サイコム(Sycom)のハイスペック構成!ゲーミングPCは「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

これからゲーミングPCを購入しようと検討している人も多いと思いますが、「サイコム(Sycom)でハイスペック構成なら、どのゲーミングPCがおすすめなの?」という人もいますよね。

 

そんな人は、サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」がおすすめですよ!

 

この記事では、そんなサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」について解説します。

尚、今すぐサイコムのゲーミングPCの情報を見たい方はこちら → BTOパソコンのサイコム

 



サイコム(Sycom)のハイスペック構成!ゲーミングPCは「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」がおすすめ!

スペック

価格帯 約64万円〜
CPU Intel Core i9-12900K
メモリ 32GB
GPU GeForce RTX3080Ti(カスタマイズ)
ストレージ M.2 SSD 512GB

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」は、BTOパソコン製造メーカーである「BTOパソコンのサイコム」のゲーミングPCです。

初期構成でもバランスが良いですが、GPUをRTX3080Tiにカスタマイズすることで、最新PCゲームでもグラフィック設定によっては平均144〜240fpsが狙えるスペックになります。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」のおすすめポイントは?

  •  デュアル水冷システムを標準搭載
  •  ゲーミングマザーボードを標準搭載
  •  80Plus GOLD認証850W電源を標準搭載
  •  第12世代の最上位CPU「Intel Core i9-12900K」搭載
  •  GPUは「GeForce RTX3080」以上にカスタマイズ可能
  •  メモリとストレージ容量も完璧

 

デュアル水冷システムを標準搭載

CPUとGPUに対してデュアル水冷システムを標準搭載し、冷却性能だけでなく、静音性も優れているのが特徴です。

 

ゲーミングマザーボードを標準搭載

初期構成で高品質のゲーミングマザーボード「ASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI」を標準搭載し、マザーボード自体に無線通信機能(WiFi、Bluetooth)が付いているのも特徴です。

 

80Plus GOLD認証850W電源を標準搭載

電源はPCの「心臓部」と例えられますが、そんな電源にはSilverStone製フルモジュラー式80Plus GOLD認証850W電源「SST-ST85F-GS V2」を標準搭載し、トータルバランスに優れ高品質なのが特徴です。

 

第12世代の最上位CPU「Intel Core i9-12900K」搭載

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

そんなCPU「Intel Core i9-12900K」は、第12世代CPUのi9シリーズであり、高性能CPUコアと省電力CPUコアを搭載する「Hybrid Architecture」を採用し、16コア24スレッドなのが特徴です。

 

旧世代のi9シリーズと比べるとコア数やスレッド数が多く(8コア16スレッド→16コア24スレッド)てマルチ処理性能が向上しているほか、1コアあたりの性能も約17%ほどアップしています。

 

GPUは「GeForce RTX3080」以上にカスタマイズ可能

GPUはグラフィックボードやビデオカードを指し、画像を高速で描く役割であるため、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

初期構成のGPUは「GeForce RTX3070」ですが、より性能が高い「GeForce RTX3080」以上にカスタマイズ可能です。

 

ハイエンドGPUについては、RTX3080Tiがコスパが高めでおすすめです。

 

メモリとストレージ容量も完璧

メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。(例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど)

初期構成でメモリ「32GB」のため、容量不足に悩む心配はほぼないでしょう。

 

また、ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があり、違いは次の通りです。

  •  HDD:スピードは遅いが、安くて容量が多い
  •  SDD:スピードは早いが、HDDと比べて高い

初期構成でストレージ「M.2 SSD 512GB」であり、通常のSSDよりもデータ転送速度が速い『M.2 SSD』を搭載し、ストレージ容量も多くて完璧です。

 



サイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」はこんな人におすすめ!

  •  サイコム(Sycom)でハイスペック構成のゲーミングPCが欲しい
  •  最新PCゲームでもグラフィック設定を調整して平均144〜240fpsを狙いたい
  •  RTXシリーズのGPUで、リアルタイムレイトレーシングやDLSSを体験したい
  •  ストレージはSSD搭載で、容量も多い方がよい

 

最後に

今回はサイコム(Sycom)「G-Master Hydro Z690 Extreme/D5」について解説しました。

GPUをカスタマイズするとハイスペック構成になり、最新PCゲームでもグラフィック設定によっては平均144〜240fpsが狙えるスペックになるため、サイコム(Sycom)でハイスペック構成のゲーミングPCを求める人に最適です。

ゲーミングPCを探している人は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。

 

\ 公式サイトで現在の価格をチェック /

 

The following two tabs change content below.

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間13.3万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


おすすめのゲーミングPCまとめ

近年、eスポーツという言葉が浸透し、ゲーミングPCの需要も増えましたが、「ゲーミングPCはどう選べばいいの?」という人も多いのではないでしょうか。そんなPC初心者でも迷わず選べるよう、おすすめのゲーミングPCをご紹介します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。