【2019年】自作PC用CPUグリスのおすすめ一覧


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

自作PC用にCPUグリスを探している人もいると思いますが、どれを選べばいいか迷いますよね。

そこでこの記事では、自作PC用CPUグリスのおすすめをご紹介します。

 



定番の自作PC用CPUグリス(シルバーグリス)

Arctic Silver「シルバーグリス Arctic Silver 5」

仕様

  •  熱伝導率:9.0W/m・K
  •  瞬間最大許容温度:180℃
  •  通常許容温度:-50~130℃
  •  内容量:3.5g
  •  価格帯:約1,200円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

オーバークロック向けの自作PC用CPUグリス(サーマルグリス)

Thermal Grizzly「Kryonaut

仕様

  •  熱伝導率:12.5W/m・K
  •  熱抵抗値:0.0032K/W
  •  電気伝導率:0pS/m(DIN 51412-1)
  •  粘度:30~170Pas
  •  比重:3.7g/cm³
  •  使用温度: -200~350℃
  •  内容量:1g
  •  付属品:メーカーロゴ入り特製へら
  •  価格帯:約700円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

熱伝導率が高い自作PC用CPUグリス(ナノダイヤモンドグリス)

JunPus「ナノダイヤモンドグリス JP-DX1」

仕様

  •  主成分:ナノダイヤモンド、シリコン
  •  熱伝導率:16W/m・K
  •  熱抵抗値:0.05℃・cm²/W
  •  比重:2.7g/cm³
  •  推奨保管時間(使用前):最長3年
  •  推奨使用時間(CPU上):最長4年
  •  ピーク動作温度:-50~250℃
  •  推奨動作温度:-40~240℃
  •  内容量:3g
  •  付属品:グリス塗布用へら
  •  価格帯:約1,200円〜

 

\ Amazonで現在の価格をチェック /

 

最後に

今回は自作PC用CPUグリスのおすすめをご紹介しました。

できるだけ冷却性能を高めてCPUの温度を下げたいなら、熱伝導率の高いCPUグリスを使うのがおすすめですよ!

今回ご紹介したCPUグリスはおすすめなので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

 

自作PCパーツのまとめ情報はこちら👇

【2019年】自作PCにおすすめのパーツまとめ!

2019年2月16日

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

元SE。30歳を目前に仕事や将来に悩み、Web業界へ転職を目指すも失敗。 「好きなことで生きる」に憧れてなんのあてもなく仕事を辞め、ガチ初心者からブロガーに挑戦し、月間6.8万PV(上昇中)を達成! ブログでは大好きなパソコン情報をはじめ、様々な役立つ情報を発信中。 そして次はプロゲーマーとしても活動するため、ゲーム練習と合わせて攻略記事を書いたり、YouTubeでも活動中。








シェアはこちらから


資産運用始めなくて大丈夫ですか?

日本ではお金の教育が一切無いので、資産運用している人はまだ少ないです。

資産運用で結果を出すには膨大な時間が必要で、早く始めないと損なんです。

ウェルスナビなら誰でも簡単に資産運用が始められるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です