退職後の手続きしたことある?実体験で順番をまとめる


こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

みなさんは会社を辞めて無職になった経験はありますか??

 

会社を辞めて無職になると色々手続きが必要なんですが、これが意外と大変だったりするんです。

 

この記事では、私が2017年10月現在における実体験を元に、退職後に必要な手続きについてまとめます。

 

また、退職に関する記事も書きましたので、会社を辞めようか考えている方はコチラの記事も参考にしてみて下さい。

30歳、仕事辞めました。自分の好きな事で生きていこうと思います。

2017.10.01

 



離職票を受け取る

退職後に次の就職先が決まっていない場合、離職票を受け取りましょう。

離職票は、退職後約1週間以内を目処に自宅に郵送されます。

私の場合は9月29日退職で、10月7日(土)に届きました。

1週間〜2週間経っても届かない場合は、会社に連絡して確認しましょう。

 

離職票受け取り後の手続きの順番について

離職票が届いたら、まず役所に行って健康保険と年金の手続きをしましょう。

離職票は離職したことを確認するのに使います。

最初に失業保険の手続きをすることも可能ですが、離職票が回収されてしまいます。

健康保険や年金の減免手続きの際の確認で必要になる可能性があるので、必ず健康保険と年金の手続きから行いましょう。

 

国民健康保険の加入・減免手続き

健康保険については、会社で加入していて保険を継続するか、国民健康保険に加入するかを選びます。

毎月の支払い額などが変わってきますので、継続するか国民健康保険に加入するかをしっかり検討しましょう。

 

国民健康保険に加入した場合、お住いの地域によっては減免手続きを受けられる場合があります。

減免手続の加入条件については役所に問い合わせて確認しましょう。

ちなみに私は東京の杉並区在住ですが、自己都合退職の場合は減免は受けられないとのことでした・・

 

尚、東京都の在住の方で手続きをする際は、最寄りの区民事務所でなく区役所に行きましょう。

私も近くに区民事務所があるので最初はそこに行きましたが、ここでは減免などの手続きはできないと言われました。

地域によって違うかもしれないので、事前に確認してみて下さい。

 

国民健康保険の納付額について

国民健康保険の毎月の支払い額については、前年度の所得によって計算されるようです。

概ね、前年度の年収の1割を12分割したのが1ヶ月の納付額になるとのことです。

 

また、私の場合は退職日との兼ね合いで9月末から加入となりますが、1日でも加入しているとその月の1ヶ月分の納付が必要であると言われました。

したがって、私は9月〜翌年3月までの7ヶ月分が今年度の納付額になるという話です。

 

10月に加入手続きをしたのに9月分も徴収されるという悲劇・・

 

保険料高すぎなので注意して下さい!

 

ちなみに高すぎて払えない場合はどうすればいいか聞いてみました。

すると、分納が可能なようです。

電話でも手続きが可能ということなので、私も金額を確認して分納を検討します!

 

国民年金の加入・減免手続き

次は国民年金の手続きです。こちらは離職票があれば免除申請が可能なようです。

私も来年の6月まで免除になりました。

 

7月に切り替えがあるので、再度免除申請が必要な場合は、7月に手続きをして下さいとのことでした。

尚、7月の上旬は役所が混むとのことです!

免除している人多いみたいです。

 

 



失業保険の手続き

最後に失業保険の手続きをします。

手続きにはお住いの地域のハローワークに行きましょう。

初回の手続き後は、後日何回かハローワークに行く必要がありますので覚えておきましょう。

 

手続きに必要なものは以下となります。

  •  離職票ー1(個人番号欄と求職者給付等払渡希望金融期間指定届を記入する。金融機関指定届に銀行で確認印を押してもらうか、通帳が必要になります。)
  •  離職票ー2(下部にある写真貼り付け欄に写真を1枚貼ります。)
  •  個人番号を確認できるもの(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバー記載の住民票。)
  •  身分証明書(運転免許証、保険証、年金手帳など。)
  •  印鑑
  •  写真2枚(タテ3.0cm×ヨコ2.5cm、1枚は離職票に貼り、1枚は書類提出時に必要です。)
  •  本人名義の預金通帳(インターネットバンク・外資系金融機関以外のもの。金融機関指定届に銀行で確認印を押してもらえば通帳は不要。)
  •  船員であった方は船員保険失業保険証および船員手帳
  •  求職申込書(離職票と一緒に届くと思います。事前に記載しておきましょう。)

 

受給手続き

まず最初にハローワークに行くと受給手続きとなります。

総合受付で失業保険の手続きに来たと伝えて下さい。係りの方が案内してれます。

16時以降は混むようなので、なるべく午前中など早めに行きましょう。私も午前中に行きましたが結構混んでいました。

 

