ビットコイン(Bitcoin)の買い方とポイントを解説!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はビットコインの価格上昇が話題になっていますよね。

 

「ビットコインはどうやって買えばいいの?」

 

って方も増えてきたのではないでしょうか。

この記事では、そんなビットコインの買い方について解説します。

 



ビットコイン(Bitcoin)とは?

 

そもそもビットコイン(Bitcoin)とは何かについて説明します。

よく仮想通貨のことを一般的に『ビットコイン』と呼んでいますが、ビットコインというのは仮想通貨の一種です。

そのためビットコイン以外にも仮想通貨は存在し、現在は全部で1000種類以上存在しています。

 

ビットコイン以外の仮想通貨は、総称して『アルトコイン』と呼びます。

主要なアルトコインとしては、Ethereum(イーサリアム)、Ripple(リップル)、NEM(ネム)、モナーコインなどが存在します。

 

仮想通貨とは?

 

仮想通貨とは、ブロックチェーンと呼ばれる技術でネット上の複数のコンピュータで記録を共有・相互監視する仕組みにより管理されるデジタル通貨のことです。

日本円やUSドルのような法定通貨と違い、発行元が存在しない(非中央集権である)のも特徴です。

電子マネーとの違いは、電子マネーは通貨を使わず決済するための仕組みであるのに対し、仮想通貨はそれ自体が通貨そのものとして使うことができます。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、取引データ技術のことを指しています。

取引の履歴を一つのブロックにまとめ、それを鎖状に繋げて保存することからブロックチェーンと呼ばれます。

ブロックを繋げる際に、一つ前のブロックのハッシュ値(膨大な計算によって得られる数値)を含めて繋げるため、データ変更や改ざんが実質不可能です。

 

ビットコイン(Bitcoin)の将来性は?

 

ビットコインの2017年1月1日の価格は117,340円で、2017年12月31日には1,575,705円まで上昇しています。

 

これは、1年で約13倍以上に価格が上昇したことになります。

 

仮想通貨といえばビットコインと呼ばれるように、ビットコインは仮想通貨の中で基軸となる通貨です。

最近では利用者数の増加から送金の遅延問題などが露呈していますが、今後「ライトニングネットワーク」と呼ばれる技術で改善させる可能性があり、今後の動向が注目されています。

これらの問題が改善していけば、さらに価格が上昇して行くことは間違いないでしょう。

 



ビットコイン(Bitcoin)の買い方は?

 

ビットコインは、以下の手順で購入することができます。

  1.  仮想通貨取引所でアカウントを開設
  2.  仮想通貨取引所に入金
  3.  仮想通貨取引所で購入

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)の登録方法を解説!特徴・手数料・コイン積立まとめ

2017.12.03

bifFlyer(ビットフライヤー)の使い方を解説!登録方法からビットコインの購入方法まとめ

2017.12.14

 

ビットコイン(Bitcoin)が購入可能な取引所は?

 

国内でビットコインが購入できる主要な取引所は以下の通りです。

  •  Zaif(ザイフ)
  •  bitFlyer(ビットフライヤー)

 

Zaif(ザイフ)

 

Zaif(ザイフ)は全ての通貨が板取引でき、手数料が安いのが特徴です。

ビットコインの取引手数料はマイナス 0.01%』で、ビットコインを購入すると手数料分のビットコインがさらに得られます。

 

よって、ビットコインを購入するなら基本的にZaifを利用しましょう。

 

ただし、スマホ用のアプリは使いづらく評判が悪いため、PCなどのブラウザから利用することをおすすめします。

 

また、Zaifにはコイン積立というサービスがあり、毎月一定額の仮想通貨をドル・コスト平均法という投資法で積み立てることができます。

 

ビットコインの積立投資をしたい方は、Zaifを利用しましょう。

 

  •  関連記事

Zaif(ザイフ)のコイン積立を解説!仮想通貨の積立投資におすすめ

2017.12.10

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

bitFlyerは2014年1月に設立された日本初のビットコイン取引所で、多数の大手企業から出資を受けています。

 

日本国内では、取引額や資金力が最も大きなビットコイン取引所です。

 

豊富な資金力でビットコイン関連サービスを多数立ち上げており、セキュリティ対策にも力を入れているのが特徴です。

そのため、bitFlyerでは2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約し、以下の保険があります。

  •  二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償 (詳しくはこちら
  •  当社へのサイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険(詳しくはこちら

 

bitFlyerにはスマホアプリ(iPhone、Android)があります。

このアプリではビットコインやアルトコインが簡単に売買(販売所)できるだけでなく、ビットコインの板取引(取引所)ができるのが特徴です。

 

さらにウィジェット機能もあるため、いつでも簡単にビットコインの価格を確認できます。

 

主要取引所の中でも、アプリからビットコインの板取引ができるのはbitFlyerだけなので、スマホからビットコインの売買がしたい方はbitFlyerを使うと良いでしょう。

 

 

販売所と取引所の違い

仮想通貨取引所には販売所と取引所があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

この違いを知らないと手数料で損してしまう場合があるので、販売所と取引所の違いや特徴を理解した上で売買することをおすすめします。

 

  •  関連記事

手数料が安い仮想通貨取引所は?販売所と取引所の違いや手数料を比較

2017.11.07

 

最後に

 

今回はビットコインの買い方について解説しました。

 

ビットコインについてよくわからないって方も多いですが、インターネットに次ぐインフラとしてこれから普及して行くのは確実です。

 

今のうちにビットコインを購入してみるのはとてもいい経験になるので、興味がある方はぜひ一度購入してみて下さいね。

 

おすすめの仮想通貨取引所


Zaif取引所は、他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyerは、国内最大手で日本初のビットコイン取引所。
スマホアプリからビットコインの取引ができるのはbitFlyerだけです。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です