予算は約10万円!PUBGにおすすめのゲーミングPCについて解説


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

 

「PCゲームをやりたいけど、どういったPCを買えばいいんだろう?」

「PUBGやるのに安くていいPCないかな?」

 

って方、結構多いんじゃないでしょうか。

ゲーミングPCの価格帯としては、安くて約10万円〜、高くて30万前後と幅が大きいので、どれを買えばいいか迷ってしまいますよね。

 

予算を気にしなければ、高いPCを買っておけば良いですが、できる限り安くて良いPCが欲しい場合は選ぶのが大変です。

そこでこの記事では、約10万円の価格帯でPUBGをプレイするのに必要なPCについて解説します。

 



PUBGとは?

 

PUBGとは、正式名称「PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS」(プレイヤーアンノウンズバトルグラウンズ)というPCゲームです。

 

孤島で最大100名のプレイヤーが、様々な武器や知恵を使い、最後の一人として生き残るまで戦うバトルロイヤルゲームになります。

 

プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置された武器やアイテムを駆使し、最後の一人になるために命をかけた緊張感あふれる戦いを行います。

 

PUBGのプレイに必要な最低スペックは?

 

PUBGが動作する最低スペックは以下の通りです。

OS64-bit Windows 7, Windows 8.1, Windows 10
CPUIntel Core i3-4340 / AMD FX-6300
メモリ6 GB RAM
ビデオカードnVidia GeForce GTX 660 2GB / AMD Radeon HD 7850 2GB
DirectXVersion 11
HDD容量30 GB 利用可能
インターネット設備ブロードバンドインターネット接続

 

この最低スペックは、PUBGが動作するのに必要なスペックであり、快適にプレイするためのスペックではないので注意して下さい。

 

PUBGのプレイに必要な推薦スペックは?

 

PUBGのプレイに必要な推薦スペックについて、正式には発表されていません。

ただし、ゲーム側の設定を下げたうえで、以下のスペックを満たせば快適にプレイ可能です。

CPUIntel Core i5 (4コア)以上
メモリ8 GB RAM 以上
ビデオカードGeForce GTX1060 3GB 以上

 

尚、ゲーミングPCの場合は、CPUはIntel、ビデオカードはGeForceを選ぶのが一般的なので、間違えなようにしましょう。

また、OSやゲームを保存するストレージについて、安いPCだとHDDが一般的ですが、可能な限りSSDを選んだ方が、読み込みが早くなるので快適になります。

 



自作PC用のおすすめパーツは?

 

PUBGのプレイに必要な推薦スペックを押さえた上で、自作PCに必要なオススメパーツについて解説します。

 

CPU

 

CPUの選択肢としては、以下の4点です。

  •  Intel Core i5-7600K
  •  Intel Core i5-7600
  •  Intel Core i5-7500
  •  Intel Core i5-7400

 

K付きのものはオーバークロックが可能な玄人向けなので、K付き以外から選びます。

その中で、いずれも性能はあまり差がないので、最も価格が安い「Intel Core i5-7400」を選ぶとよいでしょう。

尚、「Intel Core i5-7400」の価格は約21000円です。

 

メモリ

 

メモリは1枚で8Gのもの選んでおけばなんでもよいです。

自作PCの場合は後から追加が可能なので、メモリ不足に悩んだら8Gをもう一枚追加して16Gにするとよいです。

尚、1枚で8Gのメモリの価格は約9000円です。

 

ビデオカード

 

ビデオカードは、GeForce GTX1060ですが、内臓メモリが3Gの廉価版と6Gの2種類存在します。

もちろん6Gの方が良いですが、コストパフォーマンスを考えると3Gで問題ないでしょう。

最も安いのは、PCパーツショップのドスパラで販売している、Palti製のビデオカード「NE51060015F9-1061F(Geforce GTX1060 3G StormX)」が約21000円となります。

 

SSD

 

今は価格が安くなってきたので、HDDよりSSDを選びましょう。

容量によって価格が異なりますが、ゲーム用途だけなら200GB以上あれば問題ないでしょう。

SANDISK製の「SSD PLUS SDSSDA-240G-J26」が、容量240GBで約9700円でコストパフォーマンスがよくてオススメです。

 

その他のパーツについて

 

自作PCの場合、上記の他に以下のパーツが必要です。

  •  マザーボード
  •  電源
  •  ケース
  •  OS

 

これらはお好みで選択することになりますが、マザーボードはASUS製のH270シリーズ、電源は500W以上のBronz、OSはWindows 10 HomeのUSBタイプを選んでおけば良いです。

価格としては、マザーボードが約13000円、電源が約6000円、OSが約16000円、ケースが約4000で購入することが可能です。

 

これまでご紹介したパーツの金額をまとめると、約10万円になります!

 



BTOならどのPCを選べばいいの?

 

これまでPCパーツをご紹介してきましたが、自作PCは知識がいるのでちょっと難しいですよね。

そんな方は、BTO(受注生産)のPCメーカーで購入するのが一般的になってきたかと思います。

例えば、私が応援しているプロゲーマーのかずのこ選手がスポンサードを受けているG-Tuneさんの場合、以下のモデルが該当します。

 

マイクロタワー型、GeForce® GTX 1060 & ツインストレージ搭載ミドルクラスモデルの「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」

 

価格は税別で109800円で、ゲーミングPCとしては10万円の価格帯で、安くてオススメなので是非チェックしてみて下さい。

 

気づいたら、おすすめしていたPCがプロダクトアワードで金賞を受賞していましたよ!

 

PUBGのグラフィック設定について

 

PCスペックが高くない場合は、図のようにPUBGのグラフィックの設定を「非常に低い」に設定するのがオススメです。

グラフィックの設定を下げることにより、高いフレームレート(動画を構成する個々の静止画の、1秒間当たりの連続表示回数を表す)を維持することが可能になります。

高いフレームレートを維持した方が快適にプレイできるため、高いスペックのPCを使っている人も、グラフィックの設定を下げてプレイすることが多いです。

 

最後に

 

今回はゲーミングPCについてご紹介しました。

予算が約10万円の価格帯のPCが欲しい場合は参考にしてみて下さい。

また、もうちょっと予算があるよって方は、まずはビデオカードをアップグレードしましょう。

 

ゲームの場合は、ビデオカードが最も重要になります。

 

予算に応じて、GeForce GTX1070や1080を選んで下さい!

 

 

PCを買うならG-Tuneがおすすめ


G-Tuneは自作PCと同等の価格でPCの購入ができます。
PCの種類も豊富で、用途や価格に応じてPCを選択可能です!

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です