仮想通貨とは?初心者向けに仕組み・種類・取引所について解説


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

みなさん、最近話題の仮想通貨は知っていますか??

以前テレビや新聞などでマウントゴックス事件が報道されたのも有名ですよね。

 

その影響もあり、「仮想通貨ってなんか怪しい」という印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。

ただ、最近ではビットコインの価格上昇など、また仮想通貨が話題になっていますよね。

 

仮想通貨って別に怪しいものではなく、そこで使われているブロックチェーン技術はとても素晴らしいものなんですよ!

 

きっと、数年後にはインターネットに次ぐ新しいインフラとして、生活のありとあらゆるところで普及していきます。

この記事では、そんな仮想通貨について解説します。

 



仮想通貨とは?

 

仮想通貨とは、インターネット上のみで流通し、公的金融機関を媒介しないデジタル通貨のことです。

 

つまり発行元が存在せず、『ブロックチェーン』と呼ばれる技術で、ネット上の複数のコンピュータで記録を共有・相互監視する仕組みにより管理されています。

 

 

「電子マネーと何が違うの?」

 

 

と思われる方も多いと思いますが、電子マネーは通貨を使わず決済するための仕組みであるのに対し、仮想通貨はそれ自体が通貨そのものとして使うことが出来ます。

 

代表的な仮想通貨は『ビットコイン』ですが、他にも1000種類以上の仮想通貨が存在しています。

尚、ビットコイン以外の仮想通貨を『アルトコイン』と呼びます。

 

ブロックチェーンとは?

 

ブロックチェーンとは、取引データ技術のことを指します。

そして、取引データの履歴をトランザクションと呼び、複数のトランザクションをまとめたものをブロックと言います。

 

このブロックを鎖状に繋げて保存することからブロックチェーンと呼ばれます。

 

ブロックを鎖のように繋げる際には、一つ前のブロックのハッシュ値(計算によって得られる数値)を次のブロックに含めています。

 

そのため、データの変更や改ざんが実質不可能になっています。

 

また、ブロックチェーンの情報は全ての人に公開されており、どのアドレスからどのアドレスに取引が行われたのかはすぐにわかるようになっています。

 



Bitcoin(ビットコイン)とは?

 

一般的に、よく仮想通貨のことをビットコイン(Bitcoin)と呼んでいますが、ビットコインは仮想通貨の一種です。

ビットコインの総量には上限があり、全部で2100万枚となっています。

そのうち現在1200万枚以上が発行済で、4年毎に発光量が半減し、2140年頃には上限に達する見込みです。

 

また、ビットコインの仕組みとして、一定期間ごとに全ての取引記録を整合性を取りながら取引台帳に追記します。

この追記作業には膨大な計算が必要で、有志のコンピュータリソースを借りて行なっています。

 

そのため、この作業(専用アプリケーションを用いた分散処理)を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されることの報酬として、ビットコインが支払われます。

 

このビットコインが得られる仕組みを、金の採掘に例えられ『ビットコインマイニング』と呼びます。

 

アルトコインについて

 

Bitcoinには、総量に上限があることや、マイニングが困難で競争が激しいという欠点があります。

その欠点をカバーするため、より機能性の高い新たなコインが作られることになりました。

 

それらを”ビットコインの代わりとなるコイン”を指し、アルトコインと呼びます。

 

アルトコインは種類が多いので、代表的なものをいくつかご紹介します。

 

Ethereum(イーサリアム)

 

Ethereum(イーサリアム)は、ビットコインに次ぐ時価総額2位のアルトコインです。

厳密には、非中央集権・分散型アプリケーション(DApps)やスマート・コントラクトを構築するプラットフォームの名称および関連するプロジェクトの総称です。

 

その特徴は、スマート・コントラクトが利用できることで、取引データに加え契約(約束事)情報も一緒に記録できます。

 

スマート・コントラクトを利用することで、人が行ってきた取引や契約を改ざん不可能なかたちで自律的に行うことができます。

 

