Ledger Live(レジャーライブ)の使い方!Ledger Nano S(レジャーナノエス)の新しい総合取引管理アプリがおすすめ


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

仮想通貨用ハードウェアウォレット のLedger Nano S(レジャーナノエス)に、新しいマネージャーアプリが登場しましたね。

 

その名も、Ledger Live(レジャーライブ)です!

 

これはWindows、Mac、Linux上で動作するオールインワンタイプの新しい取引管理アプリで、前管理アプリのLedger Managerでは各通貨アプリが別々になっていましたが、Ledger Liveなら1つのアプリでその機能を統合しています。

※マイイーサウォレットとの連携はまだ非対応のため、ERC20準拠のトークンを管理する場合は従来のアプリをご利用下さい。

 

この記事では、そんなLeger Liveの使い方を解説します。

 

 

  •  Ledger Nano Sの買い方を知りたい方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は正規代理店で!購入・買い方まとめ

2018.03.18

 

  •  Ledger Nano Sの使い方はを知りたい方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の使い方!初期設定からアップデートやアプリまとめ

2018.03.18

 

  •  資産運用はお済みですか?

資産運用の初心者はまずロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるべき。

2018.06.13

 



Ledger Live(レジャーライブ)のダウンロードとインストール

まずはLedger Liveのダウンロードとインストール方法について、Windows 10での利用方法を例に説明します。

Ledger Liveの対応PCは、macOS 10.9以降、Windows 10 or Linux Ubuntu 16.10以降になります。

※尚、macOS10.10以下だと起動できないことが報告されているようです。その場合は最新のOSに更新して下さい。

Ledger Liveをダウンロードするには、ハードウェアウォレットジャパンのサイトにあるLedgerアプリにアクセスし、画面下の「Ledger Live」をクリックします。

 

Ledger社の公式サイトのアプリダウンロード画面が開くので、Ledger Liveの「Download now」をクリックします。

 

ファイル「ledger-live-desctop-X.X.X-win.exe」がダウンロードされるのでクリックします。(今回は現時点で最新版のver1.0.1がダウンロードされました)

 

インストール先の選択画面が表示されるので、特に変更なければ「インストール」をクリックします。

 

「完了(F)」をクリックします。

 

Ledger Liveが起動し、ダウンロードとインストールが完了です。

 

Ledger Live(レジャーライブ)の初期設定

Ledger Liveの初期設定について説明します。

まずは「Get started」をクリックします。

 

メニュー画面が表示されるので、状況に応じてメニューを選択して下さい。

この記事では主に既に初期化済みのLedgerデバイスを使っている場合の方法について説明します。

 

新しいLedgerデバイスを初期化

新しいLedgerデバイスを初期化する場合は、「Initialize a new Ledger device」をクリックします。

 

デバイスの選択画面が表示されるので、画面の手順に従い設定して下さい。

 

Ledgerデバイスを復元

Ledgerデバイスを復元する場合は、「Restore a Ledger device」をクリックします。

 

デバイスの選択画面が表示されるので、画面の手順に従い設定して下さい。

 

既に初期化済みのLedgerデバイスを使用している場合

既に初期化済みのLedgerデバイスを使っている場合は、「Use a device that’s already initialized」をクリックします。

 

デバイスの選択画面が表示されます。

 

デバイスを選択後、画面右下の「Continue」をクリックします。

 

セキュリティチェックリストが表示されます。

 

内容を確認してチェックし、3つ目の質問の「Check now」をクリックします。

 

デバイスの正規品チェック画面が表示されるので、PCにLedgerデバイスを接続します。

 

Ledgerデバイス本体に「Allow Ledger manager ?(Ledger managerを許可しますか?)」が表示されるので、本体右のボタンを押します。

 

問題なければ「Your device is genuine」が表示されるので、画面右下の「Continue」をクリックします。

 

Ledger Liveのパスワードロック設定画面が表示されます。

設定をスキップすることも可能ですが、セキュリティのため必ず設定しましょう。

New passwordにパスワードを入力し、確認のためConfirm passwaordにも入力します。

 

パスワード入力後、画面右下の「Continue」をクリックします。

 

分析とバグレポートに関する画面が表示されるので、画面右下の「Continue」をクリックします。

※バグレポートの自動送信をしたくなければオフにすることも可能です

 

これで初期設定が完了です。「Open Ledger Live」をクリックします。

 

安全な取引についての説明が表示されるので確認し、「Got it」をクリックします。

 

