バトルフィールド5(Battlefield V)におすすめのスペックとゲーミングPC


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

バトルフィールド5の発売日が2018年10月19日に決まりましたね。

対応プラットフォームとしてはXbox OneやPlayStation4もありますが、PC版でプレイしたい人も多いんじゃないでしょうか。

 

「バトルフィールド5ならどんなゲーミングPCがおすすめなの?」

 

と、悩んでいる人も多いと思うんです。

そこでこの記事では、バトルフィールド5におすすめのスペックとゲーミングPCについて解説します。

 



バトルフィールド5(Battlefield V)におすすめのスペックとゲーミングPCは?

 NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CGALLERIA XTGALLERIA XVGALLERIA XFGALLERIA ZG i7-9700KGALLERIA ZZ i9-9900K
価格帯約12万円約15万円約18万円約20万円約25万円約34万円
CPUCore i5-8500Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-9700KCore i9-9900K
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB16GB
GPUGTX1060 3GBGTX1060 6GBGTX1070TiRTX2070RTX2080RTX2080Ti
ストレージSSD 240GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 3TBSSD 500GB + HDD 3TB
カスタマイズメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GB--
こんな人向け安さ重視コスパ重視2018年の売れ筋構成RTX2070搭載のミドルレンジ構成第9世代CPU搭載のハイスペック構成プロ仕様

※価格帯については、カスタマイズを含む価格です。

 

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」

関連記事:10万円台前半でコスパ重視!ゲーミングPCはG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XT」

関連記事:予算は約15万円でGTX1060 6GB搭載!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XT」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XV」

関連記事:20万円以下で人気No1!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XV」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XF」

関連記事:RTX2070搭載!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XF」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA ZG i7-9700K」

関連記事:第9世代CPUで20万円台のハイスペック!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA ZG i7-9700K」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA ZZ i9-9900K」

関連記事:i9-9900KとRTX2080Tiの最高スペック!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA ZZ i9-9900K」がおすすめ!

 



バトルフィールド5(Battlefield V)の必要動作スペックと推薦動作スペックは?

パース/スペック必要動作スペック推薦動作スペック
OSWindows 7、8.1、10Windows 10
CPU
  • Intel Core i5-6600K
  • AMD FX-8350
  • Intel Core i7-4790または同等の性能
  • AMD Ryzen 3 1300X
メモリ8GB以上12GB以上
GPU
  • NVIDIA GeForce GTX1050 / GTX660 2GB
  • AMD Radeon HD7850 2GB
  • NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
  • AMD Radeon RX480 4GB
ストレージ50GB以上50GB以上

 

上記はクローズドアルファテストで発表された必要動作スペックと推薦スペックです。

注目点として、必要動作スペックのメモリが8GBなので、メモリは16GB以上にすべきでしょう。

※製品版では異なる可能性があり、必要スペックとは最低限必要なスペックのことで快適な動作を示すものではありません。

 

CPU性能一覧

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

ゲーム用途なら何も考えずIntel製のCPUがおすすめで、現在最新の第8世代のCPU「Intel Core i5-8400」以上なら快適に動作します。

2018年最新の第9世代CPUについては、i7-8700Kと比べるとi7-9700Kが約3%、i9-9700Kが約44%性能アップしています。

 

GPU性能一覧

GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

ゲーム用途なら何も考えずNVIDIA製のGPUがおすすめで、GPU「GeForce GTX 1060 3GB」以上なら快適に動作します。

2018年最新GPUについては、GTX1080Tiと比べるとRTX2080が約5%、RTX2080Tiが約20%性能アップしています。

尚、ゲーム用途ならGPUはできるだけ性能が高いものを選ぶべきですが、その分価格が上がってコストパフォーマンスが悪くなるので注意が必要です。

 

バトルフィールド5(Battlefield V)でおすすめのゲーミングPCまとめ

 NEXTGEAR-MICRO im610SA1-CGALLERIA XTGALLERIA XVGALLERIA XFGALLERIA ZG i7-9700KGALLERIA ZZ i9-9900K
価格帯約12万円約15万円約18万円約20万円約25万円約34万円
CPUCore i5-8500Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-9700KCore i9-9900K
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB16GB
GPUGTX1060 3GBGTX1060 6GBGTX1070TiRTX2070RTX2080RTX2080Ti
ストレージSSD 240GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 3TBSSD 500GB + HDD 3TB
カスタマイズメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GB--
こんな人向け安さ重視コスパ重視2018年の売れ筋構成RTX2070搭載のミドルレンジ構成第9世代CPU搭載のハイスペック構成プロ仕様

※価格帯については、カスタマイズを含む価格です。

バトルフィールド5のためにゲーミングPCを購入するなら、推薦動作スペックの通りメモリは16GB以上にするのがおすすめです。

 

最後に

 

今回はバトルフィールド5におすすめのスペックとゲーミングPCについて解説しました。

バトルフィールドシリーズといえば、PCスペックが要求されることで有名なので、これを機に買い替えを検討するのもいいと思いますよ。

特にFPSゲームはPCでプレイした方が快適なので、今回ご紹介したゲーミングPCをぜひチェックしてみて下さいね。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


好きなことで生きるために

自分の好きなことや、得意なことを仕事にして、
生きていく方法をこのブログで示します。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です