受給手続きで離職理由の確認等を行い、失業認定のスケジュールが決まります。

自己都合退職した場合でも離職理由の確認の際に、退職理由の変更が可能になる場合があるようです。

 

例えばブラック企業に勤めていた方は、離職理由に間違いがないか相談や確認をしっかり行いましょう。

 

尚、私のように自己都合退職の場合は、初回認定後3ヶ月の給付制限がかかります。3ヶ月経つまで給付されないので注意しましょう。

 

失業認定のスケジュール

ハローワークで離職票を提出日から初回認定日までの間に職業講習会と雇用保険受給説明会に参加します。

受給手続きの際に貰う「雇用保険受給資格者のしおり」で日付を確認して参加しましょう。

私の場合、10月10日に離職票の提出、13日に職業講習会、23日に雇用保険説明会、10月30日に初回認定というスケジュールです。

 

職業講習会

この講習会では、求人・就職状況、早期再就職の重要性、応募の準備やハローワークの利用案内、求人票の味方について、約1時間の説明があります。

 

持参するものは以下の通りです。

  •  受給資格者のしおり
  •  ハローワークカード(求職番号の確認に必要です)
  •  筆記用具
  •  求人票(私の場合は不要でした。)
  •  失業認定申告書(受給資格者のしおりを受け取る際に一緒にもらいます)
  •  その他(ハローワークの利用ガイド)

 

この日に就職活動状況アンケートを受け取りますが、それは初回認定日に提出します。

尚、この説明会に参加すると、求職活動1回分にカウントされます。(受付時に失業認定申告書にハンコを押してもらえます。)

 

雇用保険受給説明会

この説明会の受付時に雇用保険受給資格者証を受け取ります。

そして説明かでは、雇用保険受給に関するビデオを40分みた後、雇用保険受給資格者証の説明と失業認定申告書の書き方についての説明が約1時間あります。

持参するものは以下の通りです。

  •  受給資格者のしおり
  •  失業認定申告書
  •  印鑑
  •  筆記用具
  •  認定スケジュール

 

初回認定日

この日は指定されている時間帯にハローワークに行き、失業の認定(初回認定)を受けます。

持参するものは以下の通りです。

  •  就職活動状況アンケート
  •  失業認定申告書
  •  雇用保険受給資格者証
  •  印鑑(書類に訂正がある場合に使用する)

 

ハローワークに着いたら職業相談の窓口で発券します。

担当者に呼ばれたら、就職活動状況アンケート、失業認定申告書、雇用保険受給資格者証を提出します。

担当者の方がアドバイスなどをしてくれた後、失業認定に提出する書類を作成してくるので(クリアファイルを受け取ります)、それを失業給付の受付の場所に持って行きます。

 

失業給付の受付についたら、先ほど受け取ったクリアファイルを近くの担当者か、専用のボックスに入れ、名前を呼ばれるまで待ちます。

名前が呼ばれたら、次の失業認定申告書と雇用保険受給資格者証を受け取り、初回認定は終了です。

※時間は混み具合によりますが、30分〜1時間ぐらいで全て完了すると思います。

 

この日から失業給付を受けれる方は、加えて担当者から説明があるのではと思います。

私の場合は、自己都合退職で給付制限が付くため、この日は失業給付は受けれません。

 

私は次の失業認定日が3ヶ月後の2018年1月22日で、この日から給付を受けることが出来ます。

そして、次の失業認定で給付を受けるには、次の認定日までに求職活動が3回以上必要なようです。

 

尚、私は指定の時間より30分ぐらい早くハローワークについてしまいましたが、特に問題はありませんでした。

認定日は混むことから、来る時間帯が指定されていますが、ちょっとぐらい早く着く分には大丈夫なようです。

 

まとめ

  •  退職後の手続きは離職票を受け取ってから行う
  •  健康保険、年金、失業保険の順に手続きをする
  •  健康保険や年金は減免手続きが可能な場合があるので、お住いの地域の役所で手続きの条件等を確認しておく
  •  失業保険の手続きには何度かハローワークに行く必要がある
  •  職業講習会は、求職活動1回分にカウントされ、就職状況やハローワークの利用について約1時間説明がある
  •  雇用保険受給説明会は、雇用保険受給に関するビデオを約40分、追加の補足説明が約1時間ある
  •  給付制限が付いている人の初回認定はすぐに終わる
  •  給付制限が付いている人は、初回認定後の次の認定日までに、求職活動が3回以上必要

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

2018年1月1日に開業したプロブロガー1年目です。 元EBSエンジニア(SE)で、今はブログ運営とゲーム配信をしています。 Rubyを中心としたWeb開発情報や仮想通貨について情報発信中です!








シェアありがとうございます、


時代の変化とともに、多様な生き方へ

仕事がAIや自動化で無くなっていく時代を生き抜くために、
モノ創りと多様な生き方を示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です