ゲーミングマウスのおすすめを解説!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はゲーム用のデバイスとして、ゲーミングマウスを購入する人も増えたと思います。

特にFPSゲームなどではAIM精度に大きく影響するため、できるだけ高性能なマウスを選びたいですよね。

 

「でも、どのゲーミングマウスを購入すればいいかわからない!」

 

という人も多いと思うんです。

そこでこの記事では、おすすめのゲーミングマウスについて解説します。

 

 



ゲーミングマウスのおすすめは?

 Ray Pawnロジクール G304 LIGHTSPEEDRazer DeathAdder Eliteロジクール Pro HEROSteelSeries Sensei 310SteelSeries Rival 310ロジクール G502 HEROロジクール Pro LIGHTSPEED
価格帯約4,500円約5,000円約6,600円約6,700円約8,000円約8,000円約10,600円約14,700円
利き手右手右手右手右手両手右手右手両手
有線/無線有線無線有線有線有線有線有線両方
ボタン数767686116
最大DPI/CPI12,00012,00016,00016,00012,00012,00016,00016,000
DPI/CPIの切り替え400/800/1600/2400/
3200/12000の6段階
50刻み100刻み50刻み100刻み100刻み50刻み50刻み
オンボードメモリ非対応対応非対応対応対応対応対応対応
専用ソフト無し有り有り有り有り有り有り有り
寸法(高さ×幅×奥行き)12.3×6.6×3.5 cm11.6×6.2×3.8 cm12.7×7×4.4 cm11.6×6.2×3.8 cm12.51×7.04×3.89 cm12.8×7×4.2 cm13.2×7.5×4 cm12.5×6.35×4.0 cm
重量(グラム)106991308393.288.512180

 

Ray Pawn

おすすめポイント

  •  日本初のゲーミングブランド「Ray」の第1作
  •  価格が安い割にセンサーの性能は高いため、コストパフォーマンスが高い

 

 

ロジクール G304 LIGHTSPEED

おすすめポイント

  •  ワイヤレスゲーミングマウスで、価格も安い
  •  1本の単三形乾電池で最長250時間の連続使用が可能(最大約9ヶ月)
  •  重量が99gと軽い

 

 

Razer DeathAdder Elite

おすすめポイント

  •  Razerのゲーミングマウスで人気の定番モデル
  •  ハイエンドセンサー搭載
  •  やや大きめサイズ

 

 

ロジクール Pro HERO

おすすめポイント

  •  ロジクールのEスポーツ向けのPROモデル
  •  高性能だが7,000円以下と価格が安い
  •  重量が83gと軽い

 

 

SteelSeries Sensei 310

おすすめポイント

  •  SteelSeriesの高性能センサー搭載モデル
  •  左右対称デザインで左利きでも問題無し
  •  サイドラバーが滑りにくく蒸れにくい
  •  やや大きめサイズだが、重量は軽い

 

 

SteelSeries Rival 310

おすすめポイント

  •  SteelSeriesの高性能センサー搭載モデル
  •  右利き用モデル
  •  サイドラバーが滑りにくく蒸れにくい
  •  やや大きめサイズだが、重量は軽い

 

 

ロジクール G502 HERO

おすすめポイント

  •  高性能センサーと、11個のプログラム可能なボタンを搭載
  •  マウスの重さを調整可能
  •  フォートナイトのような、コマンドや操作が多いゲームに最適

 

 

ロジクール Pro LIGHTSPEED

おすすめポイント

  •  ロジクールのEスポーツ向けのPROワイヤレスモデル
  •  無線だけでなく有線接続も可能
  •  重量が80gと軽い
  •  別売りの専用機器でワイヤレス充電も可能

 

 

ゲーミングマウスと通常のマウスとの違いは?

ゲーミングマウスと通常のマウスの違いが気になる人もいると思いますが、主な違いはカスタマイズ性です。

具体的にはDPIとポーリングレートが調整可能で、ゲーミングマウスなら自分に合ったマウス感度に調整できます。

DPI(Dots Per Inch)は、マウスを1インチ移動させた時に画面上のカーソルが何ドット分動くかの基準です。

※DPIはSteelSeries製品ではCPI(Count Per Inch)と表記されるがほぼ同じ意味

例えば16,000DPIなら、マウスを1インチ移動させると16,000ドットカーソルが動きます。

そしてポーリングレートは、1秒間にマウスの操作情報を何回パソコンへ送信するかの数値あり、応答速度とも言われます。

例えば1,000Hzなら、1秒間に1,000回の情報をパソコンへ送信していることになります。

その他、ゲーミングマウスはボタンの数が多いものや、重さ調整が可能なものもあり、快適なゲームプレイを実現します。

 



ゲーミングマウスの選び方は?

ゲーミングマウスは実際に使ってみないと自分に合ったものが選べないものなので、こだわりがある人は店頭で触って確認することをおすすめします。

特にこだわりがない場合は、価格やサイズ、デザインやお気に入りのメーカーなどで選べばいいと思いますよ。

ただ気にした方がいいのはマウスのサイズで、手が小さい人は「Razer DeathAdder Elite」や「SteelSeries Rival 310」はサイズが大きめなので、手に合わない可能性があります。

また、マウスの接続方法は有線と無線がありますが、最近の製品は無線でも遅延が小さく高速になっているため、無線マウスでも問題ないでしょう。

 

ゲーミングマウスと合わせて買いたいマウスパッド

特にFPSゲームなどのマウス操作が激しいゲームをプレイする場合は、マウスパッドは必須です。

ただしマウスパッドは消耗品のため、消耗したら買い替えが必要になる点は覚えておきましょう。

そんなマウスパッドでおすすめなのは、人気が高いSteelSeries製のマウスパッドです。

サイズも小さいものから大きいものまであるので、自分に合ったサイズを選びましょう。

 

また、マウスとメーカーを揃えたい場合は、各メーカーのマウスパッドを購入可能です。

 

ゲーミングマウスのおすすめ一覧

 Ray Pawnロジクール G304 LIGHTSPEEDRazer DeathAdder Eliteロジクール Pro HEROSteelSeries Sensei 310SteelSeries Rival 310ロジクール G502 HEROロジクール Pro LIGHTSPEED
価格帯約4,500円約5,000円約6,600円約6,700円約8,000円約8,000円約10,600円約14,700円
利き手右手右手右手右手両手右手右手両手
有線/無線有線無線有線有線有線有線有線両方
ボタン数767686116
最大DPI/CPI12,00012,00016,00016,00012,00012,00016,00016,000
DPI/CPIの切り替え400/800/1600/2400/
3200/12000の6段階
50刻み100刻み50刻み100刻み100刻み50刻み50刻み
オンボードメモリ非対応対応非対応対応対応対応対応対応
専用ソフト無し有り有り有り有り有り有り有り
寸法(高さ×幅×奥行き)12.3×6.6×3.5 cm11.6×6.2×3.8 cm12.7×7×4.4 cm11.6×6.2×3.8 cm12.51×7.04×3.89 cm12.8×7×4.2 cm13.2×7.5×4 cm12.5×6.35×4.0 cm
重量(グラム)106991308393.288.512180

 

最後に

今回はおすすめのゲーミングマウスについて解説しました。

ゲーミングマウスは自分に合ったものを探すのが難しいものですが、ゲームプレイを快適にできますよ。

また、FPSなどマウス操作が激しいゲームには、マウスパッドも合わせて購入するのがおすすめです。

今回ご紹介したゲーミングマウスはどれもおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です