【2019年】自作PC用マザーボードのおすすめ一覧


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

自作PC用のマザーボードを探している人もいると思いますが、種類も豊富で選ぶのは結構大変ですよね。

そこでこの記事では、自作PC用マザーボードのおすすめをご紹介します。

 



安いコスパ重視の自作PC用マザーボード

ASRock「Z390 Pro4」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:3
  •  PCI-Express 16X:2
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:10
  •  価格帯:約1.3万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

バランス重視の自作PC用マザーボード

ASUS「ROG STRIX Z390-F GAMING」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:3
  •  PCI-Express 16X:3
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:10
  •  価格帯:約2.2万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

無線LAN&Bluetooth搭載の自作PC用マザーボード

MSI「MPG Z390 GAMING EDGE AC」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:3
  •  PCI-Express 16X:3
  •  無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  •  Bluetooth:対応
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:12
  •  価格帯:約2万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

ASRock「Z390 Taichi」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:8
  •  PCI-Express 1X:2
  •  PCI-Express 16X:3
  •  無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  •  Bluetooth:対応
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:3
  •  VRMフェーズ数:12
  •  価格帯:約2.9万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

ASUS「ROG MAXIMUS XI HERO(WI-FI)」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:3
  •  PCI-Express 16X:3
  •  無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  •  Bluetooth:対応
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:10
  •  価格帯:約3.8万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

オーバークロック向けの自作PC用マザーボード

ASUS「ROG MAXIMUS XI EXTREME」

スペック

  •  フォームファクタ:Extended
  •  CPUソケット:LGA1151
  •  チップセット:INTEL/Z390
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:1
  •  PCI-Express 16X:3
  •  無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  •  Bluetooth:対応
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:12
  •  価格帯:約5.3万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 



AMDの自作PC用マザーボード(Ryzen向け)

ASUS「ROG STRIX B450-F GAMING」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:SocketAM4
  •  チップセット:AMD/B450
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:3
  •  PCI-Express 16X:3
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:?
  •  価格帯:約1.3万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

GIGABYTE「X470 AORUS GAMING 5 WIFI [Rev.1.0]」

スペック

  •  フォームファクタ:ATX
  •  CPUソケット:SocketAM4
  •  チップセット:AMD/X470
  •  メモリタイプ:DDR4
  •  SATA:6
  •  PCI-Express 1X:2
  •  PCI-Express 16X:3
  •  無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  •  Bluetooth:対応
  •  SLI:対応
  •  CrossFire:対応
  •  M.2ソケット数:2
  •  VRMフェーズ数:8+3
  •  価格帯:約2万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

最後に

今回は自作PC用マザーボードのおすすめをご紹介しました。

オーバークロックをしない人であれば、マザーボードにこだわったりコストをかける必要はほとんどないため、価格帯や無線LANの有無を基準に選べばいいですよ。

尚、世界最大のシェアを誇るのはASUS(エイスース)のマザーボードで、私も愛用しています。

今回ご紹介したマザーボードはおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

自作PCパーツのまとめ情報はこちら👇

【2019年】自作PCにおすすめのパーツまとめ!

2019年2月16日

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です