【スマブラSP】キャラクター対策まとめ


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPのガチ対戦で勝つのは難しいですが、勝つためにはキャラクター対策が必須です。

もし対戦相手のキャラクターに対して対策不足の場合、既に知識差で負けが確定してい可能性もあり、簡単に負けてしまうことも少なくありません。

ただし、スマブラSPではキャラクター数がとても多いため、対策するのも一苦労ですよね。

そこでこの記事では、スマブラSPのキャラクター対策についてまとめます。

※必要な情報がわかり次第、随時更新します。

 

 



目次

【スマブラSP】マリオの対策

 

長所

  •  スタンダードキャラクターで隙が少ない
  •  空中からの攻撃が比較的強い
  •  牽制用に優秀な飛び道具持ち
  •  飛び道具を反射可能

 

短所

  •  リーチが短い
  •  単発火力は低いのでコンボ必須
  •  撃墜技が少ない
  •  横方向への復帰力は低い

 

対策メモ

マリオはスタンダードキャラクターであり、小さめで機動性も高く、飛び道具も持っていて結構強い。

序盤はジャンプや飛び道具のファイアボールで牽制してくることが多く、飛び道具でガードを固めさせて投げに行ったり、飛び道具を飛び越えてきた相手に置きのスマッシュを当てようとするので注意する。

そのため、まずはマリオのジャンプに対してリスクをつけられると戦いやすくなる。例えば飛び道具を持っていれば、マリオのジャンプに当たるように打てればかなり有効で、マリオを困らせて地上から攻めさせることが可能となる。

マリオの攻めとしては、投げや空中技からコンボを仕掛けてくるが、リーチが短いのが弱点なので、リーチが優れているキャラを使っていれば戦いやすい。

マリオがダッシュしてきたら投げコンボを狙っている可能性が高いため、投げを読んだらその場回避から反撃するのが有効となる。

また、マリオの攻撃で崖側に吹っ飛ばされた場合は空前でメテオスマッシュを狙ってくることが多いため、崖際や崖上がりには注意する。

 

【スマブラSP】ドンキーコングの対策

 

長所

  •  重量級で吹っ飛びにくい割に運動性能が高い
  •  リーチが長く、判定や火力が強い技が多い
  •  投げで掴んだまま移動可能で、ストック有利なら自爆(場外へ落下)も有効

 

短所

  •  技の隙や当たり判定が大きく守りは弱い
  •  移動速度が遅いため、優秀な遠距離攻撃には弱い
  •  空中での暴れ技が少なく、落下速度も遅いので着地狩りに弱い
  •  復帰能力が低く、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

ドンキーコングは意外とリーチも長く、近中距離でめちゃめちゃ強いキャラなので、優秀な遠距離攻撃を持っている場合は、それを活かして立ち回るのが有効。

ただし、上級者相手には対処されるため、ステップやガード、そしてジャンプを混ぜるなど、打ち方には細心の注意が必要。

また、意外と運動性能も高いため、基本的には後隙を狩る立ち回りが必要で、上に飛ばして着地狩りを狙うのもよい。

崖端に追い込まれると、空後を置かれて投げの拓を掛けられるので、投げを読んでその場回避を使うのも重要になってくる。

ドンキーコングの弱点としては縦への復帰能力が弱いことなので、崖下方向への復帰阻止を行えるキャラなら比較的戦いやすい。

復帰能力が弱いキャラを使っている場合は、投げを通されると崖外に移動されて横に投げられて即死亡するので、とにかく投げを通さない立ち回りが必須。

 

【スマブラSP】リンクの対策

 

長所

  •  3種類の飛び道具を使え、爆弾で復帰阻止も可能
  •  剣の攻撃判定が強く、飛んできた相手や空中にいる相手に当てやすい
  •  剣技の威力が高い
  •  盾で飛び道具を防ぐことが可能
  •  難易度は高いが爆弾復帰ができれば復帰力も高い

 

短所

  •  機動力が低く、特に空中にいるのは不利
  •  剣での攻撃は隙が大きい
  •  3種類の飛び道具を使いこなすのが難しい
  •  爆弾復帰が使えないと復帰力は弱い

 

対策メモ

リンクは飛び道具で相手を動かし、上から飛んできた相手に判定の強い剣で攻撃をするのが得意なので、基本的に地上から近づいた方が良く、空中から攻める場合は単調にならないようにする。(単純なジャンプ空前だけだと、対空で処理されて終わる)

特にブーメランを絡めたコンボは厄介で、戻ってきたブーメランに当たってから撃墜までされることもあるので注意。

リンクは機動力が低かったり、剣での攻撃は隙が大きいので、ステップやジャンプでフェイントし、相手に攻撃を振らせてから反撃するのが基本で、空中に飛ばして攻めるのも有効。

飛び道具を持っているが扱いが難しいので、自分の使用キャラが優秀な遠距離攻撃を持っている場合は、遠距離から牽制するのは有効。(逆に相手を動かせると良い)

剣攻撃主体のリンクに対してはしっかりガードから反撃することと、吹っ飛ばされた場合は安易に台上に戻ろうとせず、外にベクトル変更をして崖から上がった方が比較的安全。

爆弾復帰ができない人に対しては、復帰阻止も狙っていきたい。

 

【スマブラSP】サムスの対策

 

長所

  •  飛び道具が豊富で、チャージショットは溜めると強い
  •  置きの対空技が意外と強い(ただし発生は遅い)
  •  投げのリーチが長く、ワイヤー復帰も可能

 

短所

  •  機動力が低く、ふわふわしていて素早い相手が苦手
  •  攻撃の発生が遅く、溜めたチャージショット以外では撃墜しにくい

 

対策メモ

サムスは撃墜用にチャージショットを溜めながら、相手を近づかせないように遠距離攻撃を主体とする待ちキャラで、近距離戦やスピードのある相手は苦手とし、さらに反射持ちにも弱い。

そのため、とにかく近距離戦に持ち込んだり、スピードを活かした立ち回りが効果的で、特にチャージショットは溜めさせないようにすることが最重要。

飛び道具は隙が大きいので空前を刺しやすいが、飛び込み読みで置きの対空技は結構強いので、空中から攻める場合は注意する。

そのため、ジャンプ攻撃を匂わせて対空を誘い、DAなどの横方向へ強い技で着地狩りを狙うのが有効。

微妙な距離ではリーチの長い投げを通されるので注意することと、上手いプレイヤーはボムを撒いてごまかしてくるので、不用意に近づくと反撃されるので注意。

近づかれてサムス側が逃げたい場合、ジャンプよりもすぐに移動できる横回避を多用する可能性が高いため、横回避を多用する相手には方向を読んで持続の長い技を置けば当てやすい。(前後に判定がある下スマなど)

 

【スマブラSP】ダークサムスの対策

 

長所

  •  飛び道具が豊富で、チャージショットは溜めると強い
  •  置きの対空技が意外と強い(ただし発生は遅い)
  •  投げのリーチが長く、ワイヤー復帰も可能

 

短所

  •  機動力が低く、ふわふわしていて素早い相手が苦手
  •  攻撃の発生が遅く、溜めたチャージショット以外では撃墜しにくい

 

対策メモ

基本的にはサムスと同じですが、違う点は以下の通り。

  •  ジャンプ力が高い
  •  当たり判定が逆三角形
  •  回避モーションが異なる
  •  下強や空前などが電撃属性でコンボに繋げやすい
  •  上スマッシュの発生位置が低く、地上の相手にも当てやすい
  •  横スマッシュのリーチが短い

 



【スマブラSP】ヨッシーの対策

 

長所

  •  空中での機動力が高く横移動速度が速い
  •  空中技の発生が早く判定も強い
  •  飛び道具は独特な軌道で反射されづらく、牽制用として優秀
  •  ふんばりジャンプ(二段ジャンプ)は吹っ飛び耐性付き
  •  卵型シールドはガード漏れなし(ただし解除時は隙が大きい)

 

短所

  •  上必殺技はほぼ上昇力がなく、復帰には二段ジャンプを使うため復帰力が弱い
  •  リーチが短く、投げの性能も低い
  •  ガード解除時の隙が大きく、緊急回避の速度も遅い

 

対策メモ

空中からの攻撃が強く、空中戦を挑むと不利なので、しっかりガードして反撃するのが基本で、ヨッシーのガード解除時や緊急回避時の隙を突くのも有効。

ただし、ガードキャンセル空Nでの暴れが強いので、密着している場合やリーチが短いキャラを使っている場合は注意。

自分の使用キャラが飛び道具を持っている場合は、遠距離から牽制するのも有効だが、逆にヨッシーの飛び道具は軌道が独特なので、下手に当たりすぎないように注意。

復帰には二段ジャンプを使っていて復帰力は弱いため、ジャンプを確認してから復帰阻止を狙いたい。

 

【スマブラSP】カービィの対策

 

長所

  •  空中で5回ジャンプが使えるため復帰力が高く、復帰阻止に行くのも容易
  •  サイズが小さいのでコンボから抜け出しやすい
  •  投げや空中技が強い
  •  相手の必殺技のコピーや、飛び道具のすいこみが可能(崖際で吸い込めば自爆可能)

 

短所

  •  リーチが短く、技の判定も比較的弱い
  •  軽くて吹っ飛びやすい
  •  機動性が悪い

 

対策メモ

カービィ側としてはリーチが短いため相手に近づきたく、遠距離攻撃をされるのは苦手。

空中戦は得意で、特に近距離でジャンプする相手に技を刺しやすいため、近距離戦ではしっかりガードから確定反撃するのが基本。

軽くて撃墜しやすいのが弱点のため早期撃墜を狙いたいが、復帰能力は高く復帰阻止に行って逆にやられないように注意。

崖際ですいこまれて自爆されることもあるので、ストック有利取られている時は崖際ですいこまれないように注意。

 

【スマブラSP】フォックスの対策

 

長所

  •  機動力が高く、比較的スピードも速い
  •  技の発生が早く、隙も少ない
  •  火力が高く、撃墜力も高い
  •  飛び道具を持っている(連射可能だが、相手はのけぞらない)
  •  飛び道具を反射可能

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが短い
  •  復帰ルートがわかりやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

復帰能力が弱めな点を除けば機動力と火力が高く、隙も少ない強キャラで、技を置いたり、ガードから確定反撃を取らないと攻撃を当てるのが難しい。

ただし、投げからのコンボは安いようなので、しっかりガードしながら戦うと簡単に撃墜されることは少ない。

弱点としては復帰が弱いことや吹っ飛びやすいことなので、撃墜用の攻撃をいかに当てるかが重要。

 

【スマブラSP】ピカチュウの対策

 

長所

  •  機動力や復帰力が高い
  •  技の発生が早く、空中での攻撃判定も強い
  •  小さくて素早いため、相手の攻撃に当たりにくい
  •  飛び道具を持っている

 

短所

  •  リーチが短い
  •  軽くて吹っ飛びやすい
  •  コンボ必須で、操作が難しい

 

