【スマブラSP】ルキナ(マルス)の特徴や使い方を解説!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPでスマブラ力(スマブラで勝つための基礎能力)を向上させるなら、ルキナ(マルス)使うのがいいと言われたりしています。

そこで私もレベルアップを図るためにルキナを使ってみましたが、間合い管理や飛び道具の対処、そして差し返しについて理解が深まりましたよ。

そこでこの記事では、ルキナ(マルス)の特徴や使い方について解説します。

 



目次

【スマブラSP】ルキナ(マルス)の特徴や使い方を解説!

 

長所

  •  剣のリーチが長く、技の発生が早くて判定も強い技が多い
  •  空中攻撃は攻撃範囲も広くて強い
  •  崖外での復帰阻止が強く、早期撃墜も可能
  •  歩行速度が最速で、走行速度も速い
  •  カウンター技を持っている
  •  上必殺技に無敵がついていて強力

 

短所

  •  空中での落下速度が遅く、お手玉攻撃や着地狩りに弱い
  •  空前の差し込みが遅く、飛び道具への対処が難しい
  •  投げのダメージが低い
  •  軽量級で撃墜されやすい

 

特徴

剣士キャラでリーチが長く、発生が早くて判定や撃墜力が高い技が多いほか、地上での移動速度が速くて間合い管理がしやすく、近距離から中距離まで対応可能な万能キャラです。

高火力なコンボはなく、基本的には地上や空中に技を置いたり、差し返しをメインで立ち回るため、読み合いの回数が多くなって初心者には難しいですが、勝てるようになるまでにスマブラ力が鍛えられるため、スマブラを上手くなりたい人にはおすすめのキャラです。

飛び道具を持っていないことや、ジャンプをするとふわっと浮いて空中での機動性が低いため、飛び道具への対処が少し難しいのが欠点です。

その代わり、相性的に不利になるキャラがほぼいないほか、復帰阻止が上手ければ早期撃墜も可能な強いキャラです。

その他、上強や空上でのお手玉攻撃、NB(シールドブレイカー)によるシールド削り、カウンター技も持っていて使いこなせると強力です。

 

こんな人におすすめ

  •  不利キャラが少なく、万能なキャラを使いたい
  •  差し返しや復帰阻止が強いキャラを使いたい
  •  スマブラ力を向上させたい

 

ルキナのカラーバリエーション

 

マルスのカラーバリエーション

 



【スマブラSP】ルキナとマルスの違いは?

ルキナとマルスの主な違いは以下の通りで、基本性能は同じですが細かい部分が調整されており、ルキナの方が安定して強く、初心者にも扱いやすいのがメリットです。

  •  ルキナは剣のどこに当てても威力が均一
  •  マルスは剣の先端を当てると強く、根元は弱い
  •  剣の先端を当てれるなら、マルスの方が早期撃墜がしやすい

 

【スマブラSP】ルキナ(マルス)の解放・出し方・入手方法

ルキナやマルスを使いたい場合はキャラ解放が必要ですが、いろんなあそびモードの「勝ちあがり乱闘」のヨッシールートで、マルスは2回クリア、ルキナは5回クリアすると解放可能です。

ヨッシールート

ヨッシー → ルカリオ(1回目クリアで解放) → マルス → リュウ → ガノンドロフ  → ルキナ → リドリー  → クロム  → ケン → ソニック(9回目クリアで解放)

 

【スマブラSP】ルキナ(マルス)のおすすめコントローラー設定

ルキナ(マルス)のおすすめコントローラー設定について、プロコンならRスティックには強攻撃L、ZL、R、ZRのいずれかにジャンプを設定するのがおすすめです。

私はZRとRにジャンプを設定し、同時押しで確実に小ジャンプを出せるようにしています。

この設定にすることで、よく使う横強、上強、下強、空前、空後が出しやすくなるため、ルキナ(マルス)を使うならRスティックに強攻撃は必須です。

 

その他の設定については、振動、同時押しスマッシュ攻撃、はじいてジャンプは不要なのでOFF、Rスティックを強攻撃にしているのではじき入力は出やすいにしています。

 



