Define R6とデュアル水冷で静音化!ゲーミングPCはサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近は水冷仕様のパソコンも増えてきましたが、CPUとGPUのデュアル水冷で静音化を図ったゲーミングPCもありますよ。

 

それは、サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」です!

 

この記事では、そんなサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」について解説します。

尚、今すぐサイコムのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → BTOパソコンのサイコム

 



サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」とは?

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」は、BTOパソコン製造メーカーである株式会社サイコムのゲーミングPCです。

初期構成がCPU「Intel Core i5-9600K」、メモリ「8GB」、GPU「GeForce RTX2070」、ストレージ「M.2 SSD 512GB」で、約23万円(税込)から購入可能です。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」の特徴は?

  •  CPUとGPUをデュアル水冷で静音化
  •  デザイン性や静音性に優れたPCケース
  •  ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載
  •  80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

 

CPUとGPUをデュアル水冷で静音化

最大の特徴としては、ASETEK製ビデオカード水冷ユニット「740GN」をサイコム独自でGPUに組み込んでおり、GPUの冷却性能が高いです。

そしてラジエーターの冷却には定番のEnermax製静音12cmファンを搭載し、静音性にもこだわっています。

 

さらに、CPUクーラーにもASETEK製高性能水冷ユニット「550LC」を標準搭載し、空冷よりも強力に冷却可能です。

 

デザイン性や静音性に優れたPCケース

PCケースにはFractal Design製の「Define R6」を採用し、流行に左右されないエレガントなスカンジナビアデザインと、冷却性や静音性が高いのが特徴です。

標準ケースはクリアガラスサイドパネル仕様のブラックですが、ホワイト(クリアサイドパネルあり/なし)も選択できます。

 

ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があります。

ストレージにはM.2 SSDの「ADATA XPG SX8200 Pro」を標準搭載し、冷却用のXPGヒートシンクが付属しているのが特徴です。

M.2 SSDは、通常のSSDよりもデータ転送速度が早いのが特徴で、容量も十分です。

 

80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

電源はPCの「心臓部」と例えられますが、SilverStone製フルモジュラー式80Plus GOLD認証750W電源「SST-ST75F-GS V2」を標準搭載し、トータルバランスに優れ高品質なのが特徴です。

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」のおすすめスペックや構成は?

初期構成売れ筋構成ハイスペック構成
CPUCore i5-9600KCore i7-9700KCore i9-9900K
メモリ8GB16GB32GB
ストレージM.2 SSD512GBM.2 SSD512GBM.2 SSD512GB
GPURTX2070RTX2070RTX2080Ti
価格帯約23万円約26万円約41万円

 

おすすめ構成としては上記の売れ筋構成やハイスペック構成で、CPUは「Core i7-9700K」や「Core i9-9900K」、GPUは「RTX2080」、「RTX2080Ti」が選択可能です。

また、サイコムは選べるパーツ数が豊富なのが特徴で、ゲーミング用のマザーボードを選択したり、拡張カードとしてサウンドカードの追加も可能です。

例えばマザーボードに「ASRock Z390 Taichi」を選べば内蔵の無線LANやBluetoothを使用でき、拡張カードにはサウンドカードも選択可能です。

 



サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」はこんな人におすすめ!

  •  デュアル水冷のゲーミングPCを試したい
  •  マザーボードやサウンドカードを選択したい
  •  価格は高くても問題ない

 

最後に

今回はサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」について解説しました。

価格が高めでコストパフォーマンスは悪いですが、デュアル水冷のゲーミングPCを試したいなら、サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z390 II」はいかがでしょうか。

マザーボードやサウンドカードも選択可能なので、カスタマイズも合わせて検討するのがいいでしょう。

ゲーミングPCのパーツを自分で選びたい方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です