WordPress 5.0の新エディタ「Gutenberg」から旧エディタ「Classic Editor」に戻す方法


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

WordPressのバージョン「5.0」からは、新エディタに「Gutenberg(グーテンベルク)」が採用され、今までと全く違う操作感になっています。

新エディタは便利な機能もあるようですが、使いずらいと不評なため、旧エディタに戻す人も多いようです。

この記事では、旧エディタに戻す方法をご紹介します。

 



プラグイン「Classic Editor」を有効化

旧エディタはプラグイン「Classic Editor」として提供されているため、プラグインをインストールして有効化すれば適用できます。

プライグインを追加するには、WordPressメニュー「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

 

右上の検索ボックスに「classic editor」を入力してプラグインを検索し、「今すぐインストール」をクリックしてインストール後、プラグインを有効化して下さい。

これで旧エディタを使用可能です。

 

最後に

今回はWordPress 5.0の新エディタ「Gutenberg」から旧エディタ「Classic Editor」に戻す方法をご紹介しました。

ただ残念ながら旧エディタのプラグイン「Classic Editor」のサポートは2021年までのようなので、将来的には新エディタ「Gutenberg」を使う必要があるようです。

今すぐ新エディタを使うのは辛いので、とりあえず旧エディタを使いながら、徐々に新エディタに慣れていけばいいのではないでしょうか。

 

無料公開が厳しいノウハウ部分は有料noteで数量限定販売中!👇

>> 有料note『ブログの知識と知恵』

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です