対策メモ

小さくて素早く攻撃を当てるのが難しいが、リーチの短さや、主に地上技の判定の弱さが弱点の一つなので、リーチの長い攻撃や、判定の強い技を持っていれば活かしたい。

投げからのコンボが強力なので、投げを通さないように注意したいが、飛び道具をガードさせて投げを狙ってくるため、飛び道具は基本的にガードしないようにする。

空中に吹っ飛ばされた場合は、しっかりベクトル変更しないと「かみなり」を絡めたコンボで撃墜されるので注意。

崖際や崖外での撃墜力は高いので中央で戦う方が安全であり、復帰阻止に行くと逆にやられる可能性が高いので注意。

 

【スマブラSP】ルイージの対策

 

長所

  •  技の発生が早く、投げからのコンボが強い
  •  投げのリーチが長い(ただし発生は遅い)
  •  密着状態で上必殺技を当てると強い
  •  飛び道具を持っている

 

短所

  •  リーチが短く、判定が弱い技が多い
  •  挙動のクセが強く、操作には慣れが必要
  •  空中での落下速度が遅く、着地に弱い
  •  復帰ルートを読まれやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

発生の早い技が多く近距離では負けやすいので、近づかれたらしっかりガードして確定反撃を取るのが基本だが、投げからのコンボが強力なので、投げられないように注意。

リーチが短いのが弱点の一つなので、リーチの長い技や優秀な飛び道具を持っていれば戦いやすい。

復帰ルートは読みやすいので、復帰阻止は有効。

あとちょっとまで追い詰めたとしても、上必殺技(スーパージャンプパンチ)や横必殺技(ルイージロケット)で一発逆転を狙ってくるため、最後まで油断しないように注意。

 



【スマブラSP】ネスの対策

 

長所

  •  飛び道具や空中技が強く、コンボ火力も高い
  •  投げが強く、後ろ投げで撃墜も可能
  •  崖際での復帰阻止が強い
  •  横スマッシュで反射も可能
  •  エネルギー系の飛び道具を吸収して回復可能

 

短所

  •  地上では足が遅く、空中ではふわふわ浮くため、機動性は低い
  •  飛び道具やスマッシュ以外はリーチが短い
  •  復帰方法が独特で慣れが必要な上、時間もかかり復帰阻止に弱い

 

対策メモ

隙は大きいが強力な飛び道具(PKファイヤー)を持っており、これだけ連発してくる人も多いので、当たらない立ち回りが重要。微妙な距離では警戒しつつ、空前などで刺しこめればよし。

空中では落下速度が遅いため、着地狩りを狙いたい。

場外に吹っ飛ばした後に崖端に立っていると、空中技からコンボを狙ってくるため、立ち位置には注意する。

場内で上必殺技(PKサンダー)を使ってきた場合は、強力な体当たりで撃墜されることもあるので注意する。

ネスは復帰が弱いのが弱点の一つなので、ストック有利なら上必殺技(PKサンダー)に当たりに行くだけで復帰阻止で撃墜可能。(復帰力が高いキャラを使用している場合、積極的に復帰阻止を狙うべき)

 

【スマブラSP】キャプテン・ファルコンの対策

 

長所

  •  ダッシュ速度が速く、ダッシュからの攻撃が強い
  •  空中での機動性が高い
  •  火力や撃墜力が高い

 

短所

  •  歩きの速度が遅い
  •  技の隙が大きい
  •  復帰ルートが読まれやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

キャプテン・ファルコンは歩き速度は遅いがダッシュ速度が速いため、ダッシュからの投げと攻撃の拓が強い。

そんなダッシュに対しては飛び道具が有効なので、持っていれば反撃されない位置で積極的に打つと戦いやすくなる。

投げを読んだらその場回避も有効だが、優秀な弱攻撃(発生3F)で暴れてくることが多いため、勝てる技を持っていない場合はガードや距離を取るのが安全。

ダッシュができなくなると突進技で近づいてくることがあるので注意する。

キャプテン・ファルコンの弱点は技の隙が大きいことで、後隙を狩る立ち回りが有効。ただし、逆にキャプテン・ファルコン側も後隙を狩る立ち回りをしてくる。

特に剣士タイプに対してはジャンプの後隙を狙っていることが多いため、ジャンプは控えめに立ち回るのが有効。(ジャンプの後隙に対してDAや投げを狙ってくる)

また、復帰阻止にも弱いため、復帰阻止が得意なキャラや復帰力が高いキャラを使っている場合は積極的に狙いたい。

ただキャプテン・ファルコンは空中戦も得意なので、安易に空中戦を挑むと逆に負けることもあるので注意する。

特に崖外に吹っ飛ばされたらメテオスマッシュを狙ってくるため、復帰ルートを読まれないようにしたい。

 

【スマブラSP】プリンの対策

 

長所

  •  空中で5回ジャンプできて復帰力が高く、復帰阻止も強い
  •  空中移動が早く、空中技も強め
  •  「ねむる」の確定コンボを決めれば強力

 

短所

  •  軽すぎて撃墜されやすい
  •  足が遅いため、地上戦は不利
  •  リーチが短く、スマッシュの判定が弱い

 

対策メモ

プリンは近距離での空中技の判定が強いため、近づかれたら不用意にジャンプしないようにしたり、ガードから確定反撃をするのが基本。

端に追い込まれた場合は一旦距離を取ったり、飛び道具で牽制するのが有効。

近距離で攻めすぎると「うたう」で眠らされることがあるため、基本的にはプリンの攻撃に刺し返したり、後隙を狩ると戦いやすい。

 

【スマブラSP】ピーチの対策

 

長所

  •  一定時間の空中浮遊が可能で、撃墜拒否や浮遊中の空中攻撃が強い
  •  難易度は高いが、高火力コンボを持っている
  •  飛び道具(通称カブ)を絡めた牽制、コンボ、拓、下方向への復帰阻止が強い
  •  発生が早い技が多い
  •  撃墜力は高め
  •  復帰力は高め
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  動きに癖があり、やれることが多く、操作難易度が非常に高い
  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが比較的短い(剣士キャラなどにリーチ負けしやすい)
  •  空中では落下速度が遅く、着地狩りやお手玉攻撃に弱い

 

対策メモ

引っこ抜くものダメージなど確率
通常5+約59.7%
ジト目5+約10.2%
糸目5+約8.5%
白目5+約5.1%
笑顔5+約5.1%
ウインク10+約6.8%
目が点16+約1.7%
しわくちゃ24+(撃墜力が高い)約1.7%
ボムへい25+(撃墜力が高い)約0.4%
どせいさん5+(シールドブレイク可能)約0.6%

リーチが短め、飛び道具を連射できない、空中での移動速度が遅め、軽くて吹っ飛ばされやすいというところを除けば、ほぼ全てを持っている最強キャラの一角。

操作難易度が非常に高いが、カブを持っている時の拓が非常に多く、空中浮遊を使えばカブを持ったまま空中攻撃も可能。(高火力コンボもあり)

特に小ジャンプ位置からの空下をガードしても反撃できないことが多く、ガードが漏れることもあるので注意。

ピーチ側としてはリーチの長い攻撃、飛び道具、待ちに気味に立ち回られるのが苦手なため、そういうのを意識すると比較的立ち回りやすい。

単調な攻撃は持続の長いカウンターの餌食になるので、攻撃する際には警戒しつつ、フェイントやつかみを混ぜるのが有効。

カブによる下方向への復帰阻止が強力だが、追いかけて空中浮遊を使った復帰阻止も強力なので、復帰ルートは読ませないように注意。

尚、野菜を引っこ抜いた時の種類はランダムで、特に「しわくちゃ」、「ボムへい」、「どせいさん」は強力なので注意。

 

【スマブラSP】デイジーの対策

 

長所

  •  一定時間の空中浮遊が可能で、浮遊中の空中攻撃が強い
  •  難易度は高いが、高火力コンボを持っている
  •  飛び道具(カブ)を絡めた牽制、コンボ、拓、下方向への復帰阻止が強い
  •  発生が早い技が多い
  •  撃墜力は高め
  •  復帰力は高め
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  動きに癖があり、やれることが多く、操作難易度が非常に高い
  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが比較的短い(剣士キャラなどにリーチ負けしやすい)
  •  空中では落下速度が遅く、着地狩りやお手玉攻撃に弱い

 

対策メモ

基本的にはピーチと同じ。

 



【スマブラSP】クッパの対策

 

長所

  •  最重量級で吹っ飛ばされにくいが、意外と機動性は高い
  •  火力や撃墜力が高く、シールドを削る能力も高い
  •  リーチが長めで判定が強い技も多い
  •  崖端の横必殺技「ダイビングプレス」で自爆可能(ストック有利時)

 

短所

  •  当たり判定が大きく、被弾しやすい
  •  歩行スピードが遅く、細かい位置調整が苦手
  •  発生の遅い技が多く、技の隙も大きい
  •  復帰性能が低い

 

対策メモ

クッパは近距離戦が得意であり、重量級で吹っ飛ばすのが難しいため、基本は遠距離攻撃で被弾しない立ち回りが有効。

ただし、意外と機動性が高いため、遠距離攻撃に差し込まれないように打ち方には注意する。

技の隙が大きいのが弱点なので、後隙を狩る立ち回りをしたり、復帰能力も弱いので、復帰阻止ができれば撃墜しやすい。

クッパにストック有利を取られた場合、崖端で横必殺技「ダイビングプレス」で掴まれると、崖外に落下されて負けることがあるので注意。

「ダイビングプレス」は掴んだ後、飛び上がりから落下を始めるまでの間、クッパと掴まれている方の両方がクッパの位置を左右に動かせる。

ダメージが低い方が大きく操作できるため、自分の方がダメージが低い場合はスティック操作を忘れないように注意。

 

【スマブラSP】アイスクライマーの対策

 

長所

  •  2人で攻撃した時の火力が高い
  •  ハンマー技の判定が強い
  •  投げからのコンボが強い
  •  飛び道具を持っている(ただし攻撃で打ち返し可能)

 

短所

  •  1人だと火力も復帰力も弱い
  •  リーチが短い
  •  空中での機動力が低い

 

対策メモ

リーチが短く飛び道具も弱いため、中〜遠距離で戦えると有利。

近づかれたら投げからのコンボが強力なため、投げを通さないように注意。(ガードをしない立ち回りの方がよい)

1人倒せば戦力が激減するため、チャンスがあれば相方を倒すのも有効。

 

【スマブラSP】シークの対策

 

長所

  •  スピードが早く、機動力が高い
  •  技の発生が早く、隙も少ない
  •  飛び道具が強い
  •  復帰力が高く、復帰阻止もされにくい

 

短所

  •  軽いため吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが短く判定も弱め
  •  単発火力が低く、撃墜が難しい

 

対策メモ

機動力が高くて隙も少ないため、立ち回りで有利を取られることが多いが、火力が低いので撃墜はされにくい。

攻撃を当てるのが難しいため、置き技や範囲攻撃が有効であり、ダメージレースに勝って撃墜するのが基本。

自分の攻撃に対する後隙を狩られることが多くなりがちなので、あえて攻撃を振らずに様子見することも大事になる。

 

