サイコム(Sycom)のハイスペック構成!ゲーミングPCは「G-Master Hydro Z490 Extreme」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングPCを購入しようと検討している人も多いと思いますが、「サイコム(Sycom)でハイスペック構成なら、どのゲーミングPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人は、サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」について解説します。

尚、今すぐサイコムのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → BTOパソコンのサイコム

 



サイコム(Sycom)のハイスペック構成!ゲーミングPCは「G-Master Hydro Z490 Extreme」がおすすめ!

スペック

価格帯約29.9万円〜
CPUIntel Core i7-10700K
メモリ16GB
GPUGeForce RTX2070 SUPER
ストレージM.2 SSD 512GB

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」は、BTOパソコン製造メーカーである「BTOパソコンのサイコム」のゲーミングPCです。

初期構成では最新の第10世代CPUのi7シリーズ、RTXシリーズのミドルレンジGPUを搭載し、メモリやストレージ容量も多く、カスタマイズしなくても売れ筋構成なのが特徴です。

ただし、サイコムは選べるパーツ数が豊富なため、基本的には自作PCのように自分でパーツを選んでカスタマイズするのがおすすめです。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」のおすすめポイントは?

  •  無線LANとBluetooth内蔵のマザーボードを標準搭載
  •  選べるパーツ数が豊富
  •  CPUとGPUのデュアル水冷で冷却性と静音性を両立
  •  大型冷却ユニット対応のエアフローや静音性を重視したPCケース
  •  メモリとストレージ容量も完璧
  •  80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

 

無線LANとBluetooth内蔵のマザーボードを標準搭載

マザーボードはパソコンの土台であり、各種パーツを橋渡しする重要なPCパーツです。

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」では、自作PCユーザーにも人気のASRock製マザーボード「ASRock Z490 Taichi」を標準搭載し、内蔵の無線LANやBluetoothも使用可能なのが特徴です。

 

選べるパーツ数が豊富

サイコムは選べるパーツ数が豊富なのが特徴で、マザーボードやGPUの種類を選択することも可能です。

拡張カードも追加可能なので、例えばサウンドカードなら「ASUS Xonar SE」、「Creative Sound Blaster」シリーズ、「ASUS Essence STX II」などを追加できます。

 

そして、CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

初期構成では「Intel Core i7-10700K」ですが、よりハイスペックにするなら「Intel Core i9-10900K」にカスタマイズも可能です。

 

また、GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

初期構成では「GeForce RTX2070 SUPER」ですが、よりハイスペックにするなら「GeForce RTX2080Ti」にカスタマイズも可能です。

 

CPUとGPUのデュアル水冷で冷却性と静音性を両立

最大の特徴としては、CPUとGPUに高性能な水冷クーラーが標準搭載している点で、GPUについてはサイコム独自で組み込んでいます。

PC内部のエアフローも考慮されており、冷却性と静音性を両立しているのが最大のメリットです。

 

大型冷却ユニット対応のエアフローや静音性を重視したPCケース

PCケースにはFractal Design製の「Define S2」を採用し、スタイリッシュなフロントデザインと、エアフローや静音性を重視しており、大型冷却ユニットにも対応しているのが特徴です。

 

メモリとストレージ容量も完璧

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「16GB」のため、容量不足に悩む心配はほぼないでしょう。

 

また、ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

初期構成でストレージ「M.2 SSD 512GB」であり、通常のSSDよりもデータ転送速度が速い『M.2 SSD』を搭載し、ストレージ容量も多くて完璧です。

 

80Plus GOLD認証750W電源を標準搭載

電源はPCの「心臓部」と例えられますが、SilverStone製フルモジュラー式80Plus GOLD認証750W電源「SST-ST75F-GS V2」を標準搭載し、トータルバランスに優れ高品質なのが特徴です。

 



サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」のカスタマイズ例

カスタマイズ例初期構成ハイスペック構成最高スペック構成
価格帯約29.9万円約33万円約43万円〜
CPUCore i7-10700KCore i7-10700KCore i9-10900K
メモリ16GB16GB32GB
GPURTX2070 SUPERRTX2080 SUPERRTX2080Ti
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 512GB
カスタマイズ箇所GPUを変更CPU、メモリ、GPUを変更

カスタマイズ例は上記の通りで、CPU、メモリ、GPUなどをカスタマイズすればよりハイスペック構成にすることが可能です。

その他、マザーボードの種類変更や拡張カードも追加可能なので、一度チェックしてみて下さい。

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」はこんな人におすすめ!

  •  サイコム(Sycom)でハイスペック構成のゲーミングPCが欲しい
  •  パーツの品質は高い方が良い
  •  自作PCのようにできる限り自分でパーツを選びたい
  •  無線LAN&Bluetooth搭載のマザーボードがよい
  •  拡張カードどしてサウンドカードなども追加したい

 

最後に

今回はサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z490 Extreme」について解説しました。

初期構成のままでもバランスが良いですが、カスタマイズも豊富なので、サイコム(Sycom)でハイスペック構成のゲーミングPCを求める人に最適です。

ゲーミングPCを探している人は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間13.3万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


ゲーミングPCならBTO

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「どう選べばいいの?」という人も多いですよね。BTOなら自分好みにカスタマイズすることも可能でおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!



デジタルコンテンツ素材販売店

ひょんなことから、私はiPhoneだけでデジタルコンテンツ(画像や動画など)を作成するチャレンジを始めました。

そこで、試しに自作したデジタルコンテンツの素材販売店をオープンしてみたので、よければぜひ一度チェックしてみて下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です