Ripple(リップル)とは?特徴や将来性についてまとめ


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

Rippleが順調に高騰して盛り上がっていますよね!

 

「Rippleはどういう仮想通貨なの?」

「Rippleの将来性は?」

という方も多いのではないでしょうか。

 

Rippleは、明確に目標がある世界的に価値のあるプロジェクトなんですよ!

 

この記事では、そんなRippleについて解説します。

 



Ripple(リップル)とは?

 

Ripple(リップル)は、リップル社(Ripple Inc)によって開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システムで、外国為替・送金ネットワークのことです。

そして、そのシステムのネイティブ通貨がXRP(エックスアールピー)です。

 

つまりRippleとは、単に通貨のXRPのことではなく、XRPを含めたシステム全体のことを指しています。

 

(XRP + 決済・送金プロトコル + アプリ(ゲートウェイやウォレット、エクスチェンジ)群の総体)

 

Ripple(リップル)の目的は?

 

Rippleは、世界で唯一の法人向け国際送金ブロックチェーンソリューションです。

 

現在、世界中で約155兆米ドル以上の国際送金が行われていますが、それを支える送金インフラは時代遅れで欠陥だらけです。

 

そんな問題を解決するため、Rippleは銀行、送金業者とデジタルアセット取引所をRippleNetで繋げ、スムーズな国際送金を実現するのが目的です。

 

Ripple(リップル)の特徴は?

 

Rippleの特徴としては、以下の点が挙げられます。

  •  取引の高速性
  •  1秒あたりの処理件数
  •  低コスト

 

取引の高速性

 

従来のシステムで3〜5日かかっていた送金が、Rippleでは4秒で完了します。

他の仮想通貨であるビットコインやイーサリアムよりも速いのが特徴です。

 

1秒あたりの処理件数

 

XRPは一貫して24時間365日、毎秒1500件の取引を処理することができます。

また、2017年7月15日時点で1秒あたり50,000件の取引まで大きくできるので、Visaカードのシステムと同等の処理を行うことができます。

※ Visaカードのシステムは平均4000~6000tps(トランザクション/秒)

 

低コスト

 

新興市場への送金においては世界中の現地通貨口座への事前の資金の用意が必要になることが多く、流動コストが高くなります。

Rippleはそんな流動性コストを最小化し、流動性面への資本要件を大幅に引き下げることができます。

 



Rippleと他の仮想通貨の違い

 

Rippleはスムーズな国際送金が目的のため、ビットコインのような他の仮想通貨とは以下の点が異なります。

  •  Rippleはあくまで銀行システムの置き換えで、決済システム
  •  XRPはあくまでブリッジ通貨に過ぎない

 

例えばRippleが広く金融決済で使われるようになっても、決済はそれぞれの通貨建てで行われます。

そのため銀行などはXRPを保持せず、必ず精算され最後は法定通貨に変わります。

つまり、XRPの価格は実質的にはいくらでも良いということです。

 

したがって、XRPは魅力のある投資として耳にすることが多いですが、XRP自体はそういう物ではないということです。

 

Ripple(リップル)の将来性は?

 

Rippleの2017年3月頃の価格は0.7円でしたが、2017年12月には129円となり、約180倍以上に高騰しています。

これは、Rippleが投機対象として広く認知され、多くの資金が流入したことが大きな要因だと考えられます。

 

ただし、Ripple自体が世界的に価値があるプロジェクトのため、今後もさらに認知が広がり、多くの投資家の資金が流入してくることは間違いないでしょう。

 

どのくらいまで価格が上昇するかはわからないものの、早めに買っておけば間違いなく価格が上昇する仮想通貨の一つであることは間違いないと思います。

※もちろんリスクはありますので、余剰資金で投資することをおすすめします。

 

2017年度の価格上昇率

 

Rippleの2017年3月頃の価格は0.7円で、2017年12月31日には239.7395円という結果となりました。

 

これは、1年で約340倍以上に価格が上昇したことになります。

 

まだ、Rippleの認知度が高くないので、2018年度以降も価格上昇は期待できるでしょう。

 

2018年度の価格上昇率

 

Rippleの価格が、2018年1月3日には300円を突破しました。

その後、2018年1月4日には一時400円を突破しています!

2018年度はどこまで価格が上昇するのか楽しみですね。

 

余剰資金に余裕がある方は、まだ間に合うんじゃないかなと思うので、ぜひ購入してみて下さいね!

 



Ripple(リップル)の売買可能な取引所は?

 

Rippleが売買可能なのは以下の取引所です。

  •  Coincheck
  •  bitbank
  •  GMOコイン

 

この中で板取引ができるのはbitbankだけなので、手数料を安く抑えたい方はbitbankを利用しましょう。

ただし、bitbank自体の利用者数がまだ少ないのと、取引が成立しないと売買できないため、他の販売所の価格もチェックしながら取引することをおすすめします。

 

 

おすすめの仮想通貨取引所

ビットバンクはリップルやイーサリアムの購入におすすめです。
メールアドレスだけで、1分で無料口座開設ができます。

 

CoinchekとGMOコインについて

また、CoincheckとGMOコインは販売所のため、各取引所が保有する通貨を直接購入することになります。

販売所からの購入は、スプレッド(売買差額)と呼ばれる手数料が含まれる価格での購入となるため板取引に比べると高いですが、大量に購入したい場合は確実に手に入るのが特徴です。

 

  • 関連記事

手数料が安い仮想通貨取引所は?販売所と取引所の違いや手数料を比較

2017.11.07

 

最後に

 

今回はRippleについて解説しました。

Rippleは調べると奥が深く、世界的に価値があるプロジェクトだということがわかりました。

2018年以降に本格的に実用化されていくと思うので、今後益々期待していきたいですね!

 

 

おすすめの仮想通貨取引所

ビットバンクはリップルやイーサリアムの購入におすすめです。
メールアドレスだけで、1分で無料口座開設ができます。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です