就職・転職する前に企業の違いを理解しよう!IT業界について元SEが教えます。


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

 

「IT業界ってどんな感じなんだろう?」

「よくブラック企業が多いって聞くけど大丈夫なの?」

 

特に就職活動を始める学生さんなどは気になりますよね。

説明会などではいい部分しか見せませんし・・

 

そこでこの記事では、SEとして5年勤めた私が、IT業界について解説します。

 



IT業界について

 

IT業界といっても、様々な企業がありますね。

ですが、日本のIT業界の企業は主に2つに分類されます。

 

一つは、自分のものを開発する企業です。

そしてもう一つは、他人のものを開発する企業です。

 

自分のものを開発する企業

前者は主に自社でWebサービスやパッケージなどを開発し、作ったものを売ることで利益を上げる企業です。

 

つまり、作るのは自分のものなので、開発における自由度が高いメリットがあります。

 

例えば開発言語やツールなどを自由に決めることができ、効率化のため最新の技術を使うことも多いです。

 

ただし、作ったものが売れなければ利益が上がらないというデメリットもあります。

市場のニーズがあるより良いものを作らなければいけません。

 

他人のものを開発する企業

それに対し後者は、顧客の要望によりオーダーメイドのシステムやソフトウェアを開発し、利益を上げる企業です。

 

オーダー通りに作れば確実に利益を上げられるメリットがあります。

 

ただし、他人のものを作るので、全ての決定権は顧客にあります。

そのため、限られた予算の中で高い品質を求められることが多く、納期が厳しくなる傾向があります。

 

そして他人のものを開発する場合、セキュリティ面の考慮から客先常駐として働くことがほとんどです。

 

客先常駐というのは、まさにお客さんの会社に出社して開発を行います。

 

要は派遣です。

 

客先常駐について

 

私もこの客先常駐という形で働いてきました。

この働き方の問題点としては、客先にはメリットがありますが、働く側としてはデメリットが多い点です。

 

メリット

お客さん側のメリットとしては、正社員として雇用するわけでないため、人材コストがかかりません。

必要な時に必要な人材をプロジェクトに参画させ、不要になったら離任させることができます。

 

一方、エンジニアのメリットは、様々なプロジェクトに参画することができる点です。

様々な会社の社員として働くことができるため、それぞれの会社の違いを色々知ることができます。

 

デメリット

お客さん側のデメリットとしては、信用できる人材を参画させないと当たり外れが大きい点です。

一人当たりの単価は高いのに、期待する成果が出ないことが多いのが現状です。

 

一方、エンジニアのデメリットはとても多いです。

エンジニアは自分の会社ではなく、お客さんの会社に出社し、お客さんの会社の社員として働きます。

例えば電話対応をする際など、自分の会社ではなく、お客さんの会社名を名乗ります。

 

私はこの業界のことをよく知らないまま働いたので、これにはビックリしました。

自分の会社名を名乗って働けないなんておかしくないですか?

 

問題はそれだけではありません。

先ほど述べたように、プロジェクトにとって不要になれば、人数調整のため離任させられます。

つまり、次の現場を探さなければなりません。

現場を探す際には、お客さんとの面談があり、うまく自分をアピールして採用されないとプロジェクトに参画できません。

そのため、新入社員などはスキルがないため、嘘の経歴で面談に挑むこともよくあります・・

 

 

つまり何が言いたいかというと、働くエンジニアにとってはとても

ストレスが大きい

という点です。

 

私もバイタリティは高い方ですが、この働き方を続けるのは限界だなと感じるようになり、結果会社を辞めました。

 

また、どのようなプロジェクトに参画できるかは運要素が強く、分業制であることが多いため、エンジニアとして数年勤めたとしてもスキルが身につかないことも多いです。

 

 

特に新人は運が悪いと、何年経ってもテスターしとての業務ばかりやらされて、まともにプログラミングをすることもできません。

 

残念なことに、日本のIT企業というのはこの客先常駐をしている企業がほとんどです。

もしこれからIT企業を探す方は、こういった違いについてしっかり理解し、その企業がどちらに分類されるのかをしっかり見極めてから就職しましょう。

 



エンジニアのキャリアパス

 

このように、企業によってビジネスモデルが異なります。

そのため、自分のものを作る企業と他人のものを作る企業では、エンジニアに求める能力や将来のキャリアパスが異なります。

 

日本のIT企業のほとんどは他人のものを作る企業で、そこで働くエンジニアは主にSIerを指しています。

この場合、今までにない新しいものを開発するより既存のものを流用するケース(利用実績があればリスクが少ないため)が多いです。

つまり、プログラミングのスキルよりも、設計やマネジメント能力が求められます。

よくプログラミングができないエンジニアがいるというのはこのためです。

 

もし純粋なモノづくりがしたいエンジニアになりたい方は、SIerになってはいけません。

主にベンチャー企業が多いですが、自社開発をしている企業のエンジニアになりましょう。

ベンチャー企業では、今までにない新しい物を作ることが多いため、高いスキルがあるエンジニアが求められます。

 

SIerとは?
システムインテグレーション(SI)を行う業者のことで、ユーザーの課題解決のために、システムの企画、構築、運用サポートなどの業務を請け負う仕事です。主に受託開発や客先常駐でシステム開発をしている企業を指します。 

 

まとめ

  •  IT業界の企業は、自分のものを作る企業と他人のものを作る企業の2つに分類される
  •  日本のほとんどの企業は他人のものを作る企業で、主にSIerを指す
  •  それぞれメリットデメリットはあるが、客先常駐はストレスが高い
  •  純粋なモノづくりのエンジニアになりたければ、自社開発を行っている企業で働くべき

 

今回はIT業界について解説しました。

これからの時代、ストレスがかかる仕事はどんどんなくなっていきます。

そのため、客先常駐というストレスが大きいエンジニアの仕事もいつかはなくなっていくことでしょう。

 

もし、これからエンジニアになりたい方は、自分のものを作る企業を探すことをオススメします。

 

エンジニアになるなら、より良いモノづくりができる人材になることを目指しましょう!

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です