【2019年】ゲーミングノートPCおすすめ4選!初心者が失敗しない選び方も解説


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングノートPCを購入しようと検討しているけど、「どのゲーミングノートPCがおすすめなの?」という人や、「そもそも選び方がよくわからない・・」という人は多いのではないでしょうか。

ゲーミングノートPCと言っても種類が豊富で、価格も安いものから高いものまで様々なので、自分に合ったものを選ぶのが難しいと思うんです。

そこでこの記事では、おすすめのゲーミングノートPCから初心者向けに選び方を解説します。

 



目次

【2019年】ゲーミングノートPCおすすめ4選!初心者が失敗しない選び方も解説

 コスパ重視スペック売れ筋スペック売れ筋スペック(17型)ハイスペック
製品ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-E」ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E」G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7941GA1」G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7950GA1」
価格帯約16.5万円約21万円約25万円約38万円
CPUCore i7-9750HCore i7-9750HCore i7-9750HCore i9-9900K
メモリ16GB16GB16GB32GB
GPUGTX1660TiRTX2070 MAX-QRTX2070RTX2080
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GB + HDD 1TB
カードリーダーSDカードリーダー(SDXC対応)SDカードリーダー(SDXC対応)SDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)SDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1USB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1HDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB2.0×1、USB3.0 Type-A×2、USB3.0 Type-C×1、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1HDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB3.0 Type-A×4、USB3.0 Type-C×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ラインイン×1、ラインアウト×1
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(144Hz)17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(120Hz)
サイズ360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)395.7×263×26.6(折り畳み時 / 突起部含まず)418×295.3×41.5mm(折り畳み時 / 突起部含まず)
重量約2.01kg約2.01kg約2.6kg約4.4kg
カスタマイズ----

まず、今おすすめのゲーミングノートPCについては、タイプ別に上記の通りです。

詳細については下記に記載していきますが、迷った時はコスパ重視のゲーミングノートPCを選ぶのがおすすめで、予算に都合がつくならよりハイスペックのものを選びましょう。

 

コスパ重視:ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-E(ガレリアGCR1660TGF-E)」

スペック

価格帯約16.5万円〜
CPUIntel Core i7-9750H
メモリ16GB
GPUGeForce GTX1660Ti
ストレージM.2 SSD 512GB
カードリーダーSDカードリーダー(SDXC対応)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
サイズ360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)
重量約2.01kg

コスパ重視なら、ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-E(ガレリア GCR1660TGF-E)」がおすすめです。

20万円以下の価格帯で購入可能でありながら、ゲームによってはおおむね平均120fpsを狙えるスペックでもあり、コスパ重視のゲーミングノートPCを求める人に最適です。

 

関連記事👇

コスパ重視!ゲーミングノートPCはドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-E(ガレリア GCR1660TGF-E)」がおすすめ!

2019年7月22日

 

売れ筋スペック:ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)

スペック

価格帯約21万円〜
CPUIntel Core i7-9750H
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070 MAX-Q
ストレージM.2 SSD 512GB
カードリーダーSDカードリーダー(SDXC対応)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
サイズ360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)
重量約2.01kg

15型で売れ筋スペックなら、ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」がおすすめです。

第9世代でノート向けCPUのCore i7シリーズと、RTXシリーズのミドルレンジGPU「GeForce RTX2070 MAX-Q」を搭載し、性能と価格のバランスが良いのが特徴です。

最新PCゲームのグラフィック設定において、低めの設定で平均120fpsが狙えるスペックなので、売れ筋スペックのゲーミングノートPCが欲しい人に最適です。

 

関連記事👇

売れ筋スペック!ゲーミングノートPCはドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E(ガレリア GCR2070RGF-E)」がおすすめ!