【スマブラSP】ルキナ(マルス)の技解説

コマンド発生フレーム持続フレーム備考
地上攻撃
弱攻撃A5f2f
DAダッシュ中にA13f4f
横強歩き中に横(← or →)+ A8f4f
上強↑ + A6f7f
下強↓ + A7f2f
横スマッシュはじき横 + A10f4f
上スマッシュはじき上 + A13f5f
下スマッシュはじき下 + A6f(Hit2は21f)2f(HIt2は3f)
空中攻撃
空N空中でA or ジャンプボタン + A6f(Hit2は15f)2f(Hit2は7f)
空前空中で前入力 + A6f3f
空後空中で後入力 + A7f5f
空上空中で ↑ + A5f5f
空下空中で ↓ + A9f5f11f目にメテオ属性あり
必殺技
NB(シールドブレイカー)B19f(最大溜め79f)2fシールドを削る能力が高い
横B(マーベラスコンビネーション)横(← or →)+ B(追加入力で派生)9f3f追加入力で4段目まで派生し、上、横、下方向のいずれかに派生可能
上B(ドルフィンスラッシュ)↑ + B5f7f全身無敵:地上は4-5f、空中は1-5f
下B(カウンター)↓ + B6f受付:22f全身無敵:5-6f
つかみ
その場つかみつかみボタン6f2f
ダッシュつかみダッシュ中につかみボタン9f2f

※フレームデータについては「スマブラSP フレームデータ by検証窓」を参考に記載していますが、間違っている可能性もあるので参考程度にご確認下さい。

 

弱攻撃

ルキナ(マルス)の弱攻撃は発生が早くてリーチも長く、比較的使いやすい技になっています。

技の空振りや着地隙をごまかすのに優秀なほか、基本的には相手キャラの発生の早い技にフレームで負けてなければ、相手と密着した時や近接した時は積極的に使っていった方がいい技です。

 

DA

ルキナ(マルス)のDA(ダッシュ攻撃)は、残念ながらあまりいい性能ではないため、あまり使わなくてもいい技です。

 

横強

ルキナ(マルス)の横強は、発生が早くて持続も長く、横方向へのリーチも長いため、相手の技の空振りに差し返したり、その場や引きながらの置き技として使える優秀な技です。

ダッシュ反転横強(ダッシュ→反転→反転キャンセル横強)ですべりながら横強を出すこともでき、横方向へのリーチを伸ばすことも可能です。

尚、横強は斜め上方向の相手にも当たりやすいため、対空技としても使えます。

 

上強

ルキナ(マルス)の上強は、発生が早くて持続も長く、上方向へのリーチも長いため、主にお手玉攻撃として使いますが、後ろにいる相手にも当たるため、相手と近接でわちゃわちゃした時に振るのも有効です。

 

下強

ルキナ(マルス)の下強は、発生が早くてリーチも長めで、空振りしたりガードされても後隙が小さく反撃されづらいため、立ち回りで使う地上技として非常に優秀です。

基本的にはその場に置いたり、ちょっと相手に近づいてから置いたりしますが、相手の蓄積ダメージが高い時に当てると相手を転ばせることができ、スマッシュで追撃して撃墜も狙えます。

 

横スマッシュ

ルキナ(マルス)の横スマッシュは、発生が早くてリーチも長く、撃墜力も高いほか、対空技としても使える優秀な技です。

普通は横スマッシュを振るのはハイリスクハイリターンですが、そこまでハイリスクというわけでもないため、他のキャラよりは使いやすく、撃墜したい時は積極的に使っていくと、相手にプレッシャーをかけることも可能です。

 

上スマッシュ

ルキナ(マルス)の上スマッシュは、真上にいる相手を撃墜するときに使いますが、攻撃範囲は狭いので狙って使う必要があります。

 

下スマッシュ

ルキナ(マルス)の下スマッシュは、発生が早くて前後に攻撃するため、横回避や受け身などで自分の後ろに回り込まれたりするのを読んだ時に使います。

 

空N

ルキナ(マルス)の空Nは、発生が早くて持続やリーチも長く、崖端では撃墜も狙えるため、空中での置き技として非常に優秀です。

 

空前

ルキナ(マルス)の空前は、発生が早くて横方向へのリーチも長く、空Nより前方向への置き技として使ったり、崖外で復帰阻止を狙う際によく使います。

 

空後

ルキナ(マルス)の空後は、発生が早めでリーチも長く、撃墜力も高いため、撃墜を狙う際は積極的に使いましょう。

特に相手を崖外に吹っ飛ばした後、すぐに追いかけて後ろを向きながらジャンプで崖外に出て、空後で復帰阻止を狙うと撃墜しやすいです。

 

空上

ルキナ(マルス)の空上は、発生が早くて持続が長く、上方向へのリーチが長いため、主にお手玉攻撃から上方向への撃墜を狙う際に使います。

 

空下

ルキナ(マルス)の空下は、発生も早めで持続が長く、下方向へのリーチが長いため、空中から地上にいる相手に攻撃する際に使います。

剣の当てる位置で吹っ飛び方が変わるため、上級者になると狙ってコンボや撃墜を狙うことが可能です。

剣の真下にメテオ属性(11f目)がついているため、崖外でメテオスマッシュを狙うこともできます。

 

