SLI構成でハイスペック!ゲーミングPCはサイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングPCを購入しようと検討している人も多いと思いますが、「サイコム(Sycom)のハイスペック構成なら、どのゲーミングPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人は、サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなサイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」について解説します。

尚、今すぐサイコムのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → BTOパソコンのサイコム

 



SLI構成でハイスペック!ゲーミングPCはサイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」がおすすめ!

スペック

価格帯約37.6万円
CPUIntel Core i7-9700K
メモリ8GB
GPUGeForce RTX2080 SLI
ストレージM.2 SSD 512GB

サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」は、BTOパソコン製造メーカーである「BTOパソコンのサイコム」のゲーミングPCです。

初期構成では第9世代CPUのi7シリーズ、RTXシリーズの上位GPUを2枚搭載していますが、メモリは少なめなのが特徴です。

ただし、サイコムは選べるパーツ数が豊富なため、基本的には自作PCのように自分でパーツを選んでカスタマイズするのがおすすめです。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」のおすすめポイントは?

  •  選べるパーツ数が豊富
  •  第9世代のミドルレンジCPU「Intel Core i7-9700K」搭載
  •  サイドフローCPUクーラーが標準搭載
  •  RTXシリーズの上位GPU「GeForce RTX2080」2枚のSLI構成
  •  ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載
  •  80Plus GOLD認証850W電源を標準搭載
  •  光学ドライブが標準搭載
  •  PCケースの冷却性のも高い

 

選べるパーツ数が豊富

サイコムは選べるパーツ数が豊富なのが特徴で、ゲーミング用のマザーボードを選択したり、拡張カードとしてサウンドカードの追加も可能です。

例えばマザーボードとして「ASRock Z390 Taichi」を選べば、マザーボードに内蔵の無線LANやBluetoothを使用することができます。

 

他には拡張カードも追加可能で、サウンドカードなら「ASUS Xonar SE」、「Creative Sound Blaster」シリーズ、「ASUS Essence STX II」などから選べます。

 

第9世代のミドルレンジCPU「Intel Core i7-9700K」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

そんなCPU「Intel Core i7-9700K」は、第9世代のミドルレンジCPUで、第9世代からはi7シリーズでもHyper-Threading Technology非対応のため、8コア8スレッドなのが特徴です。

よりハイスペック構成にするなら、「Intel Core i9-9900K」も選べます。

※F付きモデルもありますが、違いは内臓GPUの有無であり、基本スペックは同じです。

 

サイドフローCPUクーラーが標準搭載

CPUクーラーには、サイドフロー型の「CoolerMaster Hyper 212EVO」を標準搭載し、エアフローの効率を上げ、CPUだけでなくPC内部の冷却性能もアップさせます。

 

RTXシリーズの上位GPU「GeForce RTX2080」2枚のSLI構成

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

そんなGPU「GeForce RTX2080」は、リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応しているのが最大の特徴で、映画並みの描画がゲームでも実現します。(ゲーム側が対応していないと大きな効果は得られないようなので注意)

SLI構成ではGPUを2枚接続し、1枚の時と比べて平均で1.5〜1.6倍ほど性能がアップするのが特徴ですが、よりハイスペック構成にするなら、「GeForce RTX2080Ti」も選べます。

 

ヒートシンク付きのM.2 SSD搭載

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

ストレージには通常のSSDよりもデータ転送速度が早い『M.2 SSD』の「ADATA XPG SX8200 Pro」を標準搭載しています。

冷却用のXPGヒートシンクが付属しているのが特徴で、ストレージ容量も十分です。

 

80Plus GOLD認証850W電源を標準搭載

電源はPCの「心臓部」と例えられますが、Corsair製のフルモジュラー式80Plus GOLD認証850W電源「Corsair RM850x」を標準搭載し、優れた変換効率と静音性が特徴です。

 

光学ドライブが標準搭載

最近は光学ドライブが使われなくなってきたため、非搭載の製品も増えていますが、DVDスーパーマルチドライブが標準搭載しているため、パソコンでDVDを見たい人におすすめです。

 

PCケースの冷却性のも高い

PCケースはベストセラーの「CoolerMaster CM690 III」を採用し、ミドルタワーケースとしてはエアフローと拡張性に優れているのが特徴です。

 



サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」のカスタマイズ例

カスタマイズ例初期構成バランス重視構成最高スペック構成
価格帯約37.6万円約38.5万円約55万円
CPUCore i7-9700KCore i7-9700KCore i9-9900K
メモリ8GB16GB32GB
GPURTX2080 SLIRTX2080 SLIRTX2080Ti SLI
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GB
カスタマイズ箇所メモリを変更CPU、メモリ、GPUを変更

カスタマイズ例は上記の通りで、CPU、メモリ、GPUなどをカスタマイズすれば、よりハイスペック構成にすることが可能です。

その他、マザーボードやGPUなどは種類も選べるので、一度チェックしてみて下さい。

 

サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」はこんな人におすすめ!

  •  SLI構成でハイスペックのゲーミングPCが欲しい
  •  パーツの品質が高く、 自作PCのようにできる限り自分でパーツを選びたい
  •  無線LAN&Bluetooth搭載のマザーボードを選択したい
  •  拡張カードどしてサウンドカードなども追加したい
  •  光学ドライブも標準搭載がよい

 

最後に

今回はサイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」について解説しました。

SLI構成のハイスペックゲーミングPCなら、サイコム(Sycom)「G-Master SLI-Z390 NVL」がおすすめですよ!

マザーボードやGPUの種類なども選べるので、高性能なゲーミングPCを探している人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です