【スマブラSP】崖攻めのコツ【中級者向け上達テクニック】


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

スマブラSPで勝つためにはラインが重要ですが、「相手を崖に追い詰めても、そこからどう攻めればいいかわからない!」という人も多いですよね。

初中級者だと有利だと思って攻めても反撃され、そこから復帰阻止であっさり撃墜されてしまうこともあると思います。

そこでこの記事では、スマブラSPで崖攻めのコツについて解説します。

 

 



【スマブラSP】崖攻めのコツ【中級者向け上達テクニック】

相手のラインを削って崖際に追い詰めれば、相手は取れる選択肢が制限されるため、自分の方が有利な状況を作れます。

ただし、有利だからといって無理に攻めても、内側に入られたり、シールドキャンセルつかみ(ガーキャン投げ)などで反撃されて崖外に投げられると、簡単に不利な状況に追いやられてしまいます。

そのため、崖攻めで大事なことは、相手にプレッシャーをかけつつ、自分が有利な状況を維持することです。

 

相手に撃墜のプレッシャーをかける

崖攻めではまず、相手に撃墜のプレッシャーをかけましょう。

使用キャラにもよりますが、だいたい空後などの強い空中技でプレッシャーをかけることになると思います。

※使う技は使用キャラによるのでググりましょう

 

空中技には着地隙があるため、強い地上技もあると効果的にプレッシャーをかけられます。

ただし、同じ行動を繰り返すと簡単に反撃されるリスクが高いため、技を振ったり振らなかったり、小ジャンプやステップを混ぜて様子見したり、相手にこちらの動きを読ませないようにプレッシャーをかけるのがコツです。

このように崖際でプレッシャーをかけると、相手は少ない選択肢から何らかの行動をするため、その行動を読んで攻めましょう。

 

シールド(ガード)を読んだ場合

撃墜拒否の基本行動はシールド(ガード)なので、シールドを多用する相手にはダッシュつかみで攻めるのが有効です。

ただし、つかみ読みでその場回避から反撃されることがあるため、無理して投げに行かないことも大事です。

 

ジャンプを読んだ場合

プレッシャーをかけ続けると、相手はとにかく内側に入りたいという心理状態になりやすく、簡単に内側に入れるジャンプを使う可能性が高まります。

そんなジャンプを読めば、空中技で撃墜が狙えます。

 

相手の攻めを読んだ場合

もちろん相手がラインを回復しようと前に攻めたり、プレッシャーをかけている技を潰そうとしてくることもあります。

そんな時は、一旦ラインを下げることで相手の攻撃を避けるのが大事です。

 

ラインを下げた後に相手が技を空振りしていたり、隙のある行動をしている場合は、切り返して反撃が可能です。

 

横回避を読んだ場合

初中級者なら横回避で内側に入ろうとしてくる人も多いため、使用キャラによっては下スマッシュで撃墜を狙うことも可能です。

他には、引き横強などを混ぜたりすると、対応できます。

 



最後に

今回はスマブラSPで崖攻めのコツについて解説しました。

特に復帰力が弱いキャラを使っている場合は、無理に攻めてシールドキャンセルつかみ(ガーキャン投げ)から崖外に出されて簡単に撃墜されることも多いため、自分が有利な状況を維持することを優先に立ち回りましょう。

そして、崖攻めから撃墜を狙うには相手の行動を読んで攻めるのが大事なので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

YouTube & Twitter

私はYouTubeとTwitterもやっているので、チャンネル登録やフォローをしていただけると励みになります。

  •  YouTubeのチャンネル登録はこちら 👉 Tomoyuki
  •  Twitterのフォローはこちら 👉 @tomoyuki65

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間13.3万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


ゲーミングPCならBTO

最近はゲーミングPCを購入する人も増えましたが、「どう選べばいいの?」という人も多いですよね。BTOなら自分好みにカスタマイズすることも可能でおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さい!



デジタルコンテンツ素材販売店

ひょんなことから、私はiPhoneだけでデジタルコンテンツ(画像や動画など)を作成するチャレンジを始めました。

そこで、試しに自作したデジタルコンテンツの素材販売店をオープンしてみたので、よければぜひ一度チェックしてみて下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です