NB(シールドブレイカー)

ルキナ(マルス)のNB(シールドブレイカー)は、溜めに応じてダメージ量が増え、シールドを削るのに優秀な技です。

最大まで溜めてから当てれば一撃でシールドブレイクが可能なのが強いです。

 

横B(マーベラスコンビネーション)

ルキナ(マルス)の横B(マーベラスコンビネーション)は、ボタンを追加入力すると4段目まで派生して連続攻撃が可能です。

2段目は上か下、3段目と4段目は上、横、下のいずれかの方向への攻撃に派生可能で、特に下方向へ派生させた攻撃は持続が長く、相手の着地隙を狩るのに優秀です。

尚、崖端で横方向への攻撃に派生させれば撃墜も狙えます。

 

上B(ドルフィンスラッシュ)

ルキナ(マルス)の上B(ドルフィンスラッシュ)は、発生が早くて撃墜力も高く、全身無敵(地上では1-5f、空中では4-5f)も付いています。

そのため、シールドからの反撃(シールドキャンセル上B)や、相手の攻撃に割り込む切り返し技としてだけでなく、復帰技としても狩られにくくて非常に優秀な技です。

ただし、シールドキャンセル上Bでは、ある程度密着していないとすっぽ抜けて当たらないこともあるので注意しましょう。

また、復帰技して使う場合は上昇方向の関係上(向いている方向の斜め上方向に上昇する)、基本的に反転上B(真上じゃなく斜め上方向に入力して上B)を使うことが多いため、ミスしないように練習が必要です。

 

下B(カウンター)

ルキナ(マルス)の下B(カウンター)は、発動後の受付時間中に相手の攻撃を受けると、受けた攻撃の1.2倍の威力で反撃するカウンター技です。

ダメージ量や吹っ飛ばし能力は、受けた攻撃のダメージ量にのみ比例し、受けた攻撃の吹っ飛ばし能力は影響しません。

カウンターした技次第で高ダメージ、高吹っ飛ばし力になるため、ここぞという時に使うと非常に強力です。

尚、相手を崖外に吹っ飛ばした後、攻撃判定がある復帰技に対して受け止めるようにカウンターを置けば、復帰阻止としても使えます。

ただし、空振り時の後隙は大きいため、読まれていると反撃されるので注意しましょう。

 

その場つかみ・ダッシュつかみ

ルキナ(マルス)のつかみ性能は悪くないため、相手のガードを崩す際には積極的に使い、有利展開を作りましょう。

つかんだ後は、下投げや上投げからお手玉攻撃をするのが強いです。

また、ルキナ(マルス)はシールドキャンセル上Bも優秀ではありますが、密着していないとすっぽ抜けて当たらないこともあるため、基本的にはシールドキャンセルつかみが安定です。

 



【スマブラSP】ルキナ(マルス)のコンボ(実戦向き)

ルキナ(マルス)は高火力なコンボはなく、基本的には地上や空中に技を置いたり、差し返しをメインで立ち回るため、序盤では比較的簡単なコンボを使います。

 

実戦で使用するコンボ

コンボ(実戦向き)

  •  横Bのみで4段目まで(着地隙に横→横→下→下など)
  •  下投げ → 空後(低%時)
  •  上強 → 上強 → 空上(低%時)
  •  空前 → 横スマッシュ(低%時)
  •  空上 → 空上(中%時)
  •  空N → 横スマッシュ

 

【スマブラSP】ルキナ(マルス)の立ち回り

ルキナ(マルス)の立ち回りについて、基本的にはステップ戦をしながら、その場や相手に近づいて下強や横強、または引いてから横強を置き、ジャンプを読んだらその場かちょっと前気味に空N、空前、空後などを置きます。

そして、相手の後隙などに差し込む場合は、地上からはダッシュ下強、ダッシュ横強、ダッシュ反転横強(すべり横強)、空中からは空前(遅らせ空前、急降下空前など)や空下を使います。

ただし、差し込む場合はガードされて確定反撃されるリスクもあるので、ガードが多い相手に対しては、地上からはダッシュつかみ、空中からはすかしつかみ(ジャンプして相手の目の前に着地してつかむこと)をしっかり使ってガードを崩すのが大事です。