これでLedger Liveを利用できます。

 



Ledger Live(レジャーライブ)の使い方

下記ではLedger Liveの次の使い方について説明します。

  •  Ledgerデバイスに通貨アプリのインストール&アンインストール
  •  Ledger Liveに通貨アカウントを追加
  •  JPYレートの適用
  •  ウォレットアドレスの確認
  •  送金する場合
  •  追加したアカウントの確認

 

Ledgerデバイスに通貨アプリのインストール&アンインストール

Ledgerデバイスへの通貨アプリのインストールやアンインストールをするには、画面左のメニュー「Manager」、またはポートフォリオ画面の「Open Manager」をクリックします。

 

Manager画面が開くので、Ledgerデバイスへの通貨アプリのインストールやアンインストールが可能です。

 

Ledger Liveに通貨アカウントを追加

Ledger Liveに通貨アカウントを追加するには、画面左のアカウント「+」、またはポートフォリオ画面の「Add accounts」をクリックします。

 

アカウント追加画面が表示されるので、値リスト「Choose a crypto asset」をクリックします。

 

追加したい通貨を選択します。

今回は例としてBitcoinを選択します。

 

Ledgerデバイスの接続画面が表示されるので、Ledgerデバイスの接続とLedgerデバイス本体の操作を行います。

 

Ledgerデバイス本体でビットコインのアプリを選択し、本体の両ボタンを同時押しします。

 

接続が完了後、「Continue」をクリックします。

 

既にアカウントがある方はADD EXISTING ACCOUNTに表示されるので、「Add account」をクリックします。

 

これでウォレットアプリの追加が完了です。「Close」をクリックします。

 

アカウント追加後、図のように表示されます。

 

JPYレートの適用

初期設定ではUSDレートが適用されていますが、JPYレートに変更できます。

設定を変更するには、画面右上の「歯車マーク」をクリックします。

 

Countervalue(対価)とRate provider(レート提供者)を変更します。

 

Countervalueを「Japanese yen – JPY(¥)」に変更し、お好みのRate providerを選択します。

今回はZaifを選択しました。

 

ポートフォリオ画面に戻ると、JPYレートが適用されます。

 

ウォレットアドレスの確認

ウォレットのアドレスを確認する場合は、画面左の「Receive」をクリックします。

 

アカウントを選択し、「Continue」をクリックします。

 

Ledgerデバイスの接続画面が表示されるので、Ledgerデバイスの接続とLedgerデバイス本体の操作を行います。

 

接続完了後、Ledgerデバイスに表示されるアドレスと、PC画面に表示されるアドレスを確認するよう表示されるので、「Verify」をクリックします。

 

画面とLedgerデバイス本体にアドレスが表示されるので確認します。

 

確認後、問題なければLedgerデバイス本体右のボタンを押して下さい。

 

これでアドレス確認は完了です。

アドレスをコピーしたい場合は「COPY ADDRESS」をクリックしましょう。

画面を閉じる場合は右上の「×」をクリックします。

 

送金する場合

送金したい場合は、画面左の「Send」をクリックします。

 

アカウントを選択し、アドレスと金額を入力後、画面右下の「Continue」をクリックして処理を進めて下さい。

 

追加したアカウントの確認

ポートフォリオ画面には、追加したアカウントの合計金額がリアルタイムで表示されます。

追加した個別のアカウントについて確認するには、画面左のACCOUNTにある対象アカウントをクリックします。

 

例えばBitcoinの場合は、図のように表示されます。

 



最後に

 

今回はLedger Live(レジャーライブ)の使い方について解説しました。

今回は解説していませんが、Ledger LiveからLedgerデバイスの初期化や復元も行えるようなので、これからLedgerデバイスを使う方はまずこのアプリをインストールすれば良さそうです。

 

UIもシンプルで使いやすく、レートもリアルタイム表示なのもいいですね。

 

Ledgerデバイスをお使いの方は、ぜひ一度使ってみて下さいね。

 

 

  •  Ledger Nano Sの買い方を知りたい方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)は正規代理店で!購入・買い方まとめ

2018.03.18

 

  •  Ledger Nano Sの使い方はを知りたい方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の使い方!初期設定からアップデートやアプリまとめ

2018.03.18

 

  •  資産運用はお済みですか?

資産運用の初心者はまずロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるべき。

2018.06.13

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!









人生をコンテンツにしたブログ

ブロガー人生の結果を、このブログで示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です