144Hz対応でおすすめのゲーミングモニター(ディスプレイ)


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

最近はリフレッシュレートが144Hz以上のゲーミングモニター(ディスプレイ)も増えてきましたよね。

 

「144Hz対応でおすすめのゲーミングモニターはないかな?」

 

という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、144Hz対応でおすすめのゲーミングモニターをご紹介します。

尚、ゲーミングモニター(ディスプレイ)の選び方や注意点については、ゲーミングディスプレイ(モニター)のおすすめの選び方と注意点!を参考にどうぞ。

 



144Hz対応でおすすめのゲーミングモニター(ディスプレイ)一覧

 IODATA「EX-LDGC241HTB2」iiyama「GB2560HSU-B1」IODATA「LCD-GC271XCVB」
価格約3万円約2.9万円約4.2万円
サイズ24型24.5型27型
パネルTNパネル、ノングレア(非光沢)TNパネル、ノングレア(非光沢)、狭額縁VAパネル(湾曲)、ノングレア(非光沢)、狭額縁
解像度フルHD(1920×1080)フルHD(1920×1080)フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート(最大)144Hz144Hz144Hz
応答速度(最大)0.7ms[GTG]1ms[GTG]6ms[GTG]
内部フレーム遅延約0.05フレーム不明だがダイレクトドライブモード有り約0.05フレーム(スルーモード)
入力端子HDMI×3、DisplayPort×1、アナログRGB×1、音声入力×1、ヘッドフォン端子×1、USB(メンテナンス用)ヘッドフォン端子×1、HDMI×1、DisplayPort×1、USBアップストリームポート(PC接続用)×1、USB2.0×2HDMI×2、DisplayPort×1、ヘッドフォン端子×1
スピーカー内蔵内蔵-
付加機能などフリッカーレス、ブルーリダクション、Night Clear Visionフリッカーフリー、Blue Light Reducer、FreeSyncフリッカーレス、ブルーリダクション、Night Clear Vision

 

IODATA「EX-LDGC241HTB2」

3万円前後の144Hz対応で低遅延!ゲーミングディスプレイ(モニター)はIODATA「EX-LDGC241HTB2」がおすすめ!

2018年9月12日

 

iiyama「GB2560HSU-B1」

3万円前後の144Hz対応で狭ベゼル!ゲーミングディスプレイ(モニター)はiiyama「GB2560HSU-B1」がおすすめ!

2018年9月13日

 

IODATA「LCD-GC271XCVB

27インチの144Hz対応で低遅延!ゲーミングディスプレイ(モニター)はIODATA「LCD-GC271XCVB」がおすすめ!

2018年9月15日

 

144Hzと240Hzのゲーミングモニター(ディスプレイ)はどっちがおすすめ?

最近だと240Hz対応のゲーミングモニター(ディスプレイ)もあるため、144Hzと240Hzのどちらの製品がいいか迷う人も多いですよね。

ただし、240FPSを維持してゲームをプレイするには、ハイスペックなゲーミングPCが必要であったり、最新のゲームならグラフィック設定を低くする必要もあったりするので難しいのが現状です。

そのため、今は144Hzに対応していれば十分な性能ですよ。

価格を気にしない人や、プロゲーマーでなければ、価格と性能のバランスが優れた144Hzのゲーミングモニターがおすすめです!

 

最後に

今回は144Hz対応でおすすめのゲーミングモニターについてご紹介しました。

FPSやレースゲームのような動きの速いゲームでは、高いリフレッシュレートを活かせればゲームを快適にプレイできますよ。

IODATAやiiyamaのゲーミングモニターは価格も安めで購入しやすいのが魅力なので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です