また、ルキナ(マルス)には高火力コンボがなく読み合いの数が多くなりがちなので、間合い管理を丁寧にしっかりやるのも重要です。

具体的には相手の動きをしっかり見ながら、その場で様子見するのか、その場で技を振るのか、一歩前に出て技を振るのか、一歩下がって技を振るのかを丁寧にやりましょう。

無理に前に攻めるのではなく、剣のリーチを活かせる間合いをキープしつつ立ち回るのが大切で、特にラインを詰めた後も横回避やジャンプで簡単に台の内側に入らせないように、崖端でプレッシャーをかけ続けるのが大事です。

 

つかんだ後は有利展開を作る

ガードを崩すためにつかんだ後は、中央付近なら下投げか上投げから上強や空上につないでお手玉攻撃をしたり、崖端付近なら崖外に出して崖攻めの展開を作るなど、有利状況を作りましょう。

 

着地狩りはDAよりすべり横強や横Bを使う

相手がジャンプでぴょんぴょんしている場合など、相手の着地隙を狩るなら基本的にDAを使いますが、ルキナ(マルス)のDAは性能が悪いため、横強やすべり横強(ダッシュ反転横強)、そして横B(横→横→下→下)を置くと狩りやすいです。

 

シールドでガードした場合

ダッシュシールドで相手の暴れに対する反撃の択を仕掛けた場合や、相手が攻めてきて攻撃をガードした場合は、シールドキャンセル上Bかシールドキャンセルつかみから反撃します。

ただし、ある程度密着していないとシールドキャンセル上Bではすっぽ抜けて当たらないこともあるので注意しましょう。

そのため、基本的にはシールドキャンセルつかみを使います。

 

飛び道具対策

ルキナ(マルス)は飛び道具を持っておらず、空中での機動性も悪いので、相手が飛び道具を多用してきた場合に立ち回りがきついと感じます。

そんな飛び道具対策としては、一般的な対策と同じように、まずは歩きシールドやダッシュシールド、そしてジャンプを駆使して相手に近づき、距離を詰めましょう。

距離を詰めた後は読み合いになりますが、様子見をしっかりしたり、ステップ戦を仕掛けたり、地上から攻めるならDAやすべり横強で差し込むか、ガードを崩すのにダッシュつかみを狙います。

そして空中から攻めるなら、空前(遅らせ空前や急降下空前など)や空下で差し込むか、ガードを崩すのにすかしつかみを狙うのが有効です。

 



【スマブラSP】ルキナ(マルス)の撃墜方法

ルキナ(マルス)の撃墜方法について、相手の蓄積ダメージをある程度稼いだら、台上で撃墜するなら横スマッシュや反転空後を使い、それ以外は復帰阻止で撃墜を狙うのが基本です。

ただし、復帰阻止の際には、空前だと当てやすい代わりに撃墜力はそこまで高くないため、空後を当てに行くのが重要です。

具体的には相手を崖外に吹っ飛ばした後にすぐダッシュで追いかけて、崖端付近で反転してからジャンプして崖外に出た後、空後を当てに行きましょう。

もちろん、上方向から復帰してくるのか、下方向から復帰してくるのか、相手の復帰ルートを読む必要があります。

また状況によっては空前の方が狙いやすい場合もあるので、そういう場合は空前を使って復帰阻止をしましょう。

尚、復帰阻止であれば、相手の蓄積ダメージが低くても早期撃墜を狙えるのが強みです。

 

復帰阻止はハイリスクハイリターン

そんな復帰阻止ですが、やはり崖外に出て追撃しに行く必要があり、ハイリスクハイリターンなのは注意しましょう。

慣れるまではミスで自滅したり、逆に反撃されて撃墜されることも多いため、何度も実戦経験を積んでいく必要があります。

ただ復帰阻止をしないと撃墜に困ることも多いため、勝てる可能性を高めるためにはしっかり復帰阻止を練習していくのが大事です。

 

横スマッシュを当てるポイント

台上で撃墜を狙う場合は、横スマッシュを当てるのが撃墜しやすいですが、やはりスマッシュ攻撃を当てるのは比較的難しいです。

当てるポイントは相手のダッシュを読んでその場や一歩引いてから横スマッシュを置いたり、相手の着地隙を狙って横スマッシュを置くのが基本です。

また、相手の蓄積ダメージが高い時に下強を当てるとダウンさせることができるので、相手が受け身を取らなければダッシュ横スマッシュを当てれる可能性があります。

その他、復帰阻止の展開から空前や空後を当てると見せかけて(フェイントをかけて)空中で移動回避を誘発させ、相手より先に台上に着地して相手の着地隙に横スマッシュを置くのも有効です。

 

