レインボーシックスシージ(R6S)におすすめのスペックとゲーミングPC


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

FPSゲームで今人気なのがレインボーシックスシージ(R6S)ですよね。

eスポーツとしても盛り上がってきているので、これからプレイする人もさらに増えて行くのではないでしょうか。

対応ハードとしてはPS4やXbox Oneもありますが、FPSゲームなら間違いなくPC版がおすすめです。

 

「でも、R6SならどんなゲーミングPCがおすすめなの?」

 

と、悩んでいる人も多いと思うんです。

そこでこの記事では、R6SにおすすめのスペックとゲーミングPCについて解説します。

 



レインボーシックスシージ(R6S)におすすめのスペックとゲーミングPCは?

 NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVNEXTGEAR-MICRO im610SA1-CGALLERIA XVNEXTGEAR i680PA1GALLERIA XGGALLERIA XZGALLERIA ZZ RTX
価格帯約9万円約11万円約17万円約19万円約24万円約28万円約35万円
CPUCore i5-8400Core i5-8500Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700K
メモリ8GB8GB8GB16GB16GB16GB32GB
GPUGTX1050GTX1060 3GBGTX1070TiGTX1080RTX2080RTX2080TiRTX2080Ti
ストレージHDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 250GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 3TB
カスタマイズ---SSD 250GBを追加メモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを16GB→32GB
こんな人向け安さ重視コスパ重視売れ筋構成で、SSDの容量多めハイスペックで低価格RTX2080搭載で低価格RTX2080Ti搭載で低価格プロ仕様

※価格帯については、カスタマイズを含めた価格です。

 

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」

関連記事:10万円以下で安さ重視!ゲーミングPCはG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」がおすすめ!

 

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」

関連記事:10万円台前半でコスパ重視!ゲーミングPCはG-Tune「NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XV」

関連記事:20万円以下で人気No1!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XV」がおすすめ!

 

G-Tune「NEXTGEAR i680PA1」

関連記事:20万円以下でハイスペック!ゲーミングPCはG-Tune「NEXTGEAR i680PA1」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XG」

関連記事:RTX2080搭載!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XG」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA XZ」

関連記事:RTX2080Ti搭載!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA XZ」がおすすめ!

 

ドスパラ「GALLERIA ZZ RTX」

関連記事:RTX2080TiのシングルGPU最高スペック!ゲーミングPCはドスパラ「GALLERIA ZZ RTX」がおすすめ!

 



レインボーシックスシージ(R6S)の最低動作スペックと推薦動作スペックは?

パース/スペック最低動作スペック推薦動作スペック
OSWindows 7、8.1、10Windows 7、8.1、10
CPU
  • Intel Core i3 560(3.3GHz以上)
  • AMD Phenom II X4 945(3.0GHz以上)
  • Intel Core i5-2500K(3.3GHz以上)
  • AMD FX-8120(3.1GHz以上)
メモリ6GB以上8GB以上
GPU
  • NVIDIA GeForce GTX 460
  • AMD Radeon HD 5870
  • NVIDIA GeForce GTX 670(760or960)
  • AMD Radeon HD 7970(R9 280x / R9 380)
ストレージ30GB以上47GB以上

 

※最低動作スペックは最低限の動作に必要なスペックであり、快適な動作を表すものではありません。

 

CPU性能一覧

CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。

ゲーム用途なら何も考えずIntel製のCPUがおすすめで、現在最新の第8世代のCPU「Intel Core i5-8400」以上なら快適に動作します。

 

GPU性能一覧

GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。

ゲーム用途なら何も考えずNVIDIA製のGPUがおすすめで、今はGPU「GeForce GTX 1050」以上なら快適に動作します。

2018年最新GPUが出ましたが、GTX1080Tiと比べるとRTX2080がおよそ3〜4%、RTX2080Tiがおよそ18〜30%性能アップのようです。

尚、ゲーム用途ならGPUはできるだけ性能が高いものを選ぶべきですが、その分価格が上がってコストパフォーマンスが悪くなるので注意が必要です。

 

レインボーシックスシージ(R6S)でおすすめのゲーミングPCまとめ

 NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVNEXTGEAR-MICRO im610SA1-CGALLERIA XVNEXTGEAR i680PA1GALLERIA XGGALLERIA XZGALLERIA ZZ RTX
価格帯約9万円約11万円約17万円約19万円約24万円約28万円約35万円
CPUCore i5-8400Core i5-8500Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700Core i7-8700K
メモリ8GB8GB8GB16GB16GB16GB32GB
GPUGTX1050GTX1060 3GBGTX1070TiGTX1080RTX2080RTX2080TiRTX2080Ti
ストレージHDD 1TBSSD 240GB + HDD 1TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 250GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 2TBSSD 500GB + HDD 3TB
カスタマイズ---SSD 250GBを追加メモリを8GB→16GBメモリを8GB→16GBメモリを16GB→32GB
こんな人向け安さ重視コスパ重視売れ筋構成で、SSDの容量多めハイスペックで低価格RTX2080搭載で低価格RTX2080Ti搭載で低価格プロ仕様

※価格帯については、カスタマイズを含めた価格です。

 

最後に

 

今回はレインボーシックスシージにおすすめのスペックとゲーミングPCについて解説しました。

3年目を迎えたゲームでPCの要求スペックも下がっているため、現在の低価格帯のゲーミングPCでも十分快適にプレイできますよ。

ただe-sportなどのガチプレイを求めるような人なら、できるだけ性能が高いゲーミングPCの方がいいのは間違いないので、目的に合わせて選びましょう。

今回ご紹介したゲーミングPCはどれもおすすめなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!









好きなことで生きるために

自分の好きなことや、得意なことを仕事にして、
生きていく方法をこのブログで示します。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です