【2019年】自作PC用GPU(グラフィックボード・ビデオカード)のおすすめ一覧


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

自作PC用にGPU(グラフィックボード・ビデオカード)を探している人もいると思いますが、どれを選べばいいか迷いますよね。

そこでこの記事では、自作PC用GPUのおすすめをご紹介します。

 



安いコスパ重視の自作PC用GPU(グラフィックボード・ビデオカード)

MSI「GTX 1060 GAMING X 6G」

スペック

  •  搭載チップ:NVIDIA/GeForce GTX 1060
  •  バスインターフェース:PCI Express 3.0 x16
  •  モニタ端子:DVIx1/HDMIx1/DisplayPortx3
  •  ベースクロック:1592MHz(定格1506MHz)
  •  ブーストクロック:1809MHz(定格1708MHz)
  •  データレート:8.1Gbps(メモリークロック8100MHz相当)
  •  メモリバス:192bit
  •  メモリ:GDDR5/6GB
  •  補助電源:8-pin x1
  •  サイズ:277x140x39 mm
  •  価格帯:約3.0万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

2019年売れ筋の自作PC用GPU(グラフィックボード・ビデオカード)

MSI「GeForce RTX 2060 VENTUS 6G OC」

スペック

  •  搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 2060
  •  バスインターフェース:PCI Express 3.0 x16
  •  モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3
  •  ブーストクロック:1710MHz(定格1680MHz)
  •  データレート:14 Gbps
  •  メモリバス:192bit
  •  メモリ:GDDR5/6GB
  •  補助電源:8-pin x1
  •  サイズ:226x128x41 mm
  •  価格帯:約5.4万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

MSI「GeForce RTX 2070 VENTUS 8G」

スペック

  •  搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 2070
  •  バスインターフェース:PCI Express 3.0 x16
  •  モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3
  •  ベースクロック:1410MHz
  •  ブーストクロック:1620MHz
  •  データレート:14 Gbps
  •  メモリバス:256bit
  •  メモリ:GDDR6/8GB
  •  補助電源:8-pin x1
  •  サイズ:226x128x41 mm
  •  価格帯:約6万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 



ハイエンド向けの自作PC用GPU(グラフィックボード・ビデオカード)

MSI「GeForce RTX 2080 VENTUS 8G」

スペック

  •  搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 2080
  •  バスインターフェース:PCI Express 3.0 x16
  •  モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3/USB Type-Cx1
  •  ベースクロック:1515MHz
  •  ブーストクロック:1710MHz
  •  データレート:14 Gbps
  •  メモリバス:256bit
  •  メモリ:GDDR6/8GB
  •  補助電源:8ピン×1、6ピン×1
  •  サイズ:268x114x42 mm
  •  価格帯:約10万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

MSI「GeForce RTX 2080 Ti VENTUS 11G OC」

スペック

  •  搭載チップ:NVIDIA/GeForce RTX 2080Ti
  •  バスインターフェース:PCI Express 3.0 x16
  •  モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3/USB Type-Cx1
  •  ベースクロック:1350MHz
  •  ブーストクロック:1635MHz
  •  データレート:14.4 Gbps
  •  メモリバス:352bit
  •  メモリ:GDDR6/11GB
  •  補助電源:8-pin x2
  •  サイズ:268x114x50 mm
  •  価格帯:約18万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

GPU性能一覧

 

最後に

今回は自作PC用GPUのおすすめをご紹介しました。

基本的には冷却性や静音性が高いMSIのGPUがおすすめですが、価格の安さやクロック周波数の高さを考慮するなら他のメーカーも視野に入ります。

また、コスパ重視ならGTX1060がおすすめですが、2019年以降はRTX2060や2070が売れ筋GPUになると思います。

今回ご紹介したGPUはおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

自作PCパーツのまとめ情報はこちら👇

【2019年】自作PCにおすすめのパーツまとめ!

2019年2月16日

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です