ウェルスナビ(WealthNavi)の確定申告は?特定口座(源泉徴収あり・なし)と一般口座の違い


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからウェルスナビを始めてみようと思っているけど、「確定申告がちょっと不安。」という人もいますよね。

特にウェルスナビでは口座の種類が3種類あり、どれを選べばいいかわからない人も多いと思うんです。

そこでこの記事では、ウェルスナビの確定申告や口座の選び方について解説します。

 

  •  関連記事

資産運用は超簡単!初心者はロボアドバイザーのウェルスナビ(WealthNavi)から始めよう。

2018.06.13

 



ウェルスナビ(WealthNavi)の口座の選び方

特定口座(源泉徴収あり)特定口座(源泉徴収なし)一般口座
確定申告要否不要必要必要
年間取引報告書の作成要否不要不要必要
節税
こんな人向け確定申告をしたくない人確定申告を自分でする人書類作成から確定申告まで全て自分でやりたい人

 

ウェルスナビで選べる口座の種類は、特定口座(源泉徴収あり)、特定口座(源泉徴収なし)、一般口座の3種類あります。

口座の選び方として、確定申告を一切したくない人特定口座(源泉徴収あり)を選びましょう。

この口座であれば、利益に対して自動的に税金が引かれるため、確定申告は不要です。

ただし、年間の利益を見たときに本来支払う必要がない税金を支払ってしまうデメリット(税金の払い過ぎ)もあります。

ただ確定申告をすれば払い過ぎた税金が返ってくる可能性もあるので、必要に応じて確定申告をして下さい。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴や始め方を解説!10万円から資産運用

 

自分で確定申告をする場合は?

また、自分で確定申告をする人は、「特定口座(源泉徴収なし)」か「一般口座」を選ぶことになりますが、一般口座を選んだ場合は『年間取引報告書』を自分で作る必要があります。

さすがに書類作成まで自分でしたい人は珍しいと思うので、自分で確定申告をする人は『特定口座(源泉徴収なし)』を選びましょう。

 

そもそも確定申告が必要になる条件は?

そもそも確定申告が必要になる条件が気になる人もいますよね。主に以下の条件に該当すると確定申告が必要になります。

  •  給与収入が2,000万円以上、自営業やフリーランスなどで事業所得が38万円を超える人
  •  2箇所以上の会社から一定額の給与をもらっている人
  •  給与以外に副収入があり、その所得だけで20万円を超える人

 

日本人であれば一つの会社だけに勤めている人が多いと思うので、その場合は副収入の所得が20万円を超えたら確定申告が必要になります。

特定口座(源泉徴収なし)を選んだ人は、ウェルスナビの年間利益が20万円を超えたら確定申告を忘れずに行いましょう。

※ウェルスナビの平均利回りは3〜7%と言われているので、約300〜700万円以上で運用している人は年間利益が20万円を超える可能性が高いです

 

ウェルスナビ(WealthNavi)の二重課税

ウェルスナビは米国のETF(上場投資信託)を売買しているので、ETFの配当は米国内で租税条約に基づいた税率で源泉徴収されており、差し引かれた金額に対して日本国内で課税されています。

関連リンク:確定申告は必要ですか?

つまり、ウェルスナビで定期的に得られる配当は二重課税になっているので、確定申告をすると米国課税分を取り戻すことが可能です。

尚、米国の租税条約に基づいた税率は10%、日本の税率は譲渡利益税の20.315%(所得税15.315%、住民税5%)です。

そのため、例えば100万円運用して得られる配当は数千円程度なので、取り戻せるのは数百円程度になります。

 



ウェルスナビ(WealthNavi)の確定申告に必要な書類は?

ウェルスナビの確定申告に必要な書類は、ウェルスナビが提供している電子交付サービスにて毎年1月中旬頃に発行される『特定口座年間取引報告書』が必要です。

発行されるとメールで通知が来るので確認して下さい。

 

特定口座年間取引報告書のダウンロード方法

特定口座年間取引報告書のダウンロード方法を説明します。

ウェルスナビにログイン後、メニュー「取引履歴」をクリックします。

 

取引履歴画面が表示されます。

 

取引画面下にある「電子交付サイトへ」をクリックします。

※AM3:00〜AM6:00まではメンテナンス

 

信書照会画面が開くので、報告書種類を「その他信書」に変更します。

 

報告書種類を「その他信書」に変更後、「検索」をクリックします。

 

画面下に一覧が表示されるので、対象の『「特定口座年間取引報告書」電子交付のお知らせ』をクリックしてダウンロードして下さい。

 

例えばMacの場合は、メニュー「リンク先のファイルをダウンロード」をクリックしてダウンロードできます。

 

最後に

 

今回はウェルスナビの確定申告や口座の選び方について解説しました。

確定申告に不安を抱いている人も、特定口座(源泉徴収あり)なら一切心配はありませんよ。

節税したい人は自分で確定申告をした方がお得なので、特定口座(源泉徴収なし)を選びましょう。

ウェルスナビは初めての資産運用におすすめなので、ぜひ利用してみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です