売れ筋スペック!ゲーミングノートPCはドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングノートPCを購入しようと検討している人も多いと思いますが、「売れ筋スペックなら、どのゲーミングノートPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人は、ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」について解説します。

尚、今すぐドスパラのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → ドスパラ

 



売れ筋スペック!ゲーミングノートPCはドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」がおすすめ!

スペック

価格帯約21万円〜
CPUIntel Core i7-9750H
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070 MAX-Q
ストレージM.2 SSD 512GB
カードリーダーSDカードリーダー(SDXC対応)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
サイズ360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)
重量約2.01kg

ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」は、パソコン専門店「ドスパラ」のゲーミングPCブランドであるガレリアシリーズのパソコンです。

第9世代でノート向けCPUのCore i7シリーズと、RTXシリーズのミドルレンジGPU「GeForce RTX2070 MAX-Q」を搭載し、性能と価格のバランスが良いのが特徴です。

最新PCゲームのグラフィック設定において、低めの設定で平均120fpsが狙えるスペックなので、売れ筋スペックのゲーミングノートPCが欲しい人に最適です。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」のおすすめポイントは?

  •  第9世代のノートPC用CPU「Intel Core i7-9750H」搭載
  •  RTXシリーズのミドルレンジのGPU「GeForce RTX2070 MAX-Q」搭載
  •  メモリやストレージ容量は十分
  •  リフレッシュレートは144Hz対応
  •  豊富な入出力端子を搭載
  •  ウェブカメラとマイクも標準搭載

 

第9世代のノートPC用CPU「Intel Core i7-9750H」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

第9世代のノートPC用CPU「Intel Core i7-9750H」は6コア12スレッドで、旧世代のi7シリーズと比べて約22%ほどマルチコア性能がアップしています。

 

RTXシリーズのミドルレンジのGPU「GeForce RTX2070 MAX-Q」搭載

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

そんなGPU「GeForce RTX2070 MAX-Q」は、リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応しているのが最大の特徴です。

リアルタイムレイトレーシングは、レイトレーシング(映画で実物そっくりの世界を描画する技術)をリアルタイムに演算する技術で、映画並みの描画がゲームでも実現します。

 

※リアルタイムレイトレーシングのデモ動画がこちら↑

 

また、DLSS(ディープラーニングスーパーサンプリング)は深層学習を利用したアンチエイリアス技法であり、今までよりも画像のシャギーを目立たなくすることが可能です。

ただし、リアルタイムレイトレーシングやDLSSは、ゲーム側が対応していないと大きな効果は得られないようなので注意が必要です。

 

また、MAX-Qが付いているノート向けGPUは、通常のGPUと比べて次の違いがあります。

  •  サイズが小型で軽量
  •  安定性を重視し、性能が少し低くなる代わりに発熱量や静音性が低い

 

尚、旧世代で売れ筋のGPU「GeForce GTX1070Ti」に比べて約14%、一つ上のGPU「GeForce GTX1080」に比べて約6%ほど性能がアップしています。

 

メモリやストレージ容量は十分

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「16GB」のため、容量不足に悩む心配はほぼないでしょう。

 

また、ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

初期構成でストレージ「M.2 SSD 512GB」であり、通常のSSDよりもデータ転送速度が速い『M.2 SSD』を搭載し、ストレージ容量も十分です。

 

リフレッシュレートは144Hz対応

一般的なノートPCの場合はリフレッシュレートが60Hzまで対応ですが、144Hzに対応していてFPSなどの動きの速いゲームに最適です。

 

リフレッシュレートが144Hzなら、60Hzに比べて2.4倍高速に映像を表示し、なめらかで美しい映像を表示可能です。

 

豊富な入出力端子を搭載

右側面にはUSB3.0 ×2、カードリーダーを搭載しています。

 

左側面には有線LANポート、USB2.0、マイク端子、ヘッドフォン端子を搭載しています。

 

背面にはmini Display port出力 ×2、HDMI出力、USB3.1 Type Cを搭載しています。

 

ウェブカメラとマイクも標準搭載

液晶ディスプレイ上部にはウェブカメラとマイクを標準搭載しているため、ビデオチャットなども楽しめます。

 



ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」はこんな人におすすめ!

  •  売れ筋スペックのゲーミングノートPCが欲しい
  •  RTXシリーズのGPUで、リアルタイムレイトレーシングやDLSSを体験したい
  •  リフレッシュレートは144Hz対応がよい
  •  最新PCゲームでも低めの設定で120fpsを狙いたい

 

最後に

 

今回はドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」について解説しました。

最新PCゲームでもグラフィックが低めの設定なら平均120fpsが狙えるスペックなので、売れ筋スペックのゲーミングノートPCを求める人におすすめですよ!

ゲーミングノートPCを探している人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です