【スマブラSP】ゼルダの対策

 

長所

  •  下必殺技と横必殺技(飛び道具)の牽制力が高い
  •  火力も撃墜力も高い
  •  飛び道具の反射や、無敵による切り返しが可能
  •  地上での足は早め

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  技の隙が大きい
  •  空中での移動速度が遅い

 

対策メモ

ゼルダはファントムアタックによる牽制が強いので、完全な状態で生成されたら付き合わないようにジャンプで回避するのがよい。(基本的にガードすると不利で、投げを狙われることもある)

ただし、ファントムアタックは溜め時間に応じて攻撃パターンが変化し、発生が遅いのが弱点なので、近中距離でまとわりついて生成時に攻撃すれば技の発生を潰すことが可能。

こちらから攻撃を仕掛ける際には、通常必殺技のネールの愛(無敵技)で切り返されることがあるため、多用してくる相手にはフェイントを入れて後隙を狩るようにするのが効果的。

そして、斜め上方向に対する反撃手段がないため、斜め上からの空中攻撃が有効。

ゼルダの上必殺技であるフロルの風は、復帰技としてだけでなく撃墜技としても優秀。リーチが長く、距離調整はできないが発生位置の調整はある程度可能。(自分の位置からどの方向に出すか)

そのため、ゼルダが空中にいたり遠距離にいる場合でも、後隙の多い攻撃(飛び道具の後隙を狙われやすい)の出し過ぎは危険なので注意する。

※崖際でゼルダが崖外にいる場合でも、フロルの風でワンチャン狙ってくることがある

フロルの風も発生が遅いため、近距離なら技を潰すことが可能だが、中遠距離で使われた場合はガードするのが安定。(慣れると音で判断してガードも可能)

後隙は大きいのでガードさえできれば横スマッシュも確定させやすい。

そのほか、空中戦に弱いのが弱点でもあるため、空中に浮かせてお手玉や着地狩りで攻めるのも有効。

 

【スマブラSP】ドクターマリオの対策

 

長所

  •  マリオより火力が高い
  •  発生の早い技が多い
  •  牽制用に優秀な飛び道具を持っている
  •  飛び道具を反射可能(マリオより上下に広がり、左右は短い)

 

短所

  •  マリオより機動力が低く、地上戦が苦手
  •  マリオと同様に単発火力が低くコンボ必須
  •  リーチが短く、さし込みも苦手
  •  復帰力は低め

 

対策メモ

基本的にはマリオと同じ感じだが、マリオより機動力が低い分、コンボ火力が高いのが特徴。

牽制用の飛び道具は大ジャンプから打ってくることが多いため、ジャンプに対してリスクを付けられると戦いやすい。

地上戦が弱いのが弱点の一つなので、ガードを固めて待ち気味に立ち回るのも有効で、マリオより機動力が低い分戦いやすい。

 



【スマブラSP】ピチューの対策

 

長所

  •  機動力がとても高く、小さくて攻撃も当たりにくい
  •  技の発生が早く、ピカチュウより火力も撃墜力も高い
  •  復帰力が高く、復帰阻止もされにくい
  •  飛び道具を持っている

 

短所

  •  最軽量でとても吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが短い
  •  地上での撃墜手段は少ない
  •  電撃属性の攻撃は自傷ダメージを受ける(Ver.3.1.0でダメージ量が増加した)
  •  操作が難しい

 

対策メモ

ピカチュウよりも小さくてスピードがあり、攻撃を当てるのが難しい。(Ver.3.1.0で当たり判定が大きくなったため、攻撃は当てやすくなった)

崖端や崖外では簡単に撃墜される可能性が高いため、中央で戦う方が安全。

飛び道具はもちろんガードしない立ち回りがよく、リーチや判定の強さを活かした攻撃や、相手の後隙を狩る立ち回りが必要。(隙の大きい攻撃はできるだけ振らない)

投げからのコンボが強力なので、投げは通さないように注意。

弱点としては吹っ飛ばしやすいこなので、ダメージが低くても撃墜技を当てれば倒せることが多い。

Ver.3.1.0で自傷ダメージ量が増加し、実質1ストック少ない状態で戦っているのと同じような感じになったため、より玄人向けのキャラになった。

 

【スマブラSP】ファルコの対策

 

長所

  •  ジャンプ力が高く落下速度が速いため、縦移動が素早い
  •  技の発生が早く、隙も少ない
  •  手数の多いコンボを狙えば火力が高い
  •  飛び道具を持っている(相手をのけぞらせるが、連射はできない)
  •  飛び道具の反射が可能

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  歩く速度や空中の横移動が遅く、相手を追いかけるのが苦手
  •  復帰ルートがわかりやすく、復帰阻止されやすい

 

対策メモ

基本的にはフォックスと同様のタイプだが、ジャンプ力とコンボ火力が高いバランス型。

復帰阻止に弱いため、積極的に狙いたい。

 

【スマブラSP】マルスの対策

 

長所

  •  剣のリーチが長く、復帰阻止が強い
  •  技の発生が早く、判定も強い
  •  地上の移動速度が早め
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  剣の先端を当てないと撃墜が難しいため、間合い管理が難しい
  •  空中での落下速度が遅く、着地狩りに弱い
  •  投げのダメージが低い

 

対策メモ

リーチが長く中距離戦が得意で、特に小ジャンプからの空中技が強いため、微妙な位置にいたり、下手にジャンプすると簡単にやられるので注意。

一部の技の隙が大きいため、後隙を狩る立ち回りをしたり、ガードから確定反撃を取るのが基本。

空中に吹っ飛ばされた場合は、強力な上空への攻撃でお手玉されることもあるため、外にベクトル変更して崖から戻るのも大事。

飛び道具を持っている場合は、遠距離から牽制するのが有効であり、自分から攻めるとカウンターされることもあるため、相手に攻めさせた方が戦いやすい。

 

【スマブラSP】ルキナの対策

 

長所

  •  剣のリーチが長く、復帰阻止が強い
  •  技の発生が早く、判定も強い
  •  地上の移動速度が早め
  •  カウンター技を持っている
  •  マルスと違い、剣のどこに当ててもダメージが変わらない

 

短所

  •  空中での落下速度が遅く、着地狩りに弱い
  •  投げのダメージが低い

 

対策メモ

基本的にはマルスと同様だが、マルスより安定して強く、現状最強キャラの一人といっても過言ではない。

飛び道具は持っていないが、どんな相手でも対等に戦える強さを兼ね備えており、復帰阻止が強力なので、復帰ルートは読まれないように注意する。

近〜中距離の空中技がとにかく強いため、下手にジャンプしない立ち回りや、遠距離攻撃での牽制が有効。

カウンター持ちで攻めると不利になりやすいため、ガン待ちされる場合は逆に攻めさせれると戦いやすい。

 

【スマブラSP】こどもリンクの対策

 

長所

  •  3種類の飛び道具が使え、特に炎の弓矢は連射可能で強い
  •  リンクより機動力が高い
  •  空中技の発生が早く、隙も少ない
  •  投げのリーチが長く、ワイヤー復帰も可能(ただし発生は遅い)
  •  盾で飛び道具を防ぐことが可能(貫通するビーム以外)
  •  難易度は高いが爆弾復帰ができれば復帰力も高い

 

短所

  •  リンクより軽く、吹っ飛びやすい
  •  リンクより剣のリーチが短く攻撃力も低いため、近距離戦が苦手
  •  反射や飛び道具無効に弱い
  • 爆弾復帰が使えないと復帰力は弱い

 

対策メモ

リンクより機動性が高くて空中技は強いが、近接攻撃は発生が遅くてリーチも短いため、近づいて近距離戦に持ち込めれば有利に戦いやすい。

ただし、投げのリーチが長いため、微妙な距離でガードをするのは投げを通されやすいので注意。

軽くて吹っ飛びやすいことと、復帰阻止に弱いという弱点を突けば、撃墜はしやすい。

 



【スマブラSP】ガノンドロフの対策

 

長所

  •  火力や撃墜力が高く、リーチも長めで判定も強い
  •  空中攻撃が強く、復帰阻止にも優秀
  •  重量級で吹っ飛びにくい
  •  場外からの復帰時に投げ技で道連れ可能(ただし最後のストックだと負け判定)

 

短所

  •  機動力がとても低い
  •  当たり判定が大きく、被弾しやすい
  •  技の発生が遅く、隙が大きい
  •  復帰阻止に弱い

 

対策メモ

ガノンドロフは機動力が低いものの、それを補う火力や撃墜力が特徴。空中技も発生や判定が強いため、近距離での不用意なジャンプは危険なので注意。(崖端に追い込まれると強力な空Nでプレッシャーをかけられる)

ガノンドロフ対策として後隙を狩る立ち回りが基本だが、地上では横方向に対する突進技や投げ技が脅威のため、地上戦を頑張るより空中から様子見して攻撃を仕掛ける方が戦いやすい。

※横必殺技の掴み技は、掴まれて地面に叩きつけられる際に受け身が可能。受け身を取らないとキャラによってはコンボが確定する。加えて受け身方向に横スマッシュを置かれることがあるので注意。

もう一つは飛び道具が有効だが、上手いプレイヤーはガードやジャンプで少しずつ距離を縮めてくるため、近づかれたら飛び道具の後隙を狩られないように注意する。

また、復帰力は意外と粘り強いものの復帰阻止には弱いため、復帰阻止を狙えるキャラだと撃墜しやすい。

ガノンドロフはとにかくワンチャン引ける撃墜能力があるため、最後まで油断しないことが大事。

 

【スマブラSP】ミュウツーの対策

 

長所

  •  近距離戦から遠距離戦まで対応可能で火力も高い
  •  移動速度が速い
  •  投げ技が強く、撃墜も可能
  •  復帰力が高く、復帰阻止もされにくい
  •  飛び道具を持っている
  •  「ねんりき」で切り返しや、飛び道具の反射が可能

 

短所

  •  プリンに次ぐ軽さで、吹っ飛ばされやすい
  •  当たり判定が大きく、被弾しやすい
  •  落下速度が遅く、着地狩りに弱い
  •  技の発生が遅い
  •  動きにクセがあり、操作に慣れが必要

 

対策メモ

攻めは強いが守りが弱いという極端なキャラなので、攻め続ける立ち回りができれば有利に戦える。

ただし、近〜中距離での空Nの判定が強いため、微妙な距離で下手にジャンプすると引っかかりやすいので注意。

落下速度が遅いので、着地狩りも有効。

飛び道具の「シャドーボール」は溜めると撃墜能力が高く、ジャンプ読みで空中に置かれることも多いため注意。

発生は遅いが横必殺技のねんりきを置いて切り返されることもあるため、攻撃に行く際は注意。

 

【スマブラSP】ロイの対策

 

長所

  •  火力や撃墜力が高い
  •  技の発生が早く、判定も強い
  •  機動性が高く、崖に逃げた相手を捕まえやすい
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  剣の根元を当てないと弱い
  •  復帰力が弱め