2019年7月23日

 

売れ筋スペック(17型):G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7941GA1」

スペック

価格帯約25万円〜
CPUIntel Core i7-9750H
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070
ストレージM.2 SSD 512GB
カードリーダーSDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)
入出力ポートHDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB2.0×1、USB3.0 Type-A×2、USB3.0 Type-C×1、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1
ディスプレイ17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(144Hz)
サイズ395.7×263×26.6(折り畳み時 / 突起部含まず)
重量約2.6kg

17型で売れ筋スペックなら、G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7941GA1」がおすすめです。

第9世代でノート向けCPUのCore i7シリーズと、RTXシリーズのミドルレンジGPU「GeForce RTX2070」を搭載し、性能と価格のバランスが良いのが特徴です。

最新PCゲームのグラフィック設定において、低めの設定で平均120fpsが狙えるスペックなので、売れ筋スペックのゲーミングノートPCが欲しい人に最適です。

 

関連記事👇

売れ筋スペック!ゲーミングノートPCはG-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7941GA1」がおすすめ!

2019年7月23日

 

ハイスペック:G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7950GA1」

スペック

価格帯約38万円〜
CPUIntel Core i9-9900K
メモリ32GB
GPUGeForce RTX2080
ストレージM.2 SSD 512GB + HDD 1TB
カードリーダーSDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)
入出力ポートHDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB3.0 Type-A×4、USB3.0 Type-C×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ラインイン×1、ラインアウト×1
ディスプレイ17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(120Hz)
サイズ418×295.3×41.5mm(折り畳み時 / 突起部含まず)
重量約4.4kg

ハイスペックなら、G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7950GA1」がおすすめです。

第9世代のデスクトップ向け最上位CPUのCore i9シリーズと、RTXシリーズの上位GPUを搭載し、とにかくハイスペックなのが特徴です。

最新PCゲームでも平均120fpsを狙えるスペックなので、ハイスペックのゲーミングノートPCが欲しい人に最適です。

 

関連記事👇

ハイスペック!ゲーミングノートPCはG-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7950GA1」がおすすめ!

2019年7月23日

 

ドスパラのゲーミングノートPCがおすすめの理由は?


ドスパラのゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)」は、最も有名なゲーミングPCブランドというだけでなく、価格.comプロダクトアワードも4年連続受賞を達成しているほど、お客様満足度で高い評価を受けています。

そのほか、ドスパラのゲーミングノートPCは次のようなメリットがあります。

 

ドスパラでゲーミングノートPCを購入するメリット

  •  他社の同等スペックのゲーミングPCより安くてコスパが良い
  •  SDカードリーダーが標準搭載
  •  発送が早く、最短翌日に届く
  •  手数料なしの分割払いに対応
  •  頻繁にセールやキャンペーンを実施

 

ドスパラでゲーミングノートPCを詳しく見るには?

そんなドスパラのゲーミングノートPCを公式サイトで確認するには、画面上のメニュー「ゲーミングノートPC」をクリックすると、まとめページに辿り着けます。

ドスパラのゲーミングノートPCが気になった人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しくみてみる /

 

マウスコンピューター(G-Tune)のゲーミングノートPCがおすすめの理由は?


マウスコンピューターのゲーミングPC「G-Tune」は、国内トップレベルのプロゲーマーから支持されesportsなどの競技マシンとして採用されています。

そのほか、マウスコンピューター(G-Tune)でゲーミングノートPCは次のようなメリットもあります。

 

マウスコンピューター(G-Tune)でゲーミングノートPCを購入するメリット

  •  デスクトップ向けCPU搭載のハイスペックモデルを購入可能
  •  SDカードリーダーが標準搭載
  •  対象製品は翌営業日出荷が可能
  •  メンテナンス日を除いて困った時に24時間いつでもお問い合わせ可能

 

マウスコンピューター(G-Tune)でゲーミングノートPCを詳しく見るには?

そんなマウスコンピューター(G-Tune)のゲーミングノートPCを公式サイトで確認するには、ゲームPC(G-Tune)ページ上部の「ノートPC」にある対象シリーズをクリックすると、まとめページに辿り着けます。

マウスコンピューター(G-Tune)のゲーミングノートPCが気になった人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

\ 公式サイトで詳しく見てみる /

 

ゲーミングノートPCとデスクトップ型の違いは?

