コスパ重視構成!クリエイター向けPCはマウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

画像やイラスト、動画編集や3DCGなどの仕事用として、クリエイター向けPCを購入しようと検討している人もいると思いますが、「コスパ重視なら、どんなPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人には、マウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなマウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」について解説します。

 



コスパ重視構成!クリエイター向けPCはマウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」がおすすめ!

スペック

価格帯約27万円〜
CPUIntel Core i7-10700K
メモリ16GB
GPUQuadro RTX 4000
ストレージM.2 SSD 512GB

マウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」は、BTOメーカー「マウスコンピューター」のクリエイター向けパソコンです。

最新の第10世代CPUのi7シリーズと、RTXシリーズのクリエイター向けローエンドGPU「Quadro RTX 4000」を搭載し、コスパ重視のクリエイター向けPCを求める人に最適です。

 



マウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」のおすすめポイントは?

  •  RTXシリーズのクリエイター向けローエンドGPU「Quadro RTX 4000」搭載
  •  最新の第10世代CPU「Intel Core i7-10700K」搭載
  •  エアフローが考慮されたPCケース
  •  持ち上げやすいハンドル付きで、カスタマイズオプションでキャスターも搭載可能
  •  カスタマイズオプションでメモリーカードリーダーも搭載可能

 

RTXシリーズのクリエイター向けローエンドGPU「Quadro RTX 4000」搭載

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割のPCパーツですが、クリエイター向けとして色深度のRGB各10bitカラー出力に対応している「Quadro」シリーズを搭載しています。

そんなGPU「Quadro RTX 4000」は、最新のRTXシリーズのクリエイター向けローエンドGPUで、RTコアやTensorコアを搭載し、Deep Learningやリアルタイムレイトレーシングに対応しているのが特徴です。

旧世代のハイエンドGPU「Quadro P5000」に匹敵する性能を持ちながら価格は安く、非常にコストパフォーマンスが高いのがメリットです。

 

最新の第10世代CPU「Intel Core i7-10700K」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

そんなCPU「Intel Core i7-10700K」は、第10世代CPUのi7シリーズで8コア16スレッドなのが特徴です。

 

性能的には旧世代のi9シリーズに匹敵し、マルチ処理性能も高いため、クリエイター向けPCにもおすすめのCPUです。

 

エアフローが考慮されたPCケース

PCケースはエアフローが考慮された設計で、フロント・サイドから直接的にフレッシュエアーを吸気し、PC内部の冷却性能が高いのが特徴です。

下段のフロントパネルは着脱式で、パネル内部には水洗い可能な防塵フィルターを標準装備しています。

尚、防塵フィルターはドライバーなどは不要で簡単に取り外し可能です。

 

 持ち上げやすいハンドル付きで、カスタマイズオプションでキャスターも搭載可能

PCを持ち上げて移動しやすいように、ハンドルを標準搭載しています。

またカスタマイズオプションとして、シャーシ後方下部にキャスターも搭載可能です。

 

カスタマイズオプションでメモリーカードリーダーも搭載可能

カスタマイズオプションとして、USB3.0規格のメモリーカードリーダーも搭載可能です。

対応メディア

  •  SDメモリーカード(SDXC,SDHC,microSD,microSDHC,microSDXC)
  •  メモリースティック(Pro,Duo,Pro Duo,Micro(M2))
  •  マルチメディアカード(Plus)
  •  コンパクトフラッシュ(Type I/II,MD)

 

マウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」の注意点は?

  •  メモリ容量が少なめ
  •  ストレージ容量が少なめ

 

メモリ容量が少なめ

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「16GB」で最低限必要な容量は満たしていますが、クリエイター向けであれば「32GB」以上にカスタマイズ推薦です。

 

ストレージ容量が少なめ

ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

初期構成でストレージ「M.2 SSD 512GB」であり、通常のSSDよりもデータ転送速度が速い『M.2 SSD』を搭載しているもののクリエーター向けPCとしては容量は少なめなので、データ保存用に1TB以上のHDDを追加するのがおすすめです。

 



マウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」はこんな人におすすめ!

  • 「Quadro」シリーズのGPUを搭載したクリエイター向けPCが欲しい
  •  コストパフォーマンスが高い方がよい
  •  RTXシリーズのGPUで、Deep Learningやリアルタイムレイトレーシングの処理をしたい

 

最後に

今回はマウスコンピューター(mouse)「DAIV Z7-QR4」について解説しました。

仕事用で色深度RGB各10bitカラーを扱いたい場合は「Quadro」シリーズのGPUが必要なため、コスパ重視構成のクリエイター向けPCを求める人に最適です。

クリエイター向けPCを探している方は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

 



The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間13.3万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


ゲーミングPCならBTO

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「どう選べばいいの?」という人も多いですよね。BTOなら自分好みにカスタマイズすることも可能でおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!



デジタルコンテンツ素材販売店

ひょんなことから、私はiPhoneだけでデジタルコンテンツ(画像や動画など)を作成するチャレンジを始めました。

そこで、試しに自作したデジタルコンテンツの素材販売店をオープンしてみたので、よければぜひ一度チェックしてみて下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です