 

対策メモ

マルスと同じようなタイプだが、機動性が高い分だけ戦いづらく、間合いを詰められやすいので注意。

ただし、剣の根元を当てないとダメージや吹っ飛ばしは弱いため、飛び道具で遠距離攻撃主体の立ち回りや、リーチの長い攻撃を活かした立ち回りをすれば有利に戦える。

単発攻撃が多いため、基本的にはガードから確定反撃を取るのが有効。

 

【スマブラSP】クロムの対策

 

長所

  •  火力や撃墜力が高い
  •  技の発生が早く、判定も強い
  •  機動性が高く、崖に逃げた相手を捕まえやすい
  •  カウンター技を持っている
  •  上必殺技で場外の相手を道連れ可能

 

短所

  •  復帰力がとても弱い

 

対策メモ

基本的にはロイと同じだが、クロムの方が復帰力は弱い。

場外にいるときに上必殺技で道連れにされることもあるため、復帰阻止に行く場合は注意。

 

【スマブラSP】Mr.ゲーム&ウォッチの対策

 

長所

  •  小さいため、当たり判定も小さい
  •  上必殺技は発生が早くて強い
  •  空中技の判定が強い
  •  投げからのコンボが強い
  •  崖攻めや復帰阻止が強い
  •  飛び道具の吸収や反射が可能
  •  復帰力が高く、復帰阻止もされにくい

 

短所

  •  とても軽く、吹っ飛ばされやすい
  •  リーチは短く、火力や撃墜力は低い

 

対策メモ

Mr.ゲーム&ウォッチは、小さくてトリッキーな攻撃が多いのが特徴。特にビーム系の飛び道具は下必殺技(オイルパニック)で吸収可能で、満タンになると高火力なオイル攻撃が可能。

※吸い込んだ2倍のダメージ、吸収できない飛び道具は反射する

横必殺技のジャッジはハンマーで叩いて数字が出るが、数字によって効果が変わり、「9」が出るとワンチャン狙える撃墜力なので注意。

上必殺技のファイアは発生が早く(3F)全身無敵もついていて優秀なので、近距離戦では注意する。(暴れ技として使い、自分は空中へ逃げる手段として強い)

Mr.ゲーム&ウォッチが空中にいる場合、真下方向から攻撃しに行くと判定が強い空下で急降下して反撃してくるため、不用意に攻めると危険。攻めると見せかけて地上でガードし、近くに着地した際に後隙を狩るのが有効。

Mr.ゲーム&ウォッチは小さくて攻撃が当てづらいが、弱点としてはリーチが短いことと軽くて吹っ飛ばしやすいことなので、リーチの長い攻撃手段があると戦いやすく、早期撃墜も狙いやすい。

また、崖攻めや通常必殺技による復帰阻止が強力なので、崖外に吹っ飛ばされた場合は復帰ルートを読まれないように注意する。

そのほか、投げの性能は低いが、投げからのコンボが強力なので、ガードを固めすぎないように注意。(ただし地上でDAを狙ってくるので、DAはしっかりガードしたい)

 



【スマブラSP】メタナイトの対策

 

長所

  •  機動性が高く、当たり判定も小さい
  •  技の発生が早く、隙も小さい
  •  コンボ始動技が多く、コンボを極めると強い
  •  下必殺技を使えば着地を狩られにくい
  •  5段ジャンプ可能でで復帰力が高く、復帰阻止もされにくい

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが短い
  •  単発火力が低くコンボ必須であり、初心者には扱いづらい

 

対策メモ

機動力が高く隙も小さいため、攻めると後隙を狩られやすい。そのため、逆に攻めさせて後隙を狩る立ち回りをした方が戦いやすい。

リーチが短いのが弱点の一つなので、飛び道具での牽制や、リーチの長い攻撃が有効。

下必殺技のディメンジョンマントは姿を消してワープし、攻撃も仕掛けられるため、消えたらガードするのが安定。

投げからのコンボが強力なので、ガードを固めすぎないように注意。

発生は遅いが突進技もあるため、近〜中距離では直撃しないように注意。

 

【スマブラSP】ピットの対策

 

長所

  •  4段ジャンプも可能で空中性能が高く、復帰力がかなり高い
  •  足が速く、ダッシュ投げを通しやすい
  •  飛び道具を持っており、復帰阻止にも簡単に使える
  •  飛び道具を反射可能

 

短所

  •  火力が低く、撃墜も狙いづらい
  •  攻撃モーションが長い技が多く、後隙を狩られやすい
  •  斜め方向の対空性能は低く、小ジャンプからの攻撃が刺さりやすい

 

対策メモ

火力が低いことを除けばバランスがいいキャラなので決定的な対策はないが、基本的には一瞬で距離を詰められる間合いでは戦わないように注意しつつ、後隙を狩る立ち回りが有効。

飛び道具は発生が遅いので、飛び込んで空前を刺したり、斜め方向の対空性能が低いので小ジャンプからの攻撃を仕掛けるのも有効。

ジャンプを潰すために斜め上方向に技を置くことが多いが、逆に着地を狙ってDAを差し込みやすいので、ジャンプを匂わせつつ、DAを狙うのも有効。

崖外では復帰阻止されて危険なので、崖外から復帰する場合は、出来るだけ早めに地上に戻った方が安全。

 

【スマブラSP】ブラックピットの対策

 

長所

  •  4段ジャンプも可能で空中性能が高く、復帰力がかなり高い
  •  足が速く、ダッシュ投げを通しやすい
  •  飛び道具を持っている(ピットより復帰阻止には使いづらい)
  •  飛び道具を反射可能

 

短所

  •  火力が低く、撃墜も狙いづらい
  •  攻撃モーションが長い技が多く、後隙を狩られやすい
  •  斜め方向の対空性能は低く、小ジャンプからの攻撃が刺さりやすい
  •  ピットより飛び道具の威力は高いが、使い勝手は悪い

 

対策メモ

基本的にはピットと同じだが、飛び道具の使い勝手が悪く、復帰阻止には使いづらい。

また、横必殺技はピットより横方向に吹っ飛ばすため、崖外に追いやる技になっている。

 

【スマブラSP】ゼロスーツサムスの対策

 

長所

  •  機動力が高く、着地狩りの拒否性能も高い
  •  空中コンボの火力が高く、復帰阻止も強い
  •  相手を硬直状態にできる技が多い
  •  復帰力が高く、復帰の選択肢も多い
  •  ワイヤー復帰が可能

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  当たり判定が大きい
  •  単発火力が低く、投げからのコンボも無い
  •  飛び道具やワイヤ掴みの隙が大きい

 

対策メモ

機動力が高く立ち回りで有利を取られやすいため、隙の大きい攻撃を振って後隙を狩られないように注意する。(特に中距離戦は不利)

後隙を狩ろうとしても攻撃を当てづらいため、判定の強い技を置いたり、優秀な飛び道具を持っている場合は、遠距離攻撃が有効。

打点が高い技が多いため、小さいキャラやスライディングなどの姿勢を下げる技があれば、攻撃を避けやすい。

 

【スマブラSP】ワリオの対策

 

長所

  •  空中での機動力が高い
  •  重量級で吹っ飛ばされにくい
  •  空中技が強く、復帰阻止も強い
  •  下必殺技の撃墜力が高い(ワリオが点滅したら危険なので注意)
  •  必殺技でアイテムや飛び道具を吸収可能
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  地上での機動力が低い
  •  リーチが短い
  •  撃墜能力は低め

 

対策メモ

空中での機動力が高く、空中戦を挑むと不利なため、地上で立ち回るのが有効。

飛び道具も有効だが、近〜中距離では飛びから刺しこまれやすいので注意。

リーチの長い攻撃や、判定の強い技を持っていると戦いやすい。

ワリオが点滅したらおならコンボの撃墜力が高くて危険なので、コンボには警戒する。

 



【スマブラSP】スネークの対策

 

長所

  •  豊富な飛び道具と設置技を持っている
  •  重量級で吹っ飛ばされにくい
  •  単発のダメージが高い
  •  復帰力がかなり高い

 

短所

  •  ジャンプ力が低く、空中戦が苦手
  •  近距離戦は苦手だが、優秀な飛び道具も苦手
  •  復帰ルートは読まれやすく、復帰阻止には弱い

 

対策メモ

スネークは遠距離戦が得意だが、優秀な飛び道具は苦手な面もあり、飛び道具による牽制も意外と有効。

飛び道具を持っていない場合は近距離戦に持ち込んだり、空中戦を仕掛ける立ち回りが効果的。

投げコンボもあるので、投げを通さないように注意。

復帰力は高いが復帰阻止には弱いため、積極的に狙いたい。

 

【スマブラSP】アイクの対策

 

長所

  •  リーチが長く、攻撃判定も強い
  •  火力や撃墜力も高い
  •  空中技の発生が早くて強い
  •  地上での回避狩りが強い
  •  重くて吹っ飛ばされにくい
  •  崖外では上必殺技で道連れ可能
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  機動性が悪く、飛び道具に弱い
  •  技の隙が大きい
  •  復帰ルートは読まれやすい

 

対策メモ

機動性が悪いため、飛び道具を持っているキャラや、機動性が高いキャラは有利に立ち回りやすい。

また単発ヒットの攻撃が多く後隙も大きいため、ガードから確定反撃を取ったり、攻撃を振らせて後隙を狩る立ち回りが有効。

横方向への緊急回避は狩られやすいため、使いすぎないように注意。

 

【スマブラSP】ポケモントレーナーの対策

 

長所

  •  状況に応じて3体のポケモンを使い分けられる
  •  ポケモンチェンジの無敵時間で追撃を逃れられる
  •  ゼニガメ:技の発生が早い、空中戦や追撃が得意
  •  フシギソウ:飛び道具を持っている、撃墜力が高い
  •  リザードン:吹っ飛びにくい、リーチが長い、撃墜力が高い

 

短所

  •  3体のポケモンを使い分ける技量が必要
  •  ゼニガメ:リーチが短い、撃墜力が低い、吹っ飛ばされやすい
  •  フシギソウ:復帰力や復帰阻止が弱い、技の隙が大きい
  •  リザードン:当たり判定が大きい、技の隙が大きい

 

対策メモ

ポケモンごとに一長一短があるため、上手く弱点を突く立ち回りが必要。

ゼニガメはスピードが早く、空中からの突進能力が高いため、しっかりガードして確定反撃を取るのが有効。

フシギソウやリザードンは攻撃の後隙が大きいため、攻撃を振らせて後隙を狩る立ち回りが有効。

リザードンの突進技は撃墜力が高くて当たると危険だが、ガードすれば隙が大きく、強力な横スマッシュも入れやすい。

 

【スマブラSP】ディディーコングの対策

 

長所

  •  機動力も復帰力も高い
  •  小さくて攻撃に当たりにくい
  •  崖上がりや着地に強い
  •  「バナナのかわ」で転倒させてコンボに繋げられる
  •  飛び道具を持っている