ゲーミングPCを購入する際には、ノート型とデスクトップ型のどちらを購入するか迷う人も多いと思います。

ノートPCのメリットとしては持ち運びがしやすいことですが、ゲーミングノートの場合はGPUを搭載しているため、どうしても重量は2kg以上になるのが一般的でモバイル性は高くありません。

それに加えてノートPCの方が価格が高めなので、ゲーム用途なら特に理由がない限りはデスクトップ型の方がおすすめです。

デスクトップ型ならよりハイスペックなPCも選べるため、迷っている方はぜひ一度以下の記事をチェックして参考にしてみて下さいね。

 

 



ゲーミングノートPCの選び方や注意するポイント

ということで、おすすめのゲーミングノートPCはご紹介しましたが、次はゲーミングノートPCの選び方について解説します。

具体的には、次のポイントに注意しながらゲーミングノートPCを選ぶのが大切になります。

  •  基本性能は「CPU・メモリ・GPUの組み合わせ」で決まる
  •  プレイしたいゲームの推薦動作スペックをチェックしておく
  •  ゲーム用途ならCPUは基本的にIntel製を選ぶ
  •  メモリは原則として「16GB以上」にする
  •  GPUはできるだけ高性能なものを選ぶ
  •  ストレージはSSD搭載のものを選ぶ
  •  ディスプレイのリフレッシュレートは120Hz以上を選ぶ

 

基本性能は「CPU・メモリ・GPUの組み合わせ」で決まる

ゲーミングノートPCの基本性能については、基本的にCPU、メモリ、GPUの組み合わせで決まります。

そのため、特にこの3つのパーツをどれにするかを選ぶのが大切です。

各パーツの役割は?

  •  CPU:人間でいう頭脳の役割で、各パーツに指示を出す
  •  メモリ:作業するデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどる
  •  GPU:グラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割
  •  ストレージ:パソコンのデータを長期保管する役割
  •  電源:人間でいう心臓の役割で、動作の安定性に関わる

 

プレイしたいゲームの推薦動作スペックをチェックしておく

PCゲームの場合、ゲームごとに最低動作スペックや推薦動作スペックというような、そのゲームの動作に必要なPCのスペックが公表されています。

例えばFPSゲームのApex Legends(エーペックスレジェンズ)なら、上の図のように必要動作環境や推薦動作環境が公式サイトに記載されています。

ゲームを快適にプレイするには推薦動作環境以上のスペックが必要なので、プレイしたいゲームがあるなら一度チェックしておきましょう。

 

ゲーム用途ならCPUは基本的にIntel製を選ぶ

CPUにはIntel製とAMD製の2種類ありますが、ゲーム用途なら何も考えず、長年シェアを取っているIntel製のCPUを選ぶのが基本です。

 

そんなCPUを選ぶ際の注意点としては、CPUの性能が低いと「ボトルネック」が発生し、GPUの性能を最大限引き出せないこともある点です。

そのため、基本的にはその時点で最新のCore i7以上のCPUを選ぶのが高性能でおすすめです。

ただし、ノートPCではノート用CPUが搭載されるのが基本のため、デスクトップ用CPUより性能が低い点は注意しましょう。

尚、一部の製品ではデスクトップ用CPUを搭載したものもあります。

 

CPU目的
Intel Core i7(ノート用)ゲームだけやるのが主目的
Intel Core i7(デスクトップ用)ゲームをしながら多少は他のタスクも同時に行う
Intel Core i9(デスクトップ用)ゲームをしながら複数のタスクや重たいタスクも同時に行う

ただ目的別にまとめると上表の通りに選べばいいので、ゲームだけをやるならCore i7(ノート用)を選んでも満足できます。

 

メモリは原則として「16GB以上」にする

初期構成でメモリ8GBの製品もありますが、最新のPCゲームではメモリ8GB以上を要求されることが多いため、基本的に16GB以上がおすすめです。

そのほか、ゲーム配信や動画編集をする場合、そして予算に余裕がある場合は、32GB以上にしておくとメモリ不足で悩む心配がなくなります。(最大64GBまで拡張可能)

 

GPUはできるだけ高性能なものを選ぶ

ゲーム用途の場合に最も重要なのがGPUの性能で、性能が高いほど1秒間にたくさんの画像が描けるので、より滑らかな映像を出すことが可能になります。

そのため、より快適なゲームプレイを求める人は、できるだけ性能が高いGPUを選びましょう。

2018年後半からはRTXシリーズが最新のモデルで、リアルタイムレイトレーシング(映画並みの描画を実現)やDLSS(アンチエイリアス技法で、画像のシャギーが目立たない)に対応しているのが最大の特徴です。(ただしゲーム自体が対応している必要あり)

