【iPhoneアプリ】iMovieの使い方まとめ【動画編集】


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

iPhoneだけで動画編集をするために、まずは無料で使える標準アプリ「iMovie」を使い始めました。

この記事では、そんなiPhoneの動画編集アプリ「iMovie」の使い方についてまとめます。

 



【iPhoneアプリ】iMovieの使い方まとめ【動画編集】

新しいプロジェクトを作成

iMovieを起動後、新しいプロジェクトを作成するためには「プロジェクトを作成」をタップします。

 

新規プロジェクトでは「ムービー」と「予告編」が選択可能ですが、今回は「ムービー」を例に説明していきます。

 

「ムービー」を選択後、モーメント画面が表示されるので、対象のファイル(動画、画像など)を選択して読み込みます。

 

これで新しいプロジェクトの作成が完了です。ここから編集していくことが可能です。

 

使い方の簡易説明を表示

画面右上の「?」をタップすると簡易説明が表示されるので、一度チェックしておきましょう。

 

動画の開始位置に移動

画面中央にある「|◀」をタップすると、動画の開始位置に移動できます。

 

動画をカット(分割)

動画をカット(分割)するにはタイムラインをスワイプし、中央の白線をカットしたい位置に合わせた後、画面下の「分割」をタップします。

 

これで動画のカット(分割)が可能です。

 

処理を巻き戻す

直前の処理に失敗した場合など、画面中央右の「巻き戻しマーク」をタップすると、実行した処理を戻すことが可能です。

 

動画の対象箇所を削除

動画をカット(分割)した後、不要な部分を削除するには、タイムラインにある対象の動画部分をタップして選択し、画面右下の「削除」をタップします。

 

これで不要な部分の動画を削除可能です。

 

トランジションを設定(動画と動画のつなぎ目)

動画をカット(分割)した後には、動画と動画の間につなぎ目がありますが、「|」をタップするとトランジションを設定することが可能です。

 

トランジションについては、なし、テーマ、ディゾルブ、スライド、ワイプ、フェードのいずれかから選択可能です。

 

動画の対処箇所を別の位置に移動

動画をカット(分割)した後、動画の位置を入れ替えたい場合もあると思います。その場合はタイムラインの対象部分を長押ししてドラッグすると位置を移動させることが可能です。

 

動画に画像を追加

動画内で画像ファイルを表示させたい場合もあると思います。その場合は画像を追加したい位置に白線を合わせた後、画面左上の「+」をタップします。

 

メニュー画面が表示されるので、写真またはファイルから対象の画像を選択可能です。

 

画像を選択後、取り込み形式を選択できます。ここでは基本的な取り込み形式「ピクチャ・イン・ピクチャ」を例に説明します。

 

画像を取り込んだ後、動画の表示部分とタイムラインに画像が追加されます。

 

タイムラインの画像部分をタップすると画面右上にメニューが表示されるため、「十字矢印マーク」をタップ後、画像をドラッグ(配置変更)やピンチ(サイズ変更)で調整可能です。

 

加えて、画像には外枠が表示されていますが、メニューの「四角マーク」をタップすると外枠のon、offが切り替えられます。

 

最後にタイムラインの画像をタップして選択後、左右の端をドラッグすると画像を表示させる尺を調整可能です。

 

動画に効果音を追加

動画に画像を追加した方法と同様に、動画に効果音やBGMを追加することが可能です。

著作権フリーの効果音などダウンロードしてきて使うことが多いと思いますが、データサイズが小さすぎるとiMovieに取り込めないことがあるので注意しましょう。

その場合については、音楽編集アプリを使えば解決できる可能性もあるので、興味がある方は以下の関連記事を参考にしてみて下さい。

 

関連記事👇

ダウンロードしたフリー効果音がiPhoneアプリ「iMovie」に取り込めない場合の対象方法

2020年8月11日

 

動画にテロップを入れる

iMovieだとテロップを入れる機能が微妙ですが、一応入れることが可能です。テロップを入れるには、まず対象の動画部分をカットします。

 

動画をカット後、対象の動画部分を選択し、画面下の「T」をタップします。

 

テロップの種類が選べますが、表示画面の下に入れたい場合は「標準」を選択します。

 

表示画面に3箇所テキストを入れられる部分がありますが、表示画面の下にテロップを入れるなら上2つは消去し、一番下のだけテキストを入力します。

 

表示画面の対象部分をタップすると、テキストを編集可能です。(削除するなら左上の×をタップします。)

 

動画のエンコード(書き出し)

動画編集完了後、動画をエンコードする場合は、画面左上の「完了」をタップします。

 

次に画面下の中央にある「共有ボタン」をタップします。

 

メニューが表示されるので、「ビデオを保存」をタップします。

 

動画の書き出しサイズが選べるため、対象のサイズを選択します。ここでは「HD-1080p」を選択しました。

 

これで動画の書き出し処理が始まります。

 

完了後、「このムービーはフォトライブラリに書き出しされました。」が表示されます。

 

フォトライブラリを確認し、動画が作成されていれば全て完了です。

 



最後に

今回はiPhoneの動画編集アプリ「iMovie」の使い方についてまとめました。

テロップの挿入は別のアプリを使った方がよさそうですが、それ以外は普通に動画編集が可能です。

iPhoneだけで動画編集をしたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

各種SNSなど

各種SNSなど、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになるので、よければぜひお願いします!

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65
  •  Mildomのフォローはこちら 👉 ID:10709068

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間13.3万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


ゲーミングPCならBTO

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「どう選べばいいの?」という人も多いですよね。BTOなら自分好みにカスタマイズすることも可能でおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!



デジタルコンテンツ素材販売店

ひょんなことから、私はiPhoneだけでデジタルコンテンツ(画像や動画など)を作成するチャレンジを始めました。

そこで、試しに自作したデジタルコンテンツの素材販売店をオープンしてみたので、よければぜひ一度チェックしてみて下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です