【2019年】サウンドカードのおすすめ一覧


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

ゲーム用途などでサウンドカードを探している人もいると思いますが、どれを選べばいいか迷いますよね。

そこでこの記事では、サウンドカードのおすすめをご紹介します。

 



7.1ch対応のサウンドカード

ASUS「STRIX RAID PRO」

スペック

  •  タイプ:内蔵
  •  インターフェース:PCI Express
  •  サラウンド機能:7.1ch
  •  DAC:「SABRE9006A」
  •  S/N比:116db
  •  周波数特性:10Hz~48kHz
  •  サンプリングレート:24bit/192kHz
  •  インピーダンス:16,32~600Ω
  •  出力:4xアナログ/1xヘッドホンジャック(共に3.5mm)、1xS/PDIF
  •  入力:4xアナログ3.5mmジャック
  •  ASIO:対応
  •  価格帯:約1.4万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

ASUS「STRIX RAID DLX」

スペック

  •  タイプ:内蔵
  •  インターフェース:PCI Express
  •  サラウンド機能:7.1ch
  •  DAC:ESS TECHNOLOGY「ES9016 SABRE32 Ultra DAC」
  •  S/N比:124db
  •  周波数特性:10Hz~48kHz
  •  サンプリングレート:24bit/192kHz
  •  インピーダンス:16,32~600Ω
  •  出力:4xアナログ/1xヘッドホンジャック(共に3.5mm)、1xS/PDIF
  •  入力:4xアナログ3.5mmジャック
  •  ASIO:対応
  •  価格帯:約2万円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

最後に

今回はサウンドカードのおすすめをご紹介しました。

サウンドカードは必須ではありませんが、音質にこだわる人や、ゲームで定位感を高めるなら、サウンドカードを使いましょう。

今回ご紹介したサウンドカードはおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

自作PCパーツのまとめ情報はこちら👇

【2019年】自作PCにおすすめのパーツまとめ!

2019年2月16日

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!








シェアはこちらから


本を、聴こう。

オーディブルなら、プロの声優やナレーターが朗読した本(音声コンテンツ)を、耳で聴いて楽しめます。



資産運用ならウェルスナビがおすすめ!

ウェルスナビなら誰でも簡単に自動で資産運用を始められますよ!
まだ資産運用を始めてない人は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です