【スマブラSP】崖つかまり移行時の隙(最大2f)【中級者向け上達テクニック】


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPの上級者同士の対戦では、相手が崖をつかむ瞬間に何か技を置いていることが多いと思いますが、「どうして技を置いているの?」という人もいますよね。

結論としては、崖をつかむ瞬間に最大で2fの隙が存在するので、持続の長い技を置いておくとヒットすることがあるんです。

この記事では、スマブラSPの崖つかまり移行時の隙について解説します。

 

 



【スマブラSP】崖つかまり移行時の隙(最大2f)【中級者向け上達テクニック】

崖つかまり移行時の隙の存在有無については、トレーニングモードにおいて、オプション設定で無敵を「見える」に設定すると確認できます。

 

例えばウルフを使って上必殺技で崖をつかみに行きます。

 

崖をつかむ瞬間に、無敵が付いていないモーションが存在します。(キャラによって違ったりするようですが、最大で2fまであるようです)

 

 

その後、崖つかまり状態に無敵が付与されます。

つまり、上級者は崖つかまりの隙(最大2f)を狙って持続の長い技を置き、撃墜を狙っています。

尚、崖つかまり移行時の隙を狩られると、ジャンプが回復しないので注意しましょう。

 

崖つかまり移行時の隙を狙って持続の長い技を置く

崖つかまり移行時の隙を狩るのは難しいですが、狩れると撃墜できる可能性が非常に高いため、勝率を少しでも上げるためにはしっかり狙うのが重要です。

そんな隙を狩るのに向いている技は使用キャラによって違いますが、例えば以下のような技を置くのがおすすめです。

  •  下方向に当たり判定があり、崖つかまり状態の相手に当たる
  •  持続フレームが長い
  •  吹っ飛ばしのベクトルが低く、吹っ飛ばし力も高い
  •  技の後隙が小さい

特に後隙が小さい技を使うのは重要で、もし後隙が大きい技を使うと、隙を狩れずに相手が崖をつかむのに成功した場合に、簡単に崖上がりを許してしまうデメリットがあるからです。

そのため、崖上がりの隙を狩る際には、使用キャラに応じて適した技を使いましょう。

 

最後に

今回はスマブラSPの崖つかまり移行時の隙について解説しました。

崖つかまり移行時の隙を狩るのは難しいですが、勝率を上げるためにはしっかり狙うのも重要ですよ。

特に中級者以上で少しでも撃墜力を向上させたい人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間4.9万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です