【スマブラSP】崖攻めと有効な立ち位置【中級者向け上達テクニック】


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

崖攻めの際には主に3つの立ち位置があるので、それぞれの特徴を知った上で相手に合わせて使い分けると、ある程度有利に立ち回ることが可能です。

この記事では、そんな崖攻めの際の有効な立ち位置について解説します。

 

 



【スマブラSP】崖攻めと有効な立ち位置【中級者向け上達テクニック】

崖端に立つ場合

一つ目の立ち位置は崖端に立つ場合です。

崖をつかむ瞬間には約2fの隙があるので、空下メテオが可能なキャラなどであれば、タイミングよく技を置くことでメテオスマッシュによる撃墜が狙えます。

また、この位置から崖奪いが可能なので、崖を奪った後に崖を離して空後を出すと撃墜を狙えます。

崖奪いは難しいテクニックで基本的には上級者向けですが、一部のキャラ(クラウド、マリオなど)は必殺技を使うことで簡単に崖奪いが可能です。

逆にこの位置に立つデメリットとしては、相手の攻撃(攻撃判定のある上必殺技、崖上がり攻撃、崖離し攻撃など)に当たりやすい点や、ジャンプ上がりや回避上がりを通されると有利状況が逆転してしまうことです。

そのため、上必殺技に攻撃判定がないキャラに対して、崖外に吹っ飛ばした後にすぐ崖端に立ち、相手が崖をつかむ瞬間に空下メテオを狙う(ダメだったらすぐ台の中央に戻る)か、崖をつかんで様子見をするのを読んだら崖奪いから撃墜を狙うのが基本です。

 

関連記事👇

【スマブラSP】崖つかまり移行時の隙(最大2f)【中級者向け上達テクニック】

2019年8月15日

スマブラSPの崖奪いとコツ【上級者向けテクニック】

2019年2月3日

 

崖から離れた位置に立つ場合

二つ目の立ち位置は崖から離れた位置に立つ場合です。

この位置に立つと相手のその場上がりに対してリスクを付けるのが難しいのが最大の弱点ですが、崖を上がられても相手が崖端にいることは変わらないため、有利状況を維持しやすいのが最大のメリットです。

相手がプロゲーマーぐらい上手い場合はほとんどミスをしないので有利状況を維持するだけでは撃墜できませんが、それ以外は有利状況をひたすら維持し続けるとミスして自滅してくれることも多々あるので、比較的安定的な立ち位置になります。

もちろん、有利状況を維持しつつ、崖外に吹っ飛ばしたら復帰阻止を狙ったり、プレッシャーをかけてミスを誘うのも大事になります。

 

有利状況を維持する際には、相手のジャンプ上がりに対して上図のように技を置くと、台の内側に入られるのを阻止しやすいです。

 

また、相手が回避上がりをすると上図のような位置に転がってくるため、立っていた位置で技を振るだけで回避上がりの後隙を狩りやすいのが特徴です。

尚、その場上がりをした後に横回避で内側に入るという選択肢もありますが、この位置なら対応しやすいのもメリットです。

 

関連記事👇

スマブラSPで崖攻めのコツ【中級者向け上達テクニック】

2019年4月20日

 

崖の近くに立つ場合

三つ目は崖の近くに立つ場合ですが、結論から言うとこの位置がある種最強の立ち位置になります。

その理由としては、この位置で上図のようにシールドを張って待った場合、崖上がりの主な4つの選択肢(ジャンプ上がり、その場上がり、回避上がり、攻撃上がり)の内、その場上がりと攻撃上がりの2つを潰すことが可能(シールドキャンセルつかみが確定)です。

すると、相手はジャンプ上がりか回避上がりをする可能性が非常に高くなりますが、それらもこの位置から対応可能です。

※ただし、自分が使っているキャラによっては対応できない可能性もあるので注意

 

例えばジャンプ上がりを読んだら、タイミングを図って持続の長い技(ルキナなら空Nなど)を置くと、ジャンプ上がりを狩れる可能性があります。

 

また、回避上がりを読んだ場合は、タイミングを図ってシールドを解除しておけば、反転してダッシュつかみをしに行けば、相手の回避上がりを狩ることができます。

そんな感じでジャンプ上がりや回避上がりにも対応することは可能ですが、それを相手に読まれているとその場上がりや攻撃上がりを通されることもあるため、その点は読み合いになります。

 

関連記事👇

【スマブラSP】対人戦に必要な択と読み合いとは?

2019年5月19日

 

そして、崖上がりで最も重要なことはタイミングをずらすこと(すぐに上がったり、ちょっと待ってから上がったり)なので、相手が上手くなってくると崖をつかんだ状態で待つことが多いです。

特にシールドを張られて待たれると、「ジャンプ上がりにするか回避上がりにするか、それともシールド解除を読んで攻撃上がりにするべきか・・」というように一瞬迷いが生じたりするため、崖奪いからの撃墜が狙いやすくなるのもこの位置に立つメリットになります。

 

崖を奪えると上図のように相手が浮きます。

 

崖を奪った後に崖を離してジャンプ空後をすると、高確率で撃墜が狙えます。(ただ使用キャラによるので注意)

ただし、崖奪いは難しく、失敗した時のリスクも大きいため、ハイリスク・ハイリターンな選択肢ということを覚えておきましょう。

尚、この位置に立った場合は、崖端に立った場合と同様のデメリット(相手の攻撃に当たりやすい、台の内側に入られやすく有利状況が逆転しやすい)があるので注意しましょう。

 

動画で見たい方はこちら

 



最後に

今回はスマブラSPにおける崖攻めの際の有効な立ち位置について解説しました。

立ち位置によってメリットやデメリットが異なるため、それぞれの特徴を生かしつつ、相手の動きに合わせて使い分けると有効です。

立ち位置による違いがわからなかった人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


ゲーミングPCならBTO

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「どう選べばいいの?」という人も多いですよね。BTOなら自分好みにカスタマイズすることも可能でおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!



資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です