崖攻めの場合

崖攻めの場合については、相手の崖つかまりの隙を狙って下強や横強を使ったり、撃墜を狙うなら横スマッシュを置くのも有効です。

そして、崖上がりの選択肢に対しては、回避上がりに引き横スマッシュ、その場上がりシールドにNB(シールドブレイカー)、その場上がり後の横回避には下スマッシュ、ジャンプ上がりには空前や空後を狙うのが有効です。

 

お手玉攻撃も有効

その他、ルキナ(マルス)の上強や空上は優秀なので、相手キャラの落下速度が遅い場合は、お手玉攻撃で上方向に撃墜を狙うのも有効です。

 

シールドキャンセル上Bも撃墜力は高い

ある程度密着していないとすっぽ抜けてリスクが高いですが、シールドキャンセル上Bも撃墜力は高いため、相手に密着するようにダッシュシールドで択をかけて撃墜を狙うのも有効です。

 

ルキナの横スマッシュと空後+αの撃墜集

ルキナ(マルス)で撃墜するには、横スマッシュや空後を当てるのがとても重要です。

そのため、私がルキナを使ってオンライン対戦した際に、撃墜できた時の部分を動画にまとめたので、興味がある人はぜひ参考にしてみて下さい。

 

【スマブラSP】ルキナ(マルス)の復帰

ルキナ(マルス)の復帰について、上B(ドルフィンスラッシュ)に無敵が付いていることもあり、復帰性能はそこまで悪くありません。

ただし、積極的に復帰阻止を狙ったり、上Bの上昇方向の関係上、基本的に反転上Bを使う必要があり、反転上Bをミスして自滅することもあるので注意しましょう。

また、崖外の奥まで復帰阻止をすると復帰距離が足りないこともありますが、ジャンプ後にすぐ横Bの1段目を出すとふわっと浮いて少し上昇するので、その後に上Bを使えば復帰距離を伸ばせます。

その他、ルキナは軽量級で撃墜されやすいだけでなく、空中での落下速度が遅くて着地狩りにも弱いため、吹っ飛ばされた後は何らかの技を出して吹っ飛び状態を解除し、早めに降下するようにしましょう。

空中から地上に着地する場合は、急降下中にN回避を使うのも有効です。

 



【スマブラSP】ルキナ(マルス)の対策

ルキナ(マルス)は発生が早くてリーチも長く、空振りしても隙が少ない技が多いです。特に空Nや空前は着地隙も少なくて強いため、不用意にジャンプすると刺さりやすいので注意しましょう。

ただし、ルキナ(マルス)は飛び道具を持っていないため、引きながら立ち回る相手を動かせるほど立ち回りは強くないので、引き気味に立ち回って差し返しを狙ったり、ぴょんぴょんジャンプしているなら着地隙を狙ってDAを差し込みましょう。

もし飛び道具持ちのキャラを使っているなら、反撃されない位置では地上や空中から飛び道具を多用するのが結構有効です。

その他、単調な攻撃はカウンターされることもあるため、近づいて攻める時はカウンターに警戒しつつ、フェイントやつかみを混ぜながら攻めましょう。

 

【スマブラSP】ルキナ(マルス)のキャラ相性

ルキナ(マルス)のキャラ相性について気になる人も多いと思いますが、まず前提としてオフライン環境とオンライン環境では全く異なるので注意しましょう。

例えばプロゲーマーが出しているようなキャラ相性については、基本的にオフライン環境かつ上級者同士の対戦(無駄な飛び道具連発やガン待ちなし、狙ってジャスガ可能、復帰阻止多用など)においての相性なので、多くの人達には当てはまってこないことが多いです。

というのを前提とした上で、ルキナ(マルス)は飛び道具を連発されると対処が難しいことを除けば、特に不利な面はほぼないため、絶対に無理な組み合わせはなさそうです。

そのため、現状でも最強キャラ候補の一つになっています。

ただし、他のキャラのように高火力コンボがなく、撃墜するまでの読み合いの数が多くなりがちなので、初心者には扱うのが難しいです。

 



最後に

今回はスマブラSPのルキナ(マルス)の特徴や使い方について解説しました。

初心者がルキナ(マルス)で勝つのは難しいですが、勝てるようになった頃にはある程度スマブラ力が鍛えられますよ。

それぐらいスマブラに必要な知識やテクニックを身に付けないと勝てないキャラなので、スマブラを上手くなりたい人にはおすすめです。

それに加えて不利キャラがほぼいない最強キャラ候補の一つでもあるので、やり込んだ先の期待値は高いです。

これからルキナ(マルス)を使おうと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

フォロー&チャンネル登録もぜひお願いします!

ちょっとでも役に立ったと思ったら、TwitterのフォローやYouTubeのチャンネル登録をしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です