 

短所

  •  撃墜力は低い
  •  上必殺技のバレルジェットは復帰阻止に弱い

 

対策メモ

機動力が高く、あらゆる間合いで戦えるため、人気はないが強いキャラ。特に空中戦が得意なので、基本的には地上で立ち回るのがよい。

「バナナのかわ」は危険なので、落ちている場合は拾って逆に利用したいのと、警戒すると中距離から横必殺技のモンキーフリップで投げられるので注意。

撃墜力が低いことや、復帰阻止に弱いことが弱点なので、それを突いて早期撃墜を狙えると有利。

 

【スマブラSP】リュカの対策

 

長所

  •  飛び道具や空中技が強い
  •  投げのリーチが長く、ワイヤー復帰も可能
  •  横スマッシュで反射も可能
  •  エネルギー系の飛び道具を吸収して回復可能

 

短所

  •  地上では足が遅く、空中ではふわふわ浮くため、機動性は低い
  •  復帰方法が独特で慣れが必要な上、時間もかかり復帰阻止に弱い

 

対策メモ

基本的にはネスと同じタイプですが、主に以下の点が違います。

  •  投げのリーチが長い
  •  必殺技がPKフリーズで、凍らせて復帰阻止が可能(抜けるにはレバガチャ)
  •  PKファイヤーは当てると吹っ飛ぶ
  •  サイマグネットの技の終わりに攻撃判定がある
  •  PKサンダーは敵に当たっても貫通し、ネスより復帰しやすい

 



【スマブラSP】ソニックの対策

 

長所

  •  走行スピードが最速で、とても機動力が高い
  •  スピンを活かした攻めの軌道が独特で強い
  •  復帰阻止が強い
  •  復帰力が高い(特に縦方向)

 

短所

  •  技のリーチが短く、判定も弱い
  •  撃墜力は弱め
  • 動きにクセがあり、操作に慣れが必要

 

対策メモ

とにかく機動力が高く、攻撃を当てるのが難しい。そして、攻撃の後隙を狩られやすいため、投げの間合い外ではガードを固めて様子見した方が安全。

スピンで突進してくる技は、ガードして確定反撃を取れる技があれば戦いやすいので、トレモなどでチェックした方がよい。(不用意なジャンプは急な突進で狩られる)

ソニックの弱点としてはリーチが短く攻撃の判定も弱いことなので、リーチの長い技や判定の強い技を使いたい。

飛び道具で牽制するのも有効だが、後隙を狩られないように打ち方には気をつけること。

 

【スマブラSP】デデデの対策

 

長所

  •  単発ダメージが高く、攻撃判定も強い
  •  重量級で吹っ飛ばされにくい
  •  飛び道具(ゴルドー)の威力が高く、崖狩りにも使えて強い
  •  4段ジャンプ可能で復帰力が高い
  •  飛び道具の反射が可能

 

短所

  •  機動力が低い
  •  技の発生が遅く、隙も大きい
  •  当たり判定が大きい
  •  復帰ルートがわかりやすく狩られやすい

 

対策メモ

ゴルドーを置かれると攻めづらいため、飛び道具などで攻撃して跳ね返せると戦いやすい。

重量級で吹っ飛ばしにくいが、攻撃の隙が大きいため、後隙を狩る立ち回りが有効。

上必殺技の性質上、縦方向の吹っ飛ばしに強く、横方向へ吹っ飛ばした方が撃墜しやすい。

復帰ルートは読みやすいので復帰阻止は狙いたいが、崖際ではゴルドーを置いて阻止してくるため、当たらないように立ち位置は気をつけること。

 

【スマブラSP】ピクミン&オリマーの対策

 

長所

  •  ピクミンを使った攻撃が強力で、火力や撃墜力が高い
  •  投げのリーチが長く、投げコンボも強力(ただし発生は遅い)
  •  当たり判定が小さい(Ver.3.1.0で大きくなった)
  •  復帰力が高い(ただしピクミンの種類や数に応じて飛距離減少)

 

短所

  •  ピクミンがいないと弱い
  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  空中での暴れ技がなく、着地狩りに弱い
  •  復帰速度が遅く、狩られやすい
  •  投げの発生が遅い

 

対策メモ

ピクミンの色特徴
通常技の威力が高い
攻撃判定が大きい
投げが強力で、撃墜力が高い
通常技の威力は低いが、投げとピクミン投げのリーチが長い
横や下スマッシュ・投げやピクミン投げのリーチが短い代わりに、通常技の威力が非常に高い

各ピクミンの主な特徴は上記の通りで、特徴を理解した上で立ち回らないと、簡単に撃墜されてしまうほど火力や撃墜力が高いので注意。

特に通常技の威力が高い紫ピクミンは処理しつつ、ダメージを稼がれた場合は青ピクミンの投げを通さない立ち回りができれば戦いやすい。

ピクミン投げの強みは「相手にピクミンを剥がすための攻撃を振らせること」なので、攻撃を振る際には相手が後隙を狙っていることに注意する。

尚、紫ピクミンは牽制、白ピクミンはダメージを稼ぐのに優秀だが、紫ピクミン以外では突っ込んでくる相手を止められないため、白ピクミンを投げるタイミングではダッシュ攻撃を刺しやすい。

復帰力は高いが速度は遅いので、復帰阻止は狙いたいのと、空中に吹っ飛ばした場合は、着地狩りが有効。

 

【スマブラSP】ルカリオの対策

 

長所

  •  蓄積ダメージが増えると波動技の火力が上がり、逆転が狙いやすい
  •  蓄積ダメージが増えるほど復帰力が高い
  •  飛び道具を持っており、蓄積ダメージが増えれば撃墜も狙える
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  蓄積ダメージが低い序盤では性能が低い
  •  早期撃墜可能なキャラには特徴を活かせない
  •  メテオ技を持っていない

 

対策メモ

ルカリオは蓄積ダメージで技の性能が変わるため、ダメージを稼がないで撃墜できると有利。

序盤は復帰力も弱いため、積極的に復帰阻止を狙いたい。(復帰技は着地隙が大きい)

カウンター技で単調な攻めは反撃されやすいため、フェイントや投げを混ぜながら攻めるのが有効。

 

【スマブラSP】ロボットの対策

 

長所

  •  2種類の飛び道具を持っており、ジャイロで相手の行動を制限可能
  •  長時間の浮遊が可能で、復帰力が非常に高い(ただし燃料管理が必要)
  •  技の判定が強い
  •  重めで吹っ飛ばされにくい
  •  飛び道具の反射も可能

 

短所

  •  飛び道具を連発できない
  •  当たり判定が大きい
  •  空中技の発生が遅く、着地狩りに弱い
  •  飛び道具の反射や吸収を使えるキャラと相性が悪い

 

対策メモ

ロボットは中〜遠距離が強いため、出来るだけ近距離で戦いたいが、発生は遅いが持続が長いアームスピンで切り返されることもあるので注意する。

飛び道具のジャイロを置かれると行動を制限されるため、掴んで上に投げると一時的に無効化できて戦いやすくなる。

ロボットは空前が発生が早くて強いため、近距離でジャンプすると刺さりやすいので注意。

 



【スマブラSP】トゥーンリンクの対策

 

長所

  •  3種類の飛び道具が使える
  •  こどもリンクより小さく、機動力や撃墜力が高い
  •  投げのリーチが長く、ワイヤー復帰も可能(ただし発生は遅い)
  •  盾で飛び道具を防ぐことが可能
  •  難易度は高いが爆弾復帰ができれば復帰力も高い

 

短所

  •  こどもリンクより軽く、吹っ飛ばされやすい
  •  こどもリンクより剣のリーチが短く、火力も低い
  •  他のリンクより弓の速度が遅い
  •  剣の攻撃判定が弱い
  •  反射や飛び道具無効に弱い
  •  爆弾復帰が使えないと復帰力は弱い

 

対策メモ

基本的には他のリンクと同様のタイプだが、3種類の中で最も機動性が高い。剣のリーチは短く攻撃力も低いが、隙が小さく相手に差し込みやすいのが特徴。

現状では弓の性能からこどもリンクの方が人気が高い。

 

【スマブラSP】ウルフの対策

 

長所

  •  機動力が高く、比較的スピードも速い
  •  技の発生が早く、隙も少ない
  •  火力も撃墜力も高い
  •  優秀な飛び道具を持っている(隙はあるが連射可能で、相手をのけぞらせる)
  •  飛び道具を反射可能(ただし射程は短い)

 

短所

  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  リーチが短い
  •  復帰ルートがわかりやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

基本的にフォックスやファルコと同様のタイプだが、牽制用に優秀な飛び道具を持っているのが最大の特徴。

復帰阻止に弱いため、積極的に狙いたい。

 

【スマブラSP】むらびとの対策

 

長所

  •  優秀な飛び道具による牽制が強い
  •  技の発生が早く、撃墜力も高い
  •  アイテムや飛び道具を奪って利用できる
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  リーチが短い
  •  投げの発生が遅い
  •  足がやや遅い
  •  軽くて吹っ飛ばされやすい

 

対策メモ

優秀な飛び道具による牽制が強い弾幕キャラで、弾幕をかいくぐれるスピード系キャラなら戦いやすい。

地上戦が弱いため、とにかく近づいてガン攻めするのが比較的有利。ただし、火力や撃墜力は高いため、油断は禁物。

 

【スマブラSP】ロックマンの対策

 

長所

  •  飛び道具による牽制力が高い
  •  空前が強力(発生が早く、判定や撃墜力も高い)
  •  復帰阻止が強い

 

短所

  •  操作難易度が高い
  •  復帰阻止に弱い
  •  横スマッシュが読まれやすい

 

対策メモ

ロックマンは中距離から横方向に攻撃するのが得意なため、空中から素早い攻撃で差し込めると戦いやすい。

操作難易度が高くて初中級者帯で使いこなせる人は少ないが、使いこなせれば火力や撃墜力も高くて強い。

優秀な飛び道具を持っている場合は遠距離からの牽制、近〜中距離では空中からの素早い攻撃、近距離で判定の強い技を押し付けられると有利。

弱点としては復帰の弱さなので、復帰阻止は狙いたい。

 

【スマブラSP】WiiFitトレーナーの対策

 

長所

  •  牽制用に優秀な飛び道具を持っている
  •  移動速度とジャンプ力が高いため、機動力が高い
  •  技の発生が早い
  •  メテオ技が多く、崖際が強い
  •  下必殺技の腹式呼吸で回復可能
  •  しゃがみ状態の姿勢が低く、一部の攻撃をかわしやすい

 

短所

  •  リーチが短い
  •  当たり判定が大きい
  •  スマッシュが当てづらく、撃墜力が低い
  •  攻めと復帰が単調になりやすい
  •  ジャンプ力が高いため、地上への立ち回りがやりにくい

 

対策メモ

2種類の飛び道具を使い、中〜遠距離で戦うのがメインのため、反射技を持っていると戦いやすい。(ボールを飛ばしてくるのは回避しづらいのでガード安定)

