仮想通貨で資産を分散させるならリップル(Ripple)がおすすめ!


 

こんにちは。Tomoyuki(@tomoyuki65)です。

『資産は分散させるべき』というのはよく聞く話ですよね。

そんな資産を分散させるために、資産の一部を仮想通貨に変えておくのも一つの選択肢だと思います。

ただし、どの仮想通貨に変えておくかというのは難しい問題になりますが、資産を分散させる目的なら間違いなくリップル(Ripple)がおすすめです。

 



リップルは世界的に価値があるプロジェクト

 

リップルは他の仮想通貨とは異なり、時代遅れの送金インフラの問題を解決するという、国際的な問題解決に向けた明確な目的があります。

関連記事:リップル(Ripple/XRP)とは?特徴や将来性についてまとめ

つまり、ファンダメンタルズ(仕組みや機能による優位性)を見たときに、他の仮想通貨とは一線を画するのは明らかです。

あのGoogleが出資しているのも納得できますね。

 

リップルはおすすめ。ただし『投機』ではなく『投資』を。

 

今仮想通貨を売買している人の多くは『投機』が目的です。

投機とは、偶然の利益を狙って行う行為や、価格差から生じる利益を目的に行う売買取引のことです。

ただし、仮想通貨(暗号通貨)はそのテクノロジーに価値があるものなので、投機目的でやるべきものじゃありません。

しっかり勉強した上で、将来的に価値があるものだと思うなら『投資』すべきです。

投資とは、将来の利益や効用を見込んで金銭を支出することです。

つまり、仮想通貨を売買する前にしっかり勉強し、投資する場合は必ず余剰資金(無くなっても困らないお金)で行うことを忘れないようにしましょう。

 

リップルを売買するためには?

 

そんなリップルを売買できる仮想通貨取引所はいくつかありますが、板取引が可能で手数料が安いのはbitbankだけです。

bitbankはユーザーインターフェースがスマホに最適化されていて使いやすく、コールドウォレットやマルチシグといったセキュリティ対策もしっかり対応しています。

スマホアプリもあり、もちろんウィジェット機能もあるのでおすすめですよ。

関連記事:ビットバンク(bitbank.cc)の使い方を解説!登録や入出金から仮想通貨購入方法や手数料まとめ

ビットバンク(bitbank.cc)の使い方を解説!登録や入出金から仮想通貨購入方法や手数料まとめ

2018.01.21

 

リップルの購入後は仮想通貨取引所に預けたままにせず、必ず専用のウォレットで自己管理しましょう。

仮想通貨取引所はハッキングのリスクがあるので、ハードウェアウォレットで自己管理するのが最も安全です。

リップル用のハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」になるので、一度チェックしてみて下さいね。

関連記事:Ledger Nano S(レジャーナノエス)の使い方!初期設定からアップデートやアプリまとめ

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の使い方!初期設定からアップデートやアプリまとめ

2018.03.18

 

最後に

 

日本人は銀行預金だけして満足している人が多いですが、日本円だけというのもリスクがあるので、資産は必ず分散させましょう。

その選択肢の一つとして仮想通貨のリップルはおすすめですが、売買する場合はリスクをしっかり理解した上で行いましょう。

また、資産運用としてならウェルスナビもおすすめです。一度設定さえすれば一切手間がないので、ぜひチェックしてみて下さいね。

 

🔻ビットバンクはこちら🔻

 

 

  •  合わせて読みたい

関連記事:資産運用の初心者はまずWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるべき。

資産運用の初心者はまずロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)を始めるべき。

2018.06.13

 

The following two tabs change content below.
Tomoyuki

Tomoyuki

好きなことで生きたくて、SEを辞めてブロガー&ゲーム実況で活動中。パソコン、ネット、ゲームが大好き。YouTubeのチャンネル登録&Twitterのフォローもぜひお願いします!









人生をコンテンツにしたブログ

ブロガー人生の結果を、このブログで示します。



ビットコインを買うならZaif取引所がおすすめ!

Zaif取引所は他の主要取引所と比べて手数料が安いのが特徴。
ビットコインの他、イーサリアム、モナーコイン、ネムも購入可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です