる限り中価格帯以上のゲーミングPCがおすすめですが、低価格帯のPCでもゲームのグラフィックすを低めに調整すれば、プレイの快適性は変わりません。

尚、もしYouTubeなどでゲーム配信も同時に行うなら、メモリは32GB以上にカスタマイズするのがおすすめです。

 

パブジー(PUBG)の最低動作スペックと推薦動作スペック

パーツ/スペック最低動作スペック推薦動作スペック
OSWindows7、8.1、10(64bit)Windows7、8.1、10(64bit)
CPU【Intel】:Core i5-4430

【AMD】:FX-6300

【Intel】:Core i5-6600K

【AMD】:Ryzen 5 1600

メモリ8GB RAM16GB RAM
GPU【NVIDIA】:GeForce GTX 960 2GB

【AMD】:Radeon R7 370 2GB

【NVIDIA】:GeForce GTX 1060 3GB

【AMD】:Radeon RX 580 4GB

ストレージ30GB30GB
DirectXVersion 11Version 11
インターネット接続ブロードバンド環境ブロードバンド環境

 

上記はSteamで公開しているパブジーの最低動作スペックと推薦動作スペックです。

注目点として、最低動作スペックのメモリが8GBなので、メモリは16GB以上にカスタマイズするのがおすすめです。

※最低動作スペックは最低限の動作に必要なスペックであり、快適な動作を表すものではありません。

 

CPU性能一覧

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

CPUのメーカーはIntelとAMDがありますが、ゲーム用途なら何も考えずIntel製のCPUがおすすめです。

パブジーの推薦動作スペックを見ると、現在最新の第8世代のCPU「Intel Core i5-8400」以上なら快適に動作します。

第8世代のCore i5からコア数が4から6になったため、旧世代のCPUより大幅にコストパフォーマンスが向上しているのが特徴です。

 

GPU性能一覧

GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

GPUのメーカーはNVIDIAとAMDがありますが、ゲーム用途なら何も考えずNVIDIA製のGPUがおすすめです。

パブジーの推薦動作スペックを見るとGPUGeForce GTX 1060 3GB以上なら快適に動作します。

尚、GPU「GeForce GTX 1060 3GB」は2018年現在最もコストパフォーマンス高いのが特徴でおすすめのGPUです。

ゲーム用途であればGPUは出来るだけ性能が高いものを選ぶべきですが、その分価格が上がりコストパフォーマンスが悪くなるので注意しましょう。

 



パブジー(PUBG)におすすめのゲーミングPC

低下価格帯ならG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」

低価格帯ならG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cがおすすめ!

関連記事:【2018年最新PCケース】10万円台のゲーミングPCならG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」がおすすめ!

このPCは昨年度の価格.COMプロダクトアワードの金賞受賞モデルの後継機であり、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

初期構成でメモリが8GBなので、カスタマイズで16GB以上にしましょう。その場合は、121,600円(税別)で購入可能です。

 

🔻公式サイトはこちら🔻

 

中価格帯ならドスパラ「GALLERIA XT」

中価格帯ならドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめ!

関連記事:【2018年】GeForce GTX1060 6GBのゲーミングPCならドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめ!

無料アップグレード中ならCPU「Intel Core i7-8700K」、ストレージ「SSD640GB」搭載でコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

初期構成でメモリが8GBなので、カスタマイズで16GB以上にしましょう。その場合は、152,680円(税別)で購入可能です。

 

🔻公式サイトはこちら🔻

 

高価格帯ならG-Tune「NEXTGEAR i680PA1-SP」

高価格帯ならG-Tune「NEXTGEAR i680PA1-SP」がおすすめ!

関連記事:【2018年最新PCケース】20万円台のゲーミングPCならG-Tune「NEXTGEAR i680PA1-SP」がおすすめ!

初期構成ではSSD無しの構成でちょっと残念な感じですが、メモリを「32GB」、ストレージを「SSD240GB以上」にカスタマイズすれば完璧な構成になります。

その場合は、239,400円(税別)で購入可能です。

 

🔻公式サイトはこちら🔻

 

最高スペックならドスパラ「GALLERIA ZZ-SLI」

最高スペックならドスパラ「GALLERIA ZZ-SLI」がおすすめ!

関連記事:【2018年】最高スペックのゲーミングPCならドスパラ「GALLERIA ZZ-SLI」がおすすめ!

今ゲーミングPCで最もおすすめのCPU「Intel Core i7-8700K」、最もいいGPU「GeForce GTX 1080Ti」2枚、メモリ「16GB」、ストレージ「SSD640GB + HDD3TB」という贅沢構成です。

※CPUは上位のCore i7-8086Kもありますが、これは40周年記念モデルでちょっとだけ性能が良いだけで価格が高いので、ゲーミングPC用途には不要です。

初期構成でメモリが16GBなので、カスタマイズで32GB以上にしましょう。その場合は、424,580円(税別)で購入可能です。

 

🔻公式サイトはこちら🔻

 

最後に

 

今回はパブジーにおすすめのスペックとゲーミングPCについて解説しました。

パブジーはPCの要求スペックが少し高いので、低価格帯の場合でもメモリは16GB以上にするのがおすすめです。

パブジーはeスポーツとしても盛り上がっているので、ガチプレイを求める方は出来るだけ性能が高いゲーミングPCを購入しましょう。

今回ご紹介したゲーミングPCは、他のPCゲームのプレイにもおすすめなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!









人生をコンテンツにしたブログ

ブロガー人生の結果を、このブログで示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です