近距離ではリーチも短く判定も弱いため、リーチの長さや判定の強い技を押し付けるのが効果的だが、ペースを握られると強いので注意。

また、打点が高い技が多いため、背の低いキャラや姿勢の低い技を持っていると、有利に立ち回ることが可能。

 



【スマブラSP】ロゼッタ&チコの対策

 

長所

  •  チコを活かした連携が強い
  •  リーチが長く、撃墜力も高い
  •  アイテムや飛び道具を引き寄せて無効化可能
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  チコがいないと弱い
  •  軽くて吹っ飛ばされやすい
  •  当たり判定が大きい
  •  落下速度が遅く、着地狩りに弱い
  •  復帰ルートが読まれやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

ロゼッタ単体の性能は低いため、チコを狙って先に倒せば、復活するまでは有利に立ち回ることが可能。ただし、チコを攻撃している間の隙を突いてくるので注意。

着地狩りや復帰阻止も有効なので、積極的に狙いたい。

 

【スマブラSP】リトル・マックの対策

 

長所

  •  地上での移動速度が速い
  •  地上技の性能が高く、スーパーアーマーや無敵が付いている技が多い
  •  専用ゲージ技「K.O.アッパーカット」で一撃必殺を狙える
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  空中性能が低く、優秀な飛び道具に弱い
  •  復帰力がとても弱い

 

対策メモ

地上戦最強キャラなので、下手に攻撃しようとするとスーパーアーマーや無敵が付いた技で返り討ちにあうので注意。

基本的には相手の攻撃をガードして確定反撃を取るか、飛び道具で遠距離戦を仕掛けたり、ジャンプしたところを狩る立ち回りが有効。

攻める場合は通常攻撃は控え、投げを中心に攻めると反撃を受けにくいのでおすすめ。上投げから着地狩りやお手玉が有効。

最大の弱点は復帰力が弱いことなので、とにかく場外に吹っ飛ばし、復帰阻止を狙えば撃墜しやすい。

専用ゲージ技「K.O.アッパーカット」は蓄積ダメージ20%以上で撃墜が狙え、地上で放てばガード不能なので注意。

ゲージは15秒経過するか、吹っ飛ばすと消えるため、消えるまでは引き気味に立ち回るとよい。

 

【スマブラSP】ゲッコウガの対策

 

長所

  •  機動力が高い
  •  上スマッシュが強く、着地狩りに有効
  •  飛び道具を持っている
  •  カウンター技を持っている
  •  復帰阻止が強い
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  軽めで吹っ飛ばされやすい
  •  投げの発生が遅い
  •  撃墜技が少ない
  •  操作難易度が高い

 

対策メモ

ゲッコウガは飛び道具で牽制し、空中前攻撃でダメージを稼ぎ、上スマッシュで撃墜するのが基本の立ち回りで、足の速さを活かした差し込みが強いキャラです。

そのため、自分から攻めると不利な展開を作られることが多いため、逆にゲッコウガに攻めさせる立ち回りが有効。

投げの発生が遅いため、地上ではしっかりガードして確定反撃を狙えば戦いやすい。

そのほか、ゲッコウガは撃墜手段が少ないため、ダメージを稼がれても簡単に撃墜されることは少ないので焦る必要はない。

 

【スマブラSP】Miiファイターの対策

 

長所

  •  好きな見た目にカスタマイズ可能で、戦い方は3種類(格闘/剣術/射撃)から選べる
  •  必殺技は選べるため、技を見せるまで相手は対応できない
  •  格闘:技の発生が早い
  •  剣術:攻撃判定が強い、ダメージが高い、飛び道具を選んで使える
  •  射撃:弾幕形成能力が高い(飛び道具もちにも強い)、攻撃判定が強い

 

短所

  •  格闘:通常技が弱い
  •  剣術:攻撃の発生が遅く隙も大きい、復帰力が低い
  •  射撃:機動性が悪い、撃墜力が低い、横方向の復帰力が低い

 

対策メモ

タイプに応じて使える技が違うだけでなく、いくつかの技から選択するため、どんな技を使ってくるかは相手次第で対応が難しい。

そのため、基本的には守備的に立ち回り、ガードからの確定反撃や、後隙を狩るような立ち回りが比較的有効。

格闘タイプには飛び道具や判定の強い技を押し付けるのが有効で、カウンター技に注意。

剣術タイプにはガードからの確定反撃や後隙を狩る立ち回りが有効で、突進技(後ろ方向への回避やダッシュは危険)やカウンター技に注意。

射撃タイプにはスピードを活かした近距離戦が有効で、中〜遠距離ではダメージを受けやすく、飛び道具は反射や吸収されるので注意。

 

【スマブラSP】パルテナの対策

 

長所

  •  リーチが長い技が多い
  •  空中N攻撃が強力(発生が早く判定も強い)
  •  投げのリーチも長く、後ろ投げは撃墜力も高い
  •  飛び道具の反射と攻撃のカウンターの両方が可能

 

短所

  •  技の発生が遅い
  •  空中での横移動は遅い
  •  隙の大きい技が多く、攻撃が単調になりがち
  •  スマッシュが使いにくい

 

対策メモ

リーチの長い技が多く、近距離戦を挑まないと不利になるため、飛び道具に警戒しつつ近づくのが重要。(オート照準を読んでしっかりガードする)

近距離ではジャンプや空中攻撃に対して空中N攻撃、ガードに対して投げからのコンボを狙ってくるため、地上技や回避も混ぜると攻撃を通しやすい。

安易にジャンプすると危険なので注意。

カウンター技もあるため、多用する相手に単調な攻撃はせず、フェイントを混ぜて読み合うのも効果的。

パルテナの攻撃を受けて吹っ飛ばされ場合は、基本的には外にベクトル変更して崖側から復帰しないと、着地狩りやお手玉で簡単に撃墜されるので注意。

崖外から復帰する場合は爆炎を置かれることが多いため、ジャンプや回避で復帰ルートをずらす必要があるので、相手の様子を見ながら慎重な復帰が求められる。

 



【スマブラSP】パックマンの対策

 

長所

  •  多彩な飛び道具を持っている(溜め時間で変化)
  •  技の発生が早く、隙も少ない
  •  つかみのリーチが長い(ただし発生は遅い)
  •  着地が強い
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  クセが強い
  •  リーチが短い
  •  つかみの発生が遅い
  •  撃墜力が低い

 

対策メモ

フルーツターゲットの種類特徴
チェリー数回バウンドして横に飛ぶ。ほぼ使わない。
イチゴ数回バウンドして横に飛ぶ。ほぼ使わない。
オレンジ威力は低いが、横に吹っ飛ばせる。
リンゴ空中で投げれば斜め下に飛ぶ。
メロン速度は遅いが、威力と吹っ飛ばしが強い。
ボス・ギャラクシアン斜め上に向かって飛ぶ。
ベル斜め上に飛んだ後急降下し、ヒットすれば相手を一定時間硬直させる。
カギ一直線に高速に飛び、威力や吹っ飛ばしが強力。

フルーツターゲットの種類と特徴は上記の通り。溜め時間に応じて種類を選べる模様。とりあえずメロン、ベル、カギには当たらないように注意。

パックマンは飛び道具のよる牽制が強いため、基本的には近接戦を仕掛けるのが有効だが、近接戦が弱いわけではないので油断は禁物。(特に横スマが強い・・)

下必殺技の消火栓は、空中から真下に落として着地狩りの拒否、設置して相手の行動の制限、復帰阻止に使ってくる。

消火栓にメテオ効果はないがダメージが高いため、当たらないように注意。

 

【スマブラSP】ルフレの対策

 

長所

  •  優秀な飛び道具を持っている
  •  サンダーソードや魔導書を使った攻撃が強い
  •  下必殺技のリザイア(投げ技)で回復可能

 

短所

  •  機動力が低い
  •  サンダーソードや魔導書は使用回数制限があり、攻撃が安定しない
  •  復帰力が弱い

 

対策メモ

ルフレは中〜遠距離戦が強いため、近距離戦が有効だが、サンダーソードは火力も撃墜力も高いので油断は禁物。

牽制技のギガファイアーは火柱による拘束が強力なので、当たらないように注意。

機動力が低いのでスピードを活かした立ち回りや、サンダーソードや魔導書には使用回数に制限があるため、無駄撃ちさせて消費させれば一定時間有利に戦える。

復帰力も弱いため、積極的に場外に出して上必殺技のエルウインドを消費させれば、復帰阻止による撃墜も狙いやすい。

 

【スマブラSP】シュルクの対策

 

長所

  •  剣のリーチが長く、判定も強い
  •  モナドアーツを使いこなせば、高い性能を得られる
  •  カウンター技も強力(ただし使うほど受付時間が短くなる)

 

短所

  •  技の発生が遅い
  •  モナドアーツを使わないと性能が低い
  •  モナドアーツを使いこなすのが難しい

 

対策メモ

モナドアーツの種類効果
斬(紫)攻撃力上昇、防御力と吹っ飛ばし力減少
疾(青)スピード上昇、攻撃力とジャンプ力減少
撃(赤)吹っ飛ばし力上昇、攻撃力減少と吹っ飛びやすくなる
翔(緑)ジャンプ力上昇、防御力減少
盾(黄)防御力と重さ上昇、攻撃力と機動力減少

モナドアーツの種類と効果は上記の通り。効果はハイリスク・ハイリターンではあるが、斬(紫)、撃(赤)、盾(黄)を使われたら、効果が切れるまで逃げるのも有効。

基本的には斬(紫)や疾(青)でダメージを稼ぎ、撃(赤)で撃墜、翔(緑)で復帰阻止といった立ち回りをしてくる。

崖際に追い詰められた場合や、撃墜されそうなタイミングでは盾(黄)で粘ってくるのも注意したい。

シュルクはとにかくリーチが長く、中距離戦が得意なため、近距離戦か遠距離戦を仕掛けると戦いやすい。

技の発生は遅いため、近距離では発生の早い技で潰したり、ガードからの確定反撃、そして攻撃を振らせて後隙を狩る立ち回りが有効。

ただし、カウンター技も持っているので注意。

リーチを活かした復帰阻止も強力なので、復帰ルートを読まれないようにしたり、タイミングを上手くずらさないと簡単に撃墜されるので注意。

 

【スマブラSP】クッパJr.の対策

 

長所

  •  牽制用に優秀な飛び道具を持っている
  •  判定が強く、持続の長い技が多い
  •  重くて吹っ飛びにくい
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  発生が早い技が少なく、不利な状況を切り返しにくい
  •  復帰ルートが読まれやすく、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

飛び道具は持っているが連射はできないため、優秀な飛び道具を持っていれば遠距離戦で有利に立ち回ることが可能。

設置技の歩く爆弾「メカクッパ」はガードすれば止まるため、自分の近くにいる場合はガードして止めると無効化できる。

復帰阻止に弱いため、積極的に狙いたい。

 

【スマブラSP】ダックハントの対策

 

