ASUS AURA SYNCフル対応のデザイン重視!ゲーミングPCはサイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はゲーミングPCの需要が増え、様々なPCが販売されていますが、「性能だけじゃなく、見た目にもこだわりたい!」という人もいますよね。

 

そんな人は、サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなサイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」について解説します。

尚、今すぐサイコムのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → BTOパソコンのサイコム

 



ASUS AURA SYNCフル対応のデザイン重視!ゲーミングPCはサイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」がおすすめ!

スペック

価格帯約27.7万円
CPUIntel Core i7-9700K
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070
ストレージM.2 SSD 512GB

サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」は、BTOパソコン製造メーカーである「BTOパソコンのサイコム」のゲーミングPCです。

初期構成では第9世代CPUのi7シリーズ、RTXシリーズのミドルレンジGPUを搭載し、メモリやストレージ容量も完璧な売れ筋構成なのが特徴です。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」のおすすめポイントは?

  •  ASUS AURA SYNCにフル対応
  •  強化ガラスパネル採用のPCケース
  •  第9世代のミドルレンジCPU「Intel Core i7-9700K」搭載
  •  RTXシリーズのミドルレンジのGPU「GeForce RTX2070」搭載
  •  メモリ容量も完璧
  •  ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載
  •  80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

 

ASUS AURA SYNCにフル対応

最大の特徴はASUSの「AURA SYNC」にフル対応している点で、対応する全てのデバイスのLEDを同期制御することができます。

マザーボード、グラフィックスカード、システムファン、ケース内部のLEDストリップなどの対応製品のLEDを1つのソフトウェアで同期して制御し、同期させたデバイス間で流れるような美しい光の演出を行うことも可能です。

※ただし、AURA SYNCを利用するには自分でUtilityソフトウェアのインストールが必要

 

強化ガラスパネル採用のPCケース

PCケースにはIn Winの「303」を採用し、サイコム独自でAURA SYNC対応のRGB機能を搭載しています。

サイドパネルには強化ガラスを採用し、シンプルかつエレガントなのが特徴です。

 

第9世代のミドルレンジCPU「Intel Core i7-9700K」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

そんなCPU「Intel Core i7-9700K」は、第9世代のミドルレンジCPUで、第9世代からはi7シリーズでもHyper-Threading Technology非対応のため、8コア8スレッドなのが特徴です。

よりハイスペック構成にするなら、「Intel Core i9-9900K」も選べます。

※F付きモデルもありますが、違いは内臓GPUの有無であり、基本スペックは同じです。

 

RTXシリーズのミドルレンジのGPU「GeForce RTX2070」搭載

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

そんなGPU「GeForce RTX2070」は、リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応しているのが最大の特徴で、映画並みの描画がゲームでも実現します。

ただし、リアルタイムレイトレーシングやDLSSは、ゲーム側が対応していないと大きな効果は得られないようなので注意が必要です。

よりハイスペック構成にするなら、「GeForce RTX2080」や「GeForce RTX2080Ti」も選べます。

 

メモリ容量も完璧

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「16GB」のため、容量不足に悩む心配はほぼないでしょう。

 

ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

ストレージには、通常のSSDよりもデータ転送速度が早い『M.2 SSD』の「ADATA XPG SX8200 Pro」を標準搭載し、冷却用のXPGヒートシンクが付属しているのが特徴です。

 

80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

電源はPCの「心臓部」と例えられますが、SilverStone製フルモジュラー式80Plus GOLD認証750W電源「SST-ST75F-GS V2」を標準搭載し、トータルバランスに優れ高品質なのが特徴です。

 



サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」のカスタマイズ例

カスタマイズ例初期構成ハイスペック構成最高スペック構成
価格帯約27.7万円約33.2万円約42.5万円
CPUCore i7-9700KCore i7-9700KCore i9-9900K
メモリ16GB16GB32GB
GPURTX2070RTX2080RTX2080Ti
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GB
カスタマイズ箇所GPUを変更CPU、メモリ、GPUを変更

カスタマイズ例は上記の通りで、CPU、メモリ、GPUなどをカスタマイズすれば、よりハイスペック構成にすることが可能です。

 

サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」はこんな人におすすめ!

  •  パーツの品質が高いゲーミングPCが欲しい
  •  ASUS AURA SYNCフル対応のゲーミングPCが欲しい
  •  性能だけじゃなく、見た目にもこだわりたい
  •  拡張カードどしてサウンドカードなども追加したい

 

最後に

今回はサイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」について解説しました。

ASUS AURA SYNCフル対応でデザイン重視のゲーミングPCなら、サイコム(Sycom)「G-Master Luminous Z390 RGB」がおすすめですよ!

こだわりのあるゲーミングPCを探している人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です