【スマブラSP】壁キック・壁張り付き可能キャラからやり方を解説!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPの大会などでは様々なステージが利用されますが、一部のステージでは「壁キック」や「壁張り付き」ができるため、知っていると崖上がりの拓を増やすことが可能です。

そこでこの記事では、そんな壁キックや壁張り付きについて解説します。

 

 



【スマブラSP】壁キック・壁張り付き可能キャラからやり方を解説!

 

例えば「カロスポケモンリーグ」といったステージなら崖が垂直になっているため、一部のキャラは「壁キック」や「壁張り付き」が可能です。

そんな壁キックや壁張り付きが可能なキャラは以下の通りです。

 

壁キックが可能なキャラ

  •  マリオ
  •  サムス
  •  ダークサムス
  •  フォックス
  •  ピカチュウ
  •  キャプテン・ファルコン
  •  Dr.マリオ
  •  ファルコ
  •  こどもリンク
  •  ミュウツー
  •  ゼロスーツサムス
  •  ソニック
  •  トゥーンリンク
  •  ウルフ
  •  むらびと
  •  ロックマン
  •  Wii Fit トレーナー
  •  リトル・マック
  •  パックマン
  •  ダックハント
  •  クラウド
  •  インクリング
  •  ジョーカー
  •  Miiファイター 格闘
  •  Miiファイター 射撃

 

壁張り付きが可能なキャラ

  •  シーク
  •  ポケモントレーナー(ゼニガメ)
  •  ディディーコング
  •  ルカリオ
  •  ゲッコウガ
  •  ベヨネッタ

 

【スマブラSP】壁キックのやり方・方法

壁キックをするには、まず崖外からジャンプなどで壁方向に向かいます。

 

壁に接触したタイミングでスティックを壁と逆方向に入力すると、エフェクトが発生して壁キックします。

 

壁キックすると、壁と反対方向にジャンプします。

 

その後、上必殺技の性能によっては、崖を掴んで上がることができるため、崖上がりのタイミングをずらすことが可能です。

※ただし、壁キックできても上必殺技で復帰できないキャラもいるので注意

 



【スマブラSP】壁張り付きのやり方・方法

壁張り付きをするには、まず崖外からジャンプなどで壁方向に向かいます。

 

壁に接触したタイミングでスティックを壁方向に入力すると、エフェクトが発生して壁張り付きします。

そして張り付いた後は「壁キック」、「ジャンプ」、「離し」をしたり、そのまま上必殺技で崖上がりができるため、崖上がりのタイミングをずらすことが可能です。

 

壁キック

壁キックするには、壁張り付きした状態でスティックを壁と反対方向に入力します。

 

壁キックし、壁の反対方向にジャンプします。

 

ジャンプ

ジャンプするには、壁張り付きした状態でジャンプボタンを入力します。

 

張り付いた場所から真上にジャンプします。

 

離し

壁張り付きを離すには、壁張り付きした状態でスティックを下方向に入力します。

 

壁張り付きを離して落下するので、上必殺技で崖を掴みに行きましょう。

 

最後に

今回は壁キックや壁張り付きについて解説しました。

大会などでステージを選ぶ際にも、壁キックや壁張り付きができるかどうかは重要なので、キャラ対策としても覚えておきましょう。

また、壁キックや壁張り付きができるキャラを使用している人は、ぜひ参考に練習してみて下さいね。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です