長所

  •  3種類の優秀な飛び道具を持っている
  •  空中技が強い

 

短所

  •  撃墜力が低い
  •  復帰阻止に弱い

 

対策メモ

ダックハントは飛び道具による牽制が強く、ジャンプで飛び越えてきたところを空中技で狩るのが基本の立ち回りとなる。

そのため、近距離戦を仕掛ける際には対空されないように注意。近づいて飛び道具が使いにくい間合いに入れば、有利に戦うことが可能。

復帰阻止に弱いため、積極的に狙いたい。

 



【スマブラSP】リュウの対策

 

長所

  •  コンボが繋がりやすく、火力が高い
  •  技の発生が早い
  •  飛び道具を持っており、弾速が変えられる
  •  セービングアタックが使える

 

短所

  •  リーチが短い
  •  復帰力が弱め
  •  操作難易度がとても高い

 

対策メモ

リュウは波動拳で牽制しつつ、要所で差し込んでくるのが立ち回りが基本なので、波動拳読みで空前を差し込んだり、差し込みをガードして確定反撃を取れると戦いやすい。

飛び道具持ちだが弾幕には弱いため、優秀な飛び道具を持っている場合は遠距離戦も有効。

セービングアタックはスーパーアーマーを張りながら溜め攻撃を繰り出すことができ、最大まで溜めた攻撃が当たるとダウンするので注意。

復帰力は弱めのため、復帰阻止を狙いたい。

 

【スマブラSP】ケンの対策

 

長所

  •  リュウよりコンボ性能が高い(その分難しい)
  •  技の発生が早い
  •  飛び道具を持っており、弾速が変えられる
  •  セービングアタックが使える
  •  「稲妻踵割り」でシールドを大きく削れる

 

短所

  •  リーチが短い
  •  復帰力が弱め
  •  操作難易度がとても高い

 

対策メモ

基本的にリュウと同様のタイプだが、歩きやダッシュが少し早い分、全体火力が低いのが特徴。

「鉈落とし蹴り」や「大外回し蹴り」から派生して出せる「稲妻踵割り」は、当てるとシールドを大きく削られるため注意。

 

【スマブラSP】クラウドの対策

 

長所

  •  技のリーチが全体的に長め
  •  機動力が高く、飛び道具も持っていてバランスがいい
  •  単発火力が高く、コンボも簡単で使いやすい
  •  リミットブレイクは撃墜力が高い

 

短所

  •  リミットブレイク中以外は復帰力がとても低く、復帰阻止に弱い
  •  投げの性能が低く、投げコンボもないため、投げからのリターンが少ない
  •  リミットゲージの管理が難しい
  •  ダメージを稼ぐのは得意だが、スタンダードキャラで対策されると撃墜が難しい

 

対策メモ

火力と使いやすさを兼ね備えたバランスがいいスタンダードキャラで、初級者帯までは強い技を押し付けるだけで勝ちやすいのが特徴。

ただし、スタンダードキャラでクセがないため、中級者帯以降で対策されてくると、ダメージは稼げるが撃墜までするのが難しくなる上級者向けキャラ。

飛び道具は優秀だが隙が大きいため、中距離まで近づければ飛び込んで空前を差し込みやすい。

凶斬りは判定が強くて強い技だが、空振り時や、3段目までガードされた時の後隙が大きく狩られやすい。

空前も判定は強いが発生が遅いのが弱点のため、発生の早い技に潰されやすい上、空振りやガードされても隙が大きい。

空後は発生も早めでガードされても隙が少なく、撃墜技としても優秀だが、上手く当てるには練習必須で難しいため、初中級者帯で使いこなせる人は少ない。

最も注意すべきはリミットブレイク中だが、15秒で効果が切れるため、ガードを固めたり、逃げれば乗り切りやすい。

最大の弱点は復帰力なので、復帰阻止が強いキャラなら場外に吹っ飛ばしてサクッと撃墜できることも多い。

 

【スマブラSP】カムイの対策

 

長所

  •  リーチが長く、攻撃範囲が広い技が多い
  •  差し合いが強く、撃墜力も高い(先端を当てると強い)
  •  飛び道具を持っている
  •  カウンター技を持っている

 

短所

  •  横移動が遅め
  •  技の隙が大きい
  •  復帰が弱い

 

対策メモ

カムイは隙が大きいがリーチが長い技が多いため、中距離戦は不利になりやすい。特に槍の先端は火力や撃墜力が高いので、当たらないように注意。

優秀な飛び道具を持っている場合は遠距離から牽制したり、間合いを詰めて近距離戦に持ち込めば戦いやすい。

ただしカウンター技も持っているため、多用してくる相手にはフェイントを混ぜると効果的。

空中で下方向に強い技を持っていないため、空中に吹っ飛ばしたら着地狩りやお手玉も有効。

復帰が弱いのも弱点なので、復帰阻止も狙いたい。

 

【スマブラSP】ベヨネッタの対策

 

長所

  •  コンボ性能がとても高い
  •  復帰力が高く、復帰阻止も強い
  •  下必殺技「ウィッチタイム」が強力

 

短所

  •  軽くて吹っ飛びやすい
  •  移動速度が遅い
  •  撃墜力は低い

 

対策メモ

ベヨネッタはコンボ性能が高いため、コンボ始動技の「下強攻撃」や「横必殺技」に当たらない立ち回りが重要。

特に近〜中距離ではダッシュや技の後隙に対して「横必殺技」を差し込んでくることが多いため、下手に攻撃を振るよりダッシュキャンセルガードを使って確定反撃を狙った方が戦いやすい。

移動速度が遅くて攻めが得意なわけではないため、優秀な飛び道具を持っている場合は、遠距離から牽制するのも有効。

復帰能力や復帰阻止に適した技が多いため、崖付近の空中戦は不利になりやすいので注意。

カウンター技の「ウィッチタイム」は強力で、成功すると相手を一定時間スローにさせることができる。(ウィッチタイムの使用回数や相手の蓄積ダメージに応じてスロー時間が変わる)

そのため、対戦中に1度は確定でスマッシュを決められて撃墜される危険性が高いため、ストック有利を取られたり、対戦ルールが2ストック以下の場合は不利になりやすいので注意。

 



【スマブラSP】インクリングの対策

 

長所

  •  機動力が高く、回避性能も高い
  •  しゃがみやステップ中はやられ判定が小さい
  •  ステップの移動距離が長い
  •  インクを当てればダメージ増加のデバフを付与できる
  •  スプラローラーで相手を埋められる(抜けるにはレバガチャ)
  •  ボムを使ったセットプレイが強力
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  インク管理が難しく、切れると反撃が確定する
  •  素の攻撃力や撃墜力が低く、特にスマッシュ以外での撃墜が難しい
  •  強い技のリーチが短い
  •  軽くて吹っ飛びやすい

 

対策メモ

インクリングはスピードが早く、後隙を狩るのが得意なキャラなので、不用意に隙の多い技を振ると簡単にダメージを稼がれるので注意。

空中技も強いため、空中戦よりも地上戦を意識して立ち回った方が戦いやすい。

ただし、素早いダッシュから投げを狙ってくることが多いため、投げを読んだら発生の早い弱攻撃を置くか、その場回避で避けて反撃するのが重要になる。

優秀な遠距離攻撃を持っている場合は、遠距離から牽制するのも有効。

インクリングは撃墜手段が少なく、スプラローラーを当てて相手を埋めた後にスマッシュを決めるのが基本パターンなので、蓄積ダメージが溜まったらスプラローラーに当たらないように注意。(埋められたらレバガチャで抜けるのも重要)

特に近距離でインクリングが空中にいる際に、突然頭上からスプラローラーを使ってくるため、近距離にいるほど警戒した方がよい。

スプラローラーはガードさえすれば確定反撃を取れるため、ガードした瞬間にガードキャンセル上必殺技でダメージを稼ぎたい。(使用キャラによっては上スマッシュも確定する)

また、インクに当たるとダメージ増加のデバフ効果が付与されるため、出来るだけ当たらないように注意。

ボムを使ったセットプレイについては、主に自分の近くに置いてインク補充の時間を作る、相手の近くに投げて爆発タイミングに合わせて攻撃と投げと拓をかける、崖際での復帰阻止に使ってくる。

自分の近くに投げられたら爆発タイミングに当たらないようにガードするのが安定だが、ダッシュで近づいて拓をかけてくることも多いので注意。

崖上がりのタイミングでボムを置かれた際は、逆に爆発タイミングに上がると誤魔化しやすい。

インク補充のタイミングは隙が大きいため、インク残量をチェックしながら戦えれば、隙を狙って攻撃を仕掛けることも可能になる。

 

【スマブラSP】リドリーの対策

 

長所

  •  重量級で吹っ飛びにくいが、地上の機動性は高め
  •  空中N攻撃は持続が長くて強い
  •  3回ジャンプ可能で、復帰力は高め
  •  必殺技「リドリーブレス」は妨害力が高く、復帰阻止に効果的
  •  下必殺技「デススタップ」を当てれば確定ダウンを取れる

 

短所

  •  当たり判定が大きく、被弾しやすい
  •  技の隙が大きい
  •  上必殺技の復帰ルートが少なく、復帰阻止に弱い
  •  サイズがマリオ程度のキャラに一部の攻撃が当たらない

 

対策メモ

リドリーとしては「空N」や「空前」、「ダッシュ攻撃」を当ててダメージを稼ぐのが基本で、コンボ始動技としては「下投げ」や「上強攻撃」が多い。

そのため、中距離でリーチの長い攻撃を中心に立ち回ったり、飛び道具で遠距離戦を仕掛けると有利に戦いやすい。

ただし、中距離では横必殺技「グライビングスクラッチ」で飛びかかってきて掴まれやすいので注意し、捕まったらレバガチャで抜けるのが重要。(崖外で捕まると道連れされることもあるので注意)

地上の機動性は高めでダッシュから強引に投げてくることもあるため、ガードや回避に頼りすぎないように注意。

復帰阻止に弱いので狙いたいが、上必殺技「リドリーチャージ」には両翼に無敵がついているため、復帰力が弱いキャラだと逆にやられる危険性があるので注意。

 

【スマブラSP】シモンの対策

 

長所

  •  3種類の飛び道具が強力で、特に「聖水」は拘束力が高い
  •  リーチの長い技が多く、遠距離戦が得意
  •  攻撃力や撃墜力が高い
  •  復帰阻止が簡単で強い
  •  ワイヤー復帰が可能

 

短所

  •  機動力が低く、空中性能も悪いため、着地狩りに弱い
  •  復帰力が低く、復帰阻止に弱い
  •  技の隙が大きい
  •  反射技持ちのキャラや、近接戦では行動が制限されて弱い

 

対策メモ

典型的な遠距離戦型のキャラなので、とにかく近づいて近距離戦を仕掛けると有利に戦える。

ただし、崖に追い詰めても発生が早めの下強攻撃のスライディング(追撃の飛び蹴りに当たると蓄積ダメージ量に応じて横に吹っ飛ぶ)で間合いを管理しようとしてくるため注意。

