ハイスペック構成!フロンティア(FRONTIER)のゲーミングPCは「GBシリーズ」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングPCを購入しようと検討している人も多いと思いますが、「フロンティア(FRONTIER)のハイスペック構成なら、どのゲーミングPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人は、「GBシリーズ」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなフロンティア(FRONTIER)の「GBシリーズ」について解説します。

尚、今すぐフロンティアのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → 【FRONTIER】

 



ハイスペック構成!フロンティア(FRONTIER)のゲーミングPCは「GBシリーズ」がおすすめ!

スペック

価格帯約17万円〜
CPUIntel Core i7-9700K〜
メモリ16GB〜
GPUGeForce GTX1660〜
ストレージM.2 SSD 250GB + HDD 1TB〜

「GBシリーズ」は、ヤマダ電機グループのBTOパソコンブランド「【FRONTIER】」のゲーミングPCです。

 

「GBシリーズ」は3タイプありますが、ロースペック構成なら左のモデル、ミドルスペック構成なら中央のモデル、ハイスペック構成なら右のモデルになります。

ただし、ロースペック構成で最新PCゲームをプレイするならGPUをカスタマイズ推薦で、コスパ重視なら「GTX1660Ti」で約18.2万円〜、売れ筋構成なら「RTX2070 SUPER」で約22万円〜になります。

また、ハイスペック構成でさらにアップグレードしたい場合は、GPUを「RTX2080Ti」にカスタマイズしましょう。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

フロンティア(FRONTIER)「GBシリーズ」のおすすめポイントは?

  •  ASUS製のゲーミング用マザーボード搭載
  •  最新の第9世代CPUを搭載
  •  水冷CPUクーラー搭載
  •  コスパ重視のGPU「GeForce GTX1660」搭載
  •  M.2 SSD搭載
  •  日本製コンデンサの電源を搭載
  •  冷却性が高いフルタワー型PCケース採用

 

ASUS製のゲーミング用マザーボード搭載

マザーボードはパソコンの土台であり、各種パーツを橋渡しする重要なPCパーツです。

フロンティアのGBシリーズでは、自作PCユーザーにとっては一般的で評価が高いASUS(エイスース)製のマザーボードの中でも、ゲーミング用のASUS ROG STRIX Z390-F GAMINGを搭載しています。

豊富なインターフェースと冷却効率が高いヒートシンクを搭載し、高性能で安定性が高いのが特徴です。

 

最新の第9世代CPUを搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

GBシリーズでは、初期構成で左と中央のモデルがCPU「Intel Core i7-9700K」(8コア8スレッド)、右のモデルはCPU「Intel Core i9-9900KS」(8コア16スレッド)を搭載しています。

どちらもPCゲーム用としては十分な性能ですが、例えばゲーム配信や動画編集ならスレッド数が多い「Intel Core i9-9900KS」の方が向いています。

また、最近のCPUはコア内部の熱伝導素材としてグリスが使われていましたが、第9世代から「はんだ」に戻ったことで熱伝導性が向上し、オーバークロック耐性も向上しています。

※オーバークロックは自己責任で周波数を定格よりも上げてパフォーマンスを上げること

 

水冷CPUクーラー搭載

CPUクーラーとしては、ENERMAX製の水冷CPUクーラーを搭載し、空冷よりもCPUの冷却性能が高いのが特徴です。

 

コスパ重視のGPU「GeForce GTX1660」搭載

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

GBシリーズの左のモデルではコスパ重視の「GTX1660」を搭載していますが、最新PCゲームをプレイするなら「GTX1660Ti」や「RTX2070 SUPER」などにカスタマイズするのがおすすめです。

 

M.2 SSD搭載

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

ストレージには、通常のSSDよりもデータ転送速度が早い『M.2 SSD』を標準搭載しているのが特徴です。

 

日本製コンデンサの電源を搭載

パソコンの「心臓部」と例えられる電源には、日本製のコンデンサを搭載し、高品質で信頼性・耐久性が高いのが特徴です。

 

冷却性が高いフルタワー型PCケース採用

PCケースはフルタワー型でサイズが大きめですが、前面に大型20cmファン、背面に12cmファン、天面に12cmファンの3基を搭載し、徹底的なエアフローで冷却性能が高いのが特徴です。

 

前面、天面、底面には防塵フィルターも備えています。

 



フロンティア(FRONTIER)「GBシリーズ」はこんな人におすすめ!

  •  フロンティア(FRONTIER)でハイスペック構成のゲーミングPCが欲しい
  •  ASUS製のマザーボード搭載がよい
  •  水冷CPUクーラー搭載がよい
  •  冷却性が高いフルタワー型のPCケースがよい

 

最後に

今回はフロンティア(FRONTIER)の「GBシリーズ」について解説しました。

フロンティア(FRONTIER)でハイスペック構成のゲーミングPCなら、「GBシリーズ」がおすすめですよ!

ハイスペック構成のゲーミングPCを探している方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です