 

また、MAX-Qが付いているノート向けGPUは、通常のGPUと比べて次の違いがあります。

  •  サイズが小型で軽量
  •  安定性を重視し、性能が少し低くなる代わりに発熱量や静音性が低い

尚、GPUは基本的に性能が高いものほどコスパが悪くなるため、コスパ重視の人は注意しましょう。

 

ストレージはSSD搭載のものを選ぶ

ストレージにはHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類ありますが、主な違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

ただ最近はSSDの価格も安くたったため、HDDより衝撃にも強く、静音性やデータ読み込み速度が速くて快適なSSD搭載のものを選ぶのが基本です。

HDDだとOS(Windows)の起動が遅かったり、ゲームの起動も遅くなり、SSDと比べてストレスが溜まるのは避けられません。

そのため、少なくとも250GB以上、余裕があるなら500GB以上のSSDを搭載したゲーミングノートPCがおすすめです。

 

また、そんなSSDよりもデータ転送速度が速い『M.2 SSD』もあり、メモリのような形状で通常のSSDよりも小型なのが特徴です。

 

ディスプレイのリフレッシュレートは120Hz以上を選ぶ

一般的なノートPCのディスプレイはリフレッシュレートが60Hzまで対応なのがほとんどですが、FPSなどの動きの速いゲームをプレイするなら120Hz以上に対応している方が快適です。

リフレッシュレートが120Hzなら、60Hzに比べて2倍高速に映像を表示し、なめらかで美しい映像を表示可能です。

 

ゲーミングノートPCの選び方まとめ

基本その他
CPUIntel Core i7(ノート用)以上にする
  • ゲーム+他のタスク:Core i7(デスクトップ用)
  • ゲーム+重いタスク:Core i9(デスクトップ用)
メモリ16GB以上にする予算に余裕、または配信や動画編集などもする:32GB以上
GPUゲームの推薦動作スペック以上かつ、より高性能なものにする
  • コスパ重視:GTX1660Ti
  • 売れ筋:RTX2070
  • ハイスペック:RTX2080
ストレージ最低でも250GB以上のSSDを搭載する予算に余裕がある:500GB以上のSSD
ディスプレイリフレッシュレートは120Hz以上に対応しているものを選ぶ

 



最後に

 コスパ重視スペック売れ筋スペック売れ筋スペック(17型)ハイスペック
製品ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-E」ドスパラ「GALLERIA GCR2070RGF-E」G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7941GA1」G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i7950GA1」
価格帯約16.5万円約21万円約25万円約38万円
CPUCore i7-9750HCore i7-9750HCore i7-9750HCore i9-9900K
メモリ16GB16GB16GB32GB
GPUGTX1660TiRTX2070 MAX-QRTX2070RTX2080
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GB + HDD 1TB
カードリーダーSDカードリーダー(SDXC対応)SDカードリーダー(SDXC対応)SDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)SDメモリーカード(SDXC、SDHC 含む)
入出力ポートUSB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1USB2.0 x1/ USB3.0 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力x1, mini Display port出力 ×2、HDMI出力 x1HDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB2.0×1、USB3.0 Type-A×2、USB3.0 Type-C×1、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1HDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB3.0 Type-A×4、USB3.0 Type-C×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1、ラインイン×1、ラインアウト×1
ディスプレイ15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(144Hz)17.3型 フルHDノングレア (LEDバックライト)、1,920×1,080(120Hz)
サイズ360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)360(幅)×245(奥行き)×27(高さ)mm(突起部含まず)395.7×263×26.6(折り畳み時 / 突起部含まず)418×295.3×41.5mm(折り畳み時 / 突起部含まず)
重量約2.01kg約2.01kg約2.6kg約4.4kg
カスタマイズ----

今回はおすすめのゲーミングノートPCから初心者向けに選び方を解説しました。

PCゲームをプレイするならデスクトップ型がおすすめですが、持ち運びを最重視するならプレイしたいゲームの推薦動作スペックを基準に、自分に合ったゲーミングノートPCを選びましょう。

今回ご紹介したものはどれもおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です