遠距離では特に「聖水」の拘束力が高くて危険なので当たらないように注意が必要だが、瓶の状態ならキャッチして逆に利用することも可能。

崖外に吹っ飛ばした場合も、空中から「聖水」を置いてくるので、微妙な位置に立っていると復帰阻止を妨害されるので注意。

逆に崖外に吹っ飛ばされた場合は、斧で簡単に復帰阻止をしてくるため、当たらないように注意。

弱点である着地狩りや復帰阻止を積極的に狙えれば、撃墜はしやすい。

 

【スマブラSP】リヒターの対策

 

長所

  •  3種類の飛び道具が強力で、特に「聖水」は拘束力が高い
  •  リーチの長い技が多く、遠距離戦が得意
  •  攻撃力や撃墜力が高い
  •  復帰阻止が簡単で強い
  •  ワイヤー復帰が可能

 

短所

  •  機動力が低く、空中性能も悪いため、着地狩りに弱い
  •  復帰力が低く、復帰阻止に弱い
  •  技の隙が大きい
  •  反射技持ちのキャラや、近接戦では行動が制限されて弱い

 

対策メモ

基本的にシモンと同様のタイプだが、主な違いは以下の通り。

  •  シモンより喰らい判定が横に大きい
  •  「聖水」が波動属性(爆発物に当てても爆発しない)
  •  シモンより横スマッシュの発生がやや遅め

 

【スマブラSP】キングクルールの対策

 

長所

  •  重量級で吹っ飛びにくい
  •  攻撃力や撃墜力が高い
  •  復帰力がとても高く、上必殺技は横方向以外から復帰阻止されない
  •  優秀な飛び道具を持っており、遠距離からの牽制が強い
  •  下強攻撃と下投げに埋め込み効果が付いている
  •  一部の技にスーパーアーマーが付いている
  • 飛び道具の反射と攻撃のカウンターの両方が可能

 

短所

  •  機動力が低く(特に空中)、着地狩りに弱い
  •  反射技持ちのキャラだと行動が制限される
  •  当たり判定が大きく、被弾しやすい
  •  弱攻撃以外の技の発生が遅い

 

対策メモ

初中級者帯では特に飛び道具の「クラウンスロー」による牽制が強力だが、隙も大きいので飛び込んで空前を差し込んでからガード(飛び道具が戻ってくるタイミング)したり、飛び込んで投げ(投げ中は無敵)を通せば対策が可能。

もう一つの飛び道具「パイレーツキャノン」は派生技の吸い込みも強力なので、吸い込まれないように注意。(判定が強い空前を差し込むことも可能)

基本的に腹部分にアーマーがついているため、正面から攻撃するより背面から攻撃するのが有効。

カウンター技も持っているため、多用する相手に単調な攻撃はせず、フェイントを混ぜて読み合うのも効果的。

下強攻撃と下投げに埋め込み効果が付いているので、埋められたらレバガチャで抜けるのが重要。

上必殺技の「フライングバックパック」の復帰力が異常に高く、頭上のプロペラ部分は攻撃判定も強いため、復帰阻止をするなら横方向から攻撃するとよい。

 



【スマブラSP】しずえの対策

 

長所

  •  横必殺技の「釣り竿」による中距離戦や、復帰阻止が強い
  •  飛び道具の「パチンコ攻撃」が牽制技として優秀
  •  設置技の「しかけハニワくん」で相手の行動を制限可能
  •  アイテムや飛び道具を奪って利用できる
  •  ワイヤー復帰可能
  •  復帰力がとても高い

 

短所

  •  発生の早い技が少ない
  •  空中での機動性が悪い
  •  スマッシュや強攻撃のリーチが短い
  •  攻撃力や撃墜力が低い
  •  復帰技に攻撃判定がないため、メテオ技で復帰阻止されやすい

 

対策メモ

横必殺技の「釣り竿」はリーチが長くて空中でも使用でき、コンボにも繋げられるので中距離戦に強い。

「釣り竿」は針を飛ばした時と戻した時の両方に判定があり、掴み攻撃だがガードは可能なため、ガードから確定反撃を取ることも可能。

中〜遠距離から牽制に飛び道具を使うのは有効だが、奪われて利用されることがあるため、基本的には近距離戦を仕掛けると有利に戦える。

設置技の「しかけハニワくん」(敵が上を通るか、好きなタイミングで起動可能)を微妙な位置に置かれると行動を制限されるため、飛び道具で破壊できるなら、破壊した方が戦いやすい。

崖外に吹っ飛ばした場合は、釣り竿でワイヤー復帰してくることが多いが、釣り竿の針に当たると位置を入れ替えられるので注意。

※崖捕まりは連続6回までだが、釣り竿での崖捕まりは通常の崖捕まりを含めた最高3回まで

復帰技の「バルーントリップ」は復帰力は高いが攻撃判定はないため、メテオ技で復帰阻止するのも有効。

 

【スマブラSP】ガオガエンの対策

 

長所

  •  投げ技が強力で、火力や撃墜力が高い
  •  リベンジを絡めたコンボの破壊力が抜群
  •  重くて吹っ飛ばされにくい

 

短所

  •  機動力が低い
  •  リーチが短い
  •  技の隙が大きい
  •  復帰力が弱めで、復帰阻止に弱い

 

対策メモ

典型的な近距離パワー型で、機動力が低く飛び道具もないため、立ち回りが弱く中〜遠距離だと戦いやすい。

ただし、飛び道具を当身技のリベンジで受けられると、次にヒットさせる技の攻撃力がアップするので注意。

連続でリベンジすることも可能なため、弱い飛び道具でも連続でやられると倍率上限まで強化されて危険なので、飛び道具の出し方には気をつける。

単調な攻撃もリベンジされやすいため、多用する相手に単調な攻撃はせず、フェイントを混ぜて読み合うのも効果的。

尚、リベンジは時間経過のほか、投げや強い攻撃で吹っ飛ばすと解除可能。

ガオガエンとしては、リーチや判定が強めの横必殺技の「ロープスイング」で攻撃の空振りの後隙を狩る立ち回りが強いため、微妙な位置で隙の大きい技を振らないようにしたり、逆に後隙を狩る立ち回りをすると有利に戦える。

また、地上や崖付近で上必殺技「クロスチョップ」を使った場合、空中に急上昇した後に上から突っ込んできて危険なので、急上昇するのが見えたらガードして様子見するのが安全。

そのほか、復帰阻止にも弱いので、狙えると撃墜しやすい。

 

【スマブラSP】パックンフラワーの対策

 

長所

  •  上方向にリーチの長い技が多い
  •  飛び道具を持っており、復帰阻止にも有効
  •  「ポイズンブレス」でプレッシャーを与えられる
  •  復帰力が高い

 

短所

  •  機動力が低く、飛び道具に弱い
  •  横方向への攻撃が苦手
  •  技の隙が大きい
  •  復帰阻止に弱い

 

対策メモ

機動力が低く、優秀な飛び道具を持っていると中〜遠距離で有利に戦える。

上方向に対する攻撃は優秀だが、横方向への強い攻撃は「ポイズンブレス」ぐらいしかないため、横方向から攻めるのが効果的。

パックンフラワーとしてはリーチは短いが発生がとても早い弱攻撃や、ダッシュからの攻撃や投げを狙ってくるため、それだけ注意すれば比較的戦いやすい。

ただし、崖外に吹っ飛ばされると復帰阻止が強力なため、復帰ルートは読まれないように注意。

下必殺技「ロングレンジパックン」を使うと、植木鉢に引っ込んでからリーチが長い攻撃を仕掛けてくるが、横方向に攻撃するには溜める必要がある(溜めてる間はスーパーアーマー)ため、見てからしっかりガードすれば問題ない。

復帰力は高いため、場外に吹っ飛ばした後はメテオ技で撃墜を狙うとよい。

 

【スマブラSP】ジョーカーの対策

 

長所

  •  機動性が高く、後隙が小さい技が多い
  •  飛び道具を持っている(エイハは軌道が斜めで避けにくい)
  •  カウンター技を持っている(通常時は反逆ゲージを溜める用)
  •  上方向への対空性能が高い
  •  DAが強い(ガードされても通り抜ける場合あり)
  •  復帰阻止が強い
  •  ワイヤー復帰可能で、上方向への復帰力は高い
  •  アルセーヌ召喚時は全てが強い

 

短所

  •  通常時は単発火力も撃墜力も低い
  •  通常時の撃墜択はほぼスマッシュだが発生は遅い
  •  シールドキャンセル技が弱い
  •  通常時は復帰阻止に弱い
  •  アルセーヌ召喚時は復帰ルートが読まれやすい

 

対策メモ

機動性が高く、技の隙も小さいため、こちらの攻撃は当てづらく、下手に技を振ると後隙を狩られやすいので注意。

ジョーカー側の立ち回りとしては、遠距離から飛び道具で牽制、地上から近づいてくる相手にはDA、空中から近づいてくる相手には空前や空後で対空、単調な攻撃にはカウンター技の「反逆ガード」でのゲージ溜めが基本で、特にDAと対空性能が高いので注意。

そのため、基本的には地上から歩きやダッシュシールドで近づきながら間合いを詰めるのが有効で、下手に近づいたり、上方向から攻めないことが重要。(逆に相手に攻めさせる)

近づいてもカウンター技を狙われる可能性があるため、フェイントを混ぜたり、つかみを通すように意識するとよい。

通常時は単発火力も撃墜力もないので中央で戦っていれば比較的安全だが、その代わりに崖外に吹っ飛ばして復帰阻止が撃墜パターンなので、崖外に吹っ飛ばされないようにすることと、吹っ飛ばされても復帰ルートは読まれないのが大事。

反逆ゲージが溜まるとアルセーヌを召喚し、全てがパワーアップして最強クラスに強いので注意!

アルセーヌは約30秒経過するか、ダメージを与えてゲージがなくなると効果が切れるので、基本的にクラウドのリミットブレイク状態と同様に、引き気味に立ち回って無理に攻めないのが重要。

特にアルセーヌ召喚時のカウンターは飛び道具の反射と攻撃のカウンターの両方が可能で非常に強力なので、攻める場合もフェイントを混ぜたり、つかみを狙うこと。

Ver.3.1.0ではピチュー弱体化の影響で明確な不利キャラがいなくなったこともあり、キャラランクが急上昇中!?(最強キャラと言われることも・・)

 

【スマブラSP】勇者の対策

※キャラ追加後に更新予定

 

【スマブラSP】バンジョー&カズーイの対策

※キャラ追加後に更新予定

 

最後に

今回はスマブラSPのキャラクター対策についてまとめました。

キャラクター対策を詰めれば詰めるほど、相手の強みを消して有利に立ち回れるため、わからん殺しされたり、簡単に負けることが少なくなりますよ。

もちろん対策に対する対策もあるため、相手の動きに合わせて柔軟に行動することも重要です。

特に初心者から中級者帯で勝率を上げるためには、キャラクター対策をしっかりしていることが重要なので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です