  •  関連記事

Ethereum(イーサリアム)とは?特徴や将来性まとめ

2018.01.06

 

Ripple(リップル)

 

Ripple(リップル)は、時価総額3位のアルトコインです。

厳密には、分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムで、外国為替・送金ネットワークのことです。

 

その特徴は、Rippleが提供するネイティブ通貨のXRP(エックスアールピー)を使い、外国為替の送金を簡単に低コストで行うことができます。

 

イメージとしては、米ドルや日本円などを直接送金するのではなく、一旦Ripple(XRP)を経由して送金してしまおうということです。

 

  •  関連記事

Ripple(リップル)とは?特徴や将来性についてまとめ

2017.12.28

 

NEM(ネム)

 

NEM(ネム)は「New Economy Movement」の略で、平等な分散型プラットフォームとして、新しい経済圏の創出を目標とした仮想通貨プロジェクトです。

 

その大きな特徴は、PoI(Proof of Importance)という独自のアルゴリズムと、セキュリティ重視のネットワークです。

 

ビットコインマイニングでは計算能力がある人が優先して恩恵を得られますが、NEMはそれを防ぐ仕組みとなっています。

つまり、純粋にNEMを沢山利用している人が優先して恩恵を受けられる仕組みになっています。

 

また、発行されているコインの全てが投資家に分配されており、Bitcoinや他の仮想通貨のように新たにマイニングすることが出来ません。

 

  •  関連記事

NEM(ネム)とは?特徴や将来性についてまとめ

2017.12.20

 



仮想通貨を売買するには?

 

仮想通貨は、仮想通貨取引所(販売所や取引所が存在)と呼ばれる場所で売買することが出来ます。

国内の主要な仮想通貨取引所は以下の通りです。

  •  Zaif(ザイフ)
  •  Coincheck(コインチェック)
  •  bitFlyer(ビットフライヤー)

 

販売所と取引所の違いは?

仮想通貨取引所には、販売所や取引所があります。

販売所は仮想通貨取引所が保有する仮想通貨の売買ができ、取引所は仮想通貨取引所の利用者同士でトレードができます。

それぞれメリットやデメリットがあるので、違いを知っておくのも重要です。

 

  •  関連記事

手数料が安い仮想通貨取引所は?販売所と取引所の違いや手数料を比較

2017.11.07

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

bitFlyerは、2014年1月に設立された日本初のビットコイン取引所で、多数の大手企業から出資を受けています。

 

日本国内では、取引額や資金力が最も大きなビットコイン取引所です。

 

スマホアプリからビットコインの取引所が利用できるので、スマホからビットコインの売買を行いたい人にとっておすすめの取引所です。

その他、豊富な資金力でビットコイン関連サービスを多数立ち上げており、セキュリティ対策にも力を入れています。

 

取り扱い通貨

  •  ビットコイン(正式名:Bitcoin、通貨単位:BTC)
  •  イーサリアム(正式名:Ethereum、通貨単位:ETH)
  •  イーサリアム クラシック(正式名:Ethereum Classic、通貨単位:ETC)
  •  ライトコイン(正式名:Litecoin、通貨単位:LTC)
  •  ビットコイン キャッシュ(正式名:Bitcoin Cash、通貨単位:BCH)
  •  モナーコイン(正式名:Monacoin、通貨単位:MONA)

※Bitcoin以外は販売所のみでの取り扱いとなります。

 

Coincheck(コインチェック)

 

Coincheckは、国内の仮想通貨取引高が一番で、仮想通貨の売り買いが最も多くされている取引所(販売所)です。

 

最大の特徴は、取り扱い通貨の種類の多さで、現在は13種類を取り扱っています。

 

また、初心者にとって使いやすさを重視したサイト・アプリ設計になっており、初心者でも簡単に仮想通貨の売買を行うことができます。

特にスマホアプリのウィジェットがおすすめで、設定しておけばいつでも簡単に各種仮想通貨の相場を確認できます。

 

その他、ビットコイン決済サービスや、ビットコインで電気代を支払えるサービスなど、独自のサービス展開も行なっています。

 

