予算は約11万円!PUBGにおすすめのゲーミングPCについて解説


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

2018年はPUBG(PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS)のような、誰でも楽しめるバトルロイヤルゲームが流行りましたよね。

そんなPUBGを快適にプレイするにはゲーミングPCが必要ですが、「できるだけ安くておすすめのゲーミングPCはないかな?」という人も多いのではないでしょうか。

ゲーミングPCは安くても約10万円前後、高くて30万円以上と価格幅が大きく、安くておすすめのゲーミングPCを探すのは大変ですよね。

そこでこの記事では、予算約11万円を目安にPUBGにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

 



予算約11万円でPUBGにおすすめのゲーミングPCは?

2018年まで2019年
CPUIntel Core i5-8400Intel Core i5-9400F
メモリ16GB以上16GB以上
GPUGeForce GTX1060 3GBGeForce GTX1660
ストレージSSD搭載SSD搭載

 

予算約11万円を目安にした場合、PUBGにおすすめのゲーミングPCのスペックとしては上記の通りです。

2018年までは上記左のスペックがおすすめでしたが、2019年には最新CPUやGPUが発売されたため上記右のスペックがおすすめです。

具体的には、ドスパラ「GALLERIA DT」がおすすめのゲーミングPCになります。

 

ドスパラ「GALLERIA DT」とは?

スペック

  •  CPU「Intel Core i5-9400F」
  •  メモリ「8GB」
  •  GPU「GeForce GTX1660Ti」
  •  ストレージ「SSD 240GB + HDD 1TB」
  •  価格帯「約11万円〜」

 

ドスパラ「GALLERIA DT」は、第8世代CPUでコスパ最強だった「Intel Core i5-8400」の後継モデルである第9世代CPU「Intel Core i5-9400F」に加え、2019年最新GPUのGTX16シリーズである「GeForce GTX1660Ti」を搭載し、安さやコスパ重視の人に最適です。

ただし、初期構成ではメモリが8GBのため、PUBGをプレイするならメモリを16GBにカスタマイズ推薦です。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック! /

 

関連記事👇

【2019年】安い・コスパ重視のゲーミングPC!ドスパラ「GALLERIA DT」がおすすめ!

2019年1月31日

 

各メーカーのセールも狙い目!

そのほか、各メーカー毎にセールを行なっている時期もあるため、ドスパラでセール時期かチェックするのもおすすめです。

セール品狙いなら、フロンティア(FRONTIER)の台数限定のセール品が安くてお得だったりするため、安さやコスパ重視なら一度チェックしてみて下さいね。

 

関連記事👇

安さ・コスパ重視ならセール限定品を狙え!ゲーミングPCはフロンティア(FRONTIER)がおすすめ!

2019年1月14日

 

PUBGにドスパラ「GALLERIA DT」がおすすめの理由は?

  •  PUBGの推薦動作スペックを満たすスペック
  •  CPUとGPUのコストパフォーマンスが高い
  •  SSD搭載で容量も十分

 

PUBGの推薦動作スペックを満たすスペック

パーツ/スペック最低動作スペック推薦動作スペック
OSWindows 7、8.1、10(64bit)Windows 7、8.1、10(64bit)
CPU
  • Intel Core i5-4430
  • AMD FX-6300
  • Intel Core i5-6600K
  • AMD Ryzen 5 1600
メモリ8GB以上16GB以上
GPU
  • NVIDIA GeForce GTX960 2GB
  • AMD Radeon R7 370 2GB
  • NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
  • AMD Radeon RX580 4GB
ストレージ30GB以上30GB以上

 

上記はSteamで公開しているPUBGの最低動作スペックと推薦動作スペックで、ドスパラ「GALLERIA DT」ならメモリを除いて推薦動作スペックを満たします。

※最低動作スペックは最低限の動作に必要なスペックであり、快適な動作を表すものではありません。

 

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

ゲーム用途なら何も考えずIntel製のCPUがおすすめで、第8世代のCPU「Intel Core i5-8400」以上なら快適に動作します。

 

第9世代CPU「Intel Core i5-9400F」の性能としては、第8世代CPU「Intel Core i5-8400」よりもちょっとだけアップしている程度で、ほぼ同等のスペックです。

 

GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

ゲーム用途なら何も考えずNVIDIA製のGPUがおすすめで、GPU「GeForce GTX 1060 3GB」以上なら快適に動作します。

 

最新GPUの「GeForce GTX1660Ti」の性能としては、旧世代の「GeForce GTX1070」に置き換えられる性能となっています。

 

CPUとGPUのコストパフォーマンスが高い

CPU「Intel Core i5-9400F」はコストパフォーマンスが高く、2019年の売れ筋CPUになりそうです。

 

また、GPUの「GeForce GTX1660Ti」についても、旧世代で同等スペックの「GeForce GTX1070」に比べてコストパフォーマンスが向上しています。

 

SSD搭載で容量も十分

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があります。

初期構成でストレージ「SSD 240GB + HDD 1TB(=1,024GB)」であり、低価格帯のPCでありながら静音性やデータ読み込み速度が速くて快適なSSDも搭載し、容量も十分です。

 



ドスパラ「GALLERIA DT」はこんな人におすすめ!

  •  最新PCゲームもプレイ可能なゲーミングPCが欲しい
  •  予算は約11万円前後で、コストパフォーマンスを最重視
  •  ストレージはSSD搭載がよい

 

最後に

 

今回はPUBGにおすすめのゲーミングPCをご紹介しました。

予算約11万円でPUBGにおすすめのゲーミングPCなら、ドスパラ「GALLERIA DT」がおすすめですよ!

低価格帯のゲーミングPCを探している方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です