取り扱い通貨

  •  ビットコイン(正式名:Bitcoin、通貨単位:BTC)
  •  イーサリアム(正式名:Ethereum、通貨単位:ETH)
  •  イーサリアム クラシック(正式名:Ethereum Classic、通貨単位:ETC)
  •  リスク(正式名:Lisk、通貨単位:LISK)
  •  ファクトム(正式名:Factom、通貨単位:FCT)
  •  モネロ(正式名:Monero、通貨単位:XMR)
  •  オーガー(正式名:Auger、通貨単位:REP)
  •  リップル(正式名:Ripple、通貨単位:XRP)
  •  ネム(正式名:NEM、通貨単位:XEM)
  •  ライトコイン(正式名:Litecoin、通貨単位:LTC)
  •  ダッシュ(正式名:Dash、通貨単位:DASH)
  •  ビットコイン キャッシュ(正式名:Bitcoin Cash、通貨単位:BCH)

 

※Bitcoin以外は販売所のみでの取り扱いとなります。

 

Zaif(ザイフ)

 

Zaifは、トークンエコノミー(あらゆる価値をトークン化して経済圏を作る)をもちいた企画も行う仮想通貨取引所です。

仮想通貨業者の中でも、全ての仮想通貨が”板”で売買できます。

 

これは、取引所の利用者同士で取引を行うため、販売所から売買する場合より手数料が安いのが特徴です。

 

  •  関連記事

手数料が安い仮想通貨取引所は?販売所と取引所の違いや手数料を比較

2017.11.07

 

ビットコインの場合は、現物取引の取引手数料が-0.01%となっており、購入すると逆に手数料が得られます。

その他、ドル・コスト平均法という投資法で、毎月一定額(1千円から積立可能)の仮想通貨を自動購入できるコイン積立というサービスもあります。

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)のコイン積立を解説!仮想通貨の積立投資におすすめ

2017.12.10

 

取り扱い通貨

1.主要通貨

  •  ビットコイン(正式名:Bitcoin、通貨単位:BTC)
  •  ネム(正式名:NEM、通貨単位:XEM)
  •  モナーコイン (正式名:Monacoin、通貨単位:MONA)
  •  ビットコイン キャッシュ(正式名:Bitcoin Cash、通貨単位:BCH)
  •  イーサリアム(正式名:Ethereum、通貨単位:ETH)

 

2.トークン

  •  ZAIF
  •  XCP
  •  BCY
  •  SJCX
  •  FSCC
  •  PEPECASH
  •  CICC
  •  NCXC

 

3.COMSA

  •  CMS:ETH
  •  CMS:XEM

 

Zaifは主要通貨の他、トークンの取り扱いもあります。

トークンの中でも、注目すべきはZAIFトークンです。

ZAIFトークンは、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が発行している独自トークンです。

その性質上、要件を満たせば1号通貨に区分できると判断されたため、今後価値が高まることに期待されています。

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)取引所で取引可能なトークンの詳細まとめ!

2017.12.08

 

まとめ

  •  仮想通貨は公的機関を媒介しないデジタル通貨のことで、ブロックチェーンの技術で管理されている
  •  ブロックチェーンは取引データ技術のことで、取引データをまとめたブロックを鎖のように繋げて保存する仕組みを指す
  •  ブロックチェーンはその仕組みにより、データの変更や改ざんが実質不可能
  •  ビットコインは時価総額1位の仮想通貨
  •  ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼ぶ
  •  仮想通貨の売買は取引所(販売所)で行うことができ、国内の主要な取引所はbitFlyer、Coincheck、Zaifの3社。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所


Zaif取引所は、他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyerは、国内最大手で日本初のビットコイン取引所。
スマホアプリからビットコインの取引ができるのはbitFlyerだけです。

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)の登録方法を解説!特徴・手数料・コイン積立まとめ

2017.12.03

bifFlyer(ビットフライヤー)の使い方を解説!登録方法からビットコインの購入方法